脳神経外科、脳・血管外科

1.研修・認定施設

  • 日本脳神経外科学会専門医指定訓練施設

2.スタッフ紹介

副院長兼主任科長兼医療安全管理部長兼臨床研修管理副部長
善家 喜一郎(ぜんけ きいちろう)

資格・認定 日本脳神経外科学会専門医
主な専門領域 脳腫瘍、くも膜下出血
主な所属学会  
ドクターから一言 患者様のための医療を心がけています。

科長 宇都宮 裕(うつのみや ひろし)

資格・認定 脳神経外科専門医
主な専門領域 脳血管障害、頭部外傷
主な所属学会 日本脳神経外科学会
小児脳神経外科学会
ドクターから一言 早く宇和島の環境に慣れて、地域医療に役立てるよう頑張ります。

科長 古川 浩次(ふるかわ こうじ)

資格・認定 日本脳神経外科学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
主な専門領域 脳血管障害
主な所属学会 日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳神経血管内治療学会
日本脳腫瘍病理学会
日本間脳下垂体腫瘍学会
ドクターから一言 脳血管障害を中心に南予地域の急性期医療に少しでも貢献できればと考えております。よろしくお願いします。

医員 柴垣 慶一(しばがき けいいち)

資格・認定  
主な専門領域 脳神経外科一般
主な所属学会 日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳神経血管内治療学会
ドクターから一言 南予の医療に貢献できるように全力を尽くします。

医員 安岐 智晴(あき ともはる)

資格・認定  
主な専門領域 脳神経外科
主な所属学会 日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
ドクターから一言 香川県出身のため、宇和島に来るのはほぼ初めてですが、穏やかで温かい方ばかりで、南予の医療に少しでも貢献できるよう頑張ろうと強く思っております。どうぞよろしくお願い致します。

3.診療の総括

脳神経外科のベッド数は31床ですが、近隣の病院・施設にご協力いただき、当医療圏域の脳神経外科治療の役割は果たせていると考えています。きさいやネットを利用した脳卒中連携パスも軌道に乗り、回復期で連携していただいている4病院とは、一段と診療連携が深まっています。しかし、重症例や認知症の高度な症例を、どのように療養・介護していくかは相変わらず問題として残っています。急性期疾患の診療に支障を来さないように、引き続き近隣病院からのご支援をお願いしていかなければならない状況です。

4.本院で脳神経外科治療を受けた患者様へのお願い

5.診療実績

今年の手術件数は、217件でやや減少しました。手術内容はほぼ例年通りでしたが、脳定位放射線治療が可能となったことが大きな変化でした(今年度も可能かどうかは不確定)。脳腫瘍の症例数は15例と多くはありませんが、術中神経モニタリングシステムやナビゲーションシステムを使用し、質の高い手術が行えています。くも膜下出血および脳動脈瘤の治療成績は、その施設の治療レベルを大いに反映しますので、毎年詳細に報告しています。未破裂動脈瘤の治療は、開頭クリッピング術を5例に、コイル塞栓術を4例に行いました。mRS3のクリッピング症例1例は術前より症候のある症例でした。コイル治療の4例は良好な結果でした。くも膜下出血のクリッピング症例は13例で、mRS 0-2の症例が9例でした。術前状態がWFNS1-3の6例では、全例がmRS 0-2であり、術前状態の良好な症例の治療成績は大変良いと考えます。WFNS4-5の症例は7例であり、mRS 0-2が3例、mRS3が1、mRS4が1例、mRS5が2例でした。重症例の治療はやはり困難ですが、死亡症例はなく、重症例としては良い成績と考えます。くも膜下出血のコイル症例は5例に行い、mRS 0-2が3例、mRS 6が2例でした。1例は脳血管攣縮による脳梗塞で亜急性期に受診した症例で、コイル塞栓術は問題なく終了しましたが、脳血管攣縮による脳梗塞が悪化し死亡しました。もう一例はWFNS5の最重症例でした。

年間手術件数

  2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
脳血管障害 92 100 86 63 61 61 64 47 47 39
腫瘍性病変 22 17 17 27 21 16 15 20 23 17
外傷 59 110 88 103 90 75 83 85 108 81
感染性疾患 0 4 1 2 4 2 2 2 8 2
血管内治療 21 24 17 24 25 31 28 22 20 30
脊椎 - - - - 9 11 6 0 0 0
定位放射線 - - - - - - - - - 12
その他 21 31 20 43 45 32 44 26 28 36
合計 215 286 229 262 255 228 242 202 234 217
年間手術件数のグラフ

未破裂動脈瘤クリッピング術 治療成績

年/mRS 0-2 3 4 5 6 合計
2008年 23 0 0 0 0 23
2009年 14 0 0 0 0 14
2010年 11 0 0 0 0 11
2011年 12 0 0 0 0 12
2012年 10 0 0 0 0 10
2013年 11 0 0 0 0 11
2014年 10 0 0 0 0 10
2015年 7 0 0 0 0 7
2016年 7 1 0 0 0 8
2017年 4 1 0 0 0 5
未破裂動脈瘤クリッピング術治療成績のグラフ

くも膜下出血クリッピング術治療成績 全体

年/mRS 0-2 3 4 5 6 合計
2008年 16 1 3 1 0 21
2009年 17 3 1 1 0 22
2010年 24 3 2 0 0 29
2011年 11 2 1 0 0 14
2012年 8 6 2 1 0 17
2013年 9 2 0 1 0 12
2014年 12 5 3 0 0 20
2015年 9 0 2 0 0 11
2016年 6 0 4 1 0 11
2017年 9 1 1 2 0 13
くも膜下出血クリッピング術治療成績 全体のグラフ

