INTRODUCE

看護部紹介

看護部理念

南予の中核病院として、患者さまの人権を尊重し、やすらぎを与え、信頼される看護をめざします。

基本方針

  1. 患者さまの人権を尊重し、思いやりのある看護を提供します。
  2. 快適な療養環境を整え、安全・安楽な看護を提供します。
  3. 高度医療に対応できる専門的知識・技術を磨き、質の高い看護を提供します。
  4. 他職種と協働し、患者さま中心のチーム医療を提供します。
  5. 地域の医療・保健・福祉と連携し、継続した看護を提供します。

平成25年4月1日改定

令和2年度 看護部目標

  1. 地域包括ケアシステムの推進に向けてチーム医療・退院支援を強化する。
  2. 働きやすい職場環境を整える。
  3. 災害拠点病院として、災害時にスムーズに行動できるよう看護部の体制を強化する。
  4. コスト意識を高め、経営に参画する。

看護体制

看護配置

一般病棟 10:1 / 救命救急センター ICU 2:1・HCU 4:1

看護方式

固定チームナーシング


勤務体制

病棟:2交代制(日勤 8時30分~17時15分/準深夜勤務 16時30分~9時15分)

病棟:3交代制(日勤 8時30分~17時15分/深夜勤務 0時30分~9時15分/準夜勤務 16時30分~1時15分)手術室:オンコール制

各部署の紹介

4 西病棟【外科、整形外科】

  • 外科・整形外科・内科の混合病棟で、10月の病床編成により皮膚科も受け入れるようになった。平均在院日数は16.7日、病床利用率は93.4%であった。
  • 外科は周産期から終末期まで受け入れており、2019年の手術件数は277件、化学療法は213件であった。毎週木曜日に医師・看護師・MSW・管理栄養士・PT・OTとカンファレンスを行い、治療方針に加え退院先を見据えた家族の支援状況や家屋の環境などの情報を共有し、看護援助に努めている。
  • 整形外科は周術期・術後リハビリ期の患者を受け入れており、毎週月曜日に医師とカンファレンスを行い、月1回医師・看護師・PT・OT・STと合同カンファレンスを行って、ADL拡大や早期退院に向けた援助を実施している。入院患者は年々高齢化が進み、入院生活の中でリズムをつけるために、離床への取り組みを積極的に行っている。
  • 退院時に機能低下により介護が必要であったり、終末期を在宅で過ごしたいと希望する場合は緩和ケア認定看護師に相談し、退院前に患者や家族とともに多職種でカンファレンスを実施し、地域で安心して暮らせるように援助している。

5 東病棟【脳神経外科、結核・感染症】

  • 脳神経外科病棟31床と結核・感染症9床を併設した病棟である。
  • 2019年の平均在院日数は18.4日、病床利用率は96.47%、緊急入院の割合は80%である。
  • 脳神経外科は、意識障害・運動感覚障害・失認失行・高次脳機能障害をあわせ持つ患者が多いため、セルフケア能力に応じた看護を実践し、尿路感染症や、誤嚥性肺炎等合併症予防に努めている。特に転倒転落リスクは高く、離床センサーやコード類の整理などベッドサイドの環境整備を徹底し、金曜日にPT・OTとのカンファレンス、毎月1回医師・PT・OT・ST・MSW・管理栄養士と合同でリハビリカンファレンスを実施、情報を共有し転倒予防に努めている。
  • 今年度は脳卒中の患者に対し、急性期から維持期まで切れ目のない治療を維持するためのツールである愛媛脳卒中地域連携パスの使用率上昇に向けて取り組んだ。年間30件以上にする目標を達成することができた。
  • 季節性インフルエンザに対し、発生時や受け入れ時の対応がスムーズに実施できるようスタッフ教育を行い、二次感染を起こさずに対応することができた。
  • 結核・感染症病棟は陰圧管理の病床であり、毎年保健所と合同で新型インフルエンザ患者の受け入れ訓練を実施している。またSFTSや他の感染症に対しても、スムーズな受け入れができるように取り組んでいる。

