小児科

1.研修・認定施設

  • 日本小児科学会専門医研修施設認定

2.スタッフ紹介

科長 長谷 幸治(ながたに こうじ)

資格・認定 日本小児科学会専門医
主な専門領域 腎臓、小児科一般
主な所属学会 日本小児腎臓病学会
日本腎臓学会
日本小児科学会
日本小児循環器学会
ドクターから一言 小児科一般、小児の腎疾患を主に診させていただきます。
南予の地から愛媛全体の子供達の健康を守るため頑張りたいと思います。

医長 浅見 経之(あさみ つねゆき)

資格・認定 小児科専門医
日本アレルギー学会専門医
主な専門領域 小児科一般
小児アレルギー
主な所属学会 日本小児科学会
日本アレルギー学会
日本小児アレルギー学会
ドクターから一言 食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息などが専門です。「数値が高くずっと卵除去しているけど、どうしたらいいの?」や「塗り薬の塗り方について不安がある」などご相談ください。学会指針に則ったうえで適切にお話しさせていただきます。

医長 井門 ひかる(いもん ひかる)

資格・認定  
主な専門領域 小児科
主な所属学会 日本小児科学会
ドクターから一言 子供たちの笑顔のために頑張ります。よろしくお願いします。

医員 楠本 岳久(くすもと たけひさ)

資格・認定  
主な専門領域 小児科一般
主な所属学会 日本小児科学会
ドクターから一言 子どもたちのために日々頑張ります。よろしくお願いいたします。

医員 吉松 佳祐(よしまつ けいすけ)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言 まだまだ未熟ですが、子どもたちのために精一杯頑張ります。

3.診療の総括

当科は、小児科一般病床18床を有し、四国西南部の小児科入院施設として中核的役割を果たしており、感染症、呼吸器、消化器疾患などの一般外来診療に加えて、それぞれのsubspecialtyにより以下の専門外来を設け、より専門的できめこまかな医療を行っています。

腎臓(長谷):急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群、ループス腎炎の治療管理、尿路感染症の内科的管理。

免疫:嘱託医の当院前副院長林正俊先生により重症筋無力症等の免疫疾患の治療管理を行っています。

循環器:嘱託医の地域小児周産期学講座教授檜垣高史先生と同助教宮田豊寿先生も加わり、先天性心疾患の診断と内科的治療、術後のフォローアップ、川崎病の治療とフォローアップを行っています。

新生児: 早産低出生体重児の管理、フォローアップを行っています。

アレルギー(岡本典子):食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息の治療管理。

その他、城賀本敏宏先生に神経外来をお願いしています。

新生児医療については、地域周産期母子医療センターに指定されており、NICU 6床を有する南予唯一の新生児入院施設として、在胎週数30週以上、推定体重1500g以上の早産児・低出生体重児、呼吸障害や感染症、母体合併症を有する児などのハイリスク群に対応しています。

小児救急医療については、24時間365日、小児科医師により初期救急から高次救急まで全てを引き受けています。

当院は南予唯一の小児科専門医研修施設であり、初期研修から引き続いて小児科臨床研修を行うことができ、救急医療を含め急性疾患から様々な慢性疾患まで幅広く経験できることから、小児科を志す若い医師から注目されています。

また、子育て支援を介した地域貢献を目的に、2014年から子育てセミナーを定期的に行っており、他の小児科には見られない特徴と言えます。

4.診療実績

2019年の診療実績

入院患者数 584名  うちNICU 64名

おもな疾患別入院患者数

NICU入院 64
極低出生体重児 3
低出生体重児 39
尿路感染症 7
RSV細気管支炎・肺炎 34
気管支喘息・喘息性気管支炎 52
アナフィラキシー・食物アレルギー 7
肺炎・気管支炎 126
成長ホルモン分泌不(疑い) 14
IgA血管炎 5
川崎病 13
腎炎・ネフローゼ症候群など 19
膠原病、自己免疫疾患 5
熱性痙攣・痙攣重積・てんかん 58
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績

1)論文報告

  1. Sakakibara N, Morisada N, Nozu K, Nagatani K, Ohta T, Shimizu J, Wada T, Shima Y, Yamamura T, Minamikawa S, Fujimura J, Horinouchi T, Nagano C, Shono A, Ye MJ, Nozu Y, Nakanishi K, Iijima K: Clinical spectrum of male patients with OFD1 mutations.
    J Hum Genet. 2019; 64(1):3-9.
  2. Nagatani K, Hayashi M:
    Combination therapy improves pathology indices in diffuse mesangial sclerosis.
    Pediatr Int. 2019;61(5):517-520.

2)学会発表

(総会)

第41回日本小児腎不全学会学術集会 (11月 28-29日、高知)

シクロスポリンが腎機能障害の進展を緩和した糸球体硬化を認める2症例
長谷幸治、林正俊

(地方会)

第99回日本小児科学会愛媛地方会(5月26日、松山)

左水腎尿管症に合併した続発性偽性低アルドステロン症
岩本麻友美、田手壮太、宇都宮秀和、岡本典子、髙田秀実、長谷幸治、林正俊

第36回中国四国小児腎臓病学会 (10月20日、岡山)

サイトメガロウイルス感染症により腎機能が悪化した難治性ネフローゼ症候群
長谷幸治、林正俊

第100回日本小児科学会愛媛地方会(12月1日、松山)

  1. 過去5年間の当院における起立性調節障害症例の検討
    田手壮太、宇都宮秀和、岩本麻友美、岡本典子、宮田豊寿、長谷幸治
  2. RSV感染症と鼻咽頭細菌叢についての検討
    宇都宮秀和、田手壮太、岩本麻友美、岡本典子、宮田豊寿、長谷幸治

(研究会)

第14回愛媛免疫疾患研究会 (2月16日、愛媛)

肝限局性結節性過形成・難治性SLEの治療中に肝細胞癌を発症した1例
長谷幸治、林正俊

第181回南予小児科医会(8月17日、宇和島)

EBウイルス感染症について
鈴木遙香、岡本典子

第182回南予小児科医会(11月16日、宇和島)

  1. 今年紹介された自然排泄出来なかったもの達
    岩本麻友美、田手壮太、宇都宮秀和、岡本典子、宮田豊寿、長谷幸治
  2. 潰瘍性大腸炎が先行した高安病
    長谷幸治

3)座長

第99回日本小児科学会愛媛地方会(5月26日、松山)

長谷幸治:一般演題2題

第181回南予小児科医会(8月17日、宇和島)

長谷幸治:

  1. 一般演題1題
  2. 特別講演「ヌーナン症候群の臨床診断のポイント-遺伝カウンセリングを含めて-」
    倉敷中央病院 遺伝診療部 主任部長 二宮伸介

第182回南予小児科医会(11月16日、宇和島)

長谷幸治:

  1. 一般演題2題
  2. 特別講演「小児の酸関連疾患にエソメプラゾールをどう使うか〜国内初小児適用を取得したPPI~」
    信州大学医学部小児医学教室 准教授 中山 佳子

4)講演・講義他

薬学セミナー(7月13日、宇和島)

岡本典子:小児のアレルギー疾患について ―食物アレルギーとアトピー性皮膚炎