くも膜下出血クリッピング術重症度別手術成績

WFNS 1-3

年/mRS 0-2 3 4 5 6 合計
2008年 14 0 2 0 0 16
2009年 16 2 0 1 0 19
2010年 20 2 2 0 0 24
2011年 10 1 0 0 0 11
2012年 7 4 0 0 0 11
2013年 8 0 0 1 0 9
2014年 11 2 0 0 0 13
2015年 8 0 0 0 0 8
2016年 5 0 1 0 0 6
2017年 6 0 0 0 0 6
くも膜下出血クリッピング術重症度別手術成績 WFNS 1-3のグラフ

WFNS 4-5

年/mRS 0-2 3 4 5 6 合計
2008年 2 1 1 1 0 5
2009年 1 1 1 0 0 3
2010年 4 1 0 0 0 5
2011年 1 1 1 0 0 3
2012年 1 2 2 1 0 6
2013年 1 2 0 0 0 3
2014年 1 3 3 0 0 7
2015年 1 0 2 0 0 3
2016年 1 0 3 1 0 5
2017年 3 1 1 2 0 7
くも膜下出血クリッピング術重症度別手術成績 WFNS 4-5のグラフ

未破裂動脈瘤コイル塞栓術治療成績

年/mRS 0-2 3 4 5 6 合計
2008年 2 0 0 0 0 2
2009年 2 0 0 0 0 2
2010年 2 0 0 0 0 2
2011年 5 0 0 0 0 5
2012年 3 0 0 0 0 3
2013年 3 0 0 0 0 3
2014年 2 0 0 0 0 2
2015年 2 0 0 0 0 2
2016年 4 0 0 0 0 4
2017年 4 0 0 0 0 4
未破裂動脈瘤コイル塞栓術治療成績のグラフ

裂動脈瘤コイル塞栓術治療成績

年/mRS 0-2 3 4 5 6 合計
2008年 2 1 1 0 0 4
2009年 2 0 0 0 0 2
2010年 1 0 0 1 0 2
2011年 1 1 0 1 0 3
2012年 3 0 1 0 1 5
2013年 1 3 0 0 2 6
2014年 7 0 1 0 0 8
2015年 4 1 1 0 0 6
2016年 2 0 0 1 0 3
2017年 3 0 0 0 2 5
裂動脈瘤コイル塞栓術治療成績のグラフ
▼医療関係者向け情報▼

6.学術的業績(2017年1月1日~12月31日)

1)学会発表

(総会)

STROKE2017 第42回日本脳卒中学会学術集会(3月16-19日、大阪)

心肺停止で発症し、急性期血行再建で回復した脳底動脈および右内頚動脈閉塞の1例
大塚祥浩、古川浩次、宇都宮裕、善家喜一郎

第33回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会(11月23-25日、東京)

  1. 当院における急性期血管形成術施行症例の検討
    古川浩次、大塚祥浩、河野大介、宇都宮裕、善家喜一郎
  2. 腫瘍栄養血管塞栓術中のマイクロカテーテル操作により頭蓋内動静脈瘻を形成した一例
    大塚祥浩、古川浩次、河野大介、宇都宮裕、善家喜一郎

(地方会)

第83回日本脳神経外科学会中国四国支部学術集会(4月8-9日、岡山)

TRIPLE ANTERIOR CEREBRAL ARTERYに発生した動脈瘤破裂に伴うくも膜下出血の一例
大塚祥浩、古川浩次、宇都宮裕、日下部公資、善家喜一郎

(研究会)

第115回愛媛脳神経外科懇話会(6月10日、松山)

椎骨動脈圧迫による三叉神経痛に対して微小血管減圧術を実施した一例
河野大介、大塚祥浩、古川浩次、宇都宮裕、善家喜一郎

AIS Clinical Update in Matsuyama(8月19日、松山)

当院における急性期血管形成術施行症例の検討
古川浩次、大塚祥浩、河野大介、宇都宮裕、善家喜一郎、正田大介、田川雅彦、西川真弘

脳血管内治療advanced technique(9月16日、松山)

術中破裂を来した未破裂前交通動脈瘤の1例
古川浩次

脳神経治療戦略研究会(10月21日、松山)

未破裂の右中大脳動脈瘤、左内頚動脈後交通動脈瘤を有し、前交通動脈瘤破裂に伴うくも膜下出血に対する治療戦略の検討
大塚祥浩、善家喜一郎、古川浩次、宇都宮裕、河野大介

第17回Autumn Brain Conference in Dogo(ABCD)(11月18日、松山)

破裂巨大内頚動脈瘤に対してsuction decompression法を併用して開頭クリッピング術を実施した1例
河野大介、大塚祥浩、古川浩次、宇都宮裕、善家喜一郎

第116回愛媛脳神経外科懇話会(12月2日、松山)

脳内出血急性期におけるCTアンギオと造影CTの有用性
大塚祥浩、古川浩次、宇都宮裕、河野大介、善家喜一郎

2)講演・講義他

南予地区医療連携の集い -第1回 脳卒中と医療連携を考える-(3月31日、宇和島)

古川浩次:二次予防から考える抗凝固薬の実際と注意点