5 西病棟【消化器内科】

  • 2019年10月より消化器内科病棟単科となり病床数50床を有している。新規入院患者数921名、平均在院日数16.5日、ベッド稼働率93.9%である。65歳以上の患者が約70%を占めており、疾患に対する看護だけでなくADL援助を必要とする患者が多い。
  • 単科となった10月からの3か月間で内視鏡検査及び治療は180件を超えている。検査を受ける患者の不安を軽減し安心して検査が受けられるよう看護を実践している。
  • 消化器内科の急性期患者だけではなく、終末期・緩和ケア・誤嚥性肺炎の患者も多い。またADL援助を必要とする患者が多いため、入院時より患者家族の希望を確認し、患者の状態に応じ退院を見据えた看護実践を行い患者家族の意向に沿った退院支援に努めている。
  • リハビリ合同カンファレンスを第1週に行い、医師・看護師・リハビリ室、栄養課が参加し、退院後の生活も見据えた支援ができるよう退院調整を実践している。

6 東病棟【産婦人科、内科、外科、泌尿器科】

  • 産科・婦人科・眼科・外科(主に乳房疾患患者)を中心とした34床の混合病棟である。
  • 2019年の分娩件数203件、そのうち74件が帝王切開であり、約36.4%を占めている。全体の分娩件数は減少傾向にあるが、ハイリスク妊娠(早産、双胎、重症妊娠高血圧症候群等)は増加しており、南予及びその周辺地域からの妊産婦も受け入れている。
  • 子育て世代への切れ目のないサポートのために宇和島市で産後ケア事業が開始され、当院でも2名の褥婦が複数回の宿泊や日帰りの本制度を利用し「産後ケア制度があって本当によかった」という声が聞かれている。本制度利用により市母子保健係との連携がより細やかになり、子育て支援に繋がっている。
  • 乳癌患者の手術件数は、89件・化学療法は56件と増加傾向にある。治療を受けながらでもその人らしく生活できるための援助を目指している。

6 西病棟【小児科、内科、歯科口腔外科、耳鼻いんこう科、NICU】

    【6西】

  • 6西病棟は、2019年10月の病床編成に伴い、小児科・内分泌内科・歯科口腔外科・耳鼻咽喉科の混合病棟となった。年間入院患者数は1,153名で、病床稼働率85.7%、在院日数7.9日、10月以降の3か月間の内分泌内科入院は52名、小児科入院患者は652名で全体の56.5%を占めている。
  • 毎週火曜日は小児科、金曜日には糖尿病患者に対して多職種カンファレンスを行い、病態を踏まえた個別性のある看護を提供している。糖尿病患者に対し、外来看護師と連携し退院後の継続看護にも努めている。
  • 入院中の子供たちの笑顔が見られるよう、病棟保育士を中心に、医師・看護師が協力し七夕会やクリスマス会など季節に応じたイベントの実施や病棟内の装飾にも力を入れている。
  • 【NICU】

  • NICUは、新生児特定集中治療室管理料2を算定し、31週以上かつ1500g以上の早産低出生体重児または新生児疾患や先天異常に対する集中治療・ケアを実践している。年間入院患者数は64名で、病床稼働率28.6%、在院日数18.1日である。
  • 臨床心理士や産科と連携を図り、受け持ち看護師を中心に母児の愛着形成に力を入れ、信頼される家族看護を目指している。また、退院後の生活を見据えた家族指導や再診時の外来訪問によって、退院後の状況確認を行い入院中の関りを振り返っている。

7 東病棟【心臓血管外科、循環器内科】

  • 循環器・心臓血管外科を中心とした48床の混合病棟である。入院患者数875名、救命救急センター等からの転入患者数は476名であった。平均在院日数16.8日、病棟利用率96.2%であり、心臓カテーテル検査の短期入院から末期の重症心不全など経過の長い入院が多いのが特徴である。
  • 心臓カテーテル検査の実施数は219件、そのうち経皮的冠動脈治療は92件、ペースメーカは挿入と電池交換を含めて43件であった。手術件数は心臓血管外科と呼吸器外科を合わせて87件であった。
  • 急変時対応の振り返りや災害時のシミュレーションを行い個々の意識を高めるとともに、増加する認知症患者に対し安全安楽な療養生活を提供するためのケースカンファレンスを取り入れ5例実施した。また、入院患者数の約3割を占める心不全患者に対しては、パンフレットを用いた患者指導を取り入れ、多職種と連携を図り退院支援を行っている。

7 西病棟【外科、泌尿器科】

  • 消化器外科と泌尿器科の混合病棟で、急性期から慢性期、終末期と幅広い疾患の患者への看護を展開している。
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師を中心に、創傷・ストーマケアなど病態や看護実践が出来るように取り組んでいる。日本ストーマ・排泄リハビリテーション学界への参加や愛媛ストーマリハビリテーション研究会での発表などを活用し看護の質の向上を目指している。
  • 2019年は、外科321件、泌尿器科336件の手術があり、術前、術後を安心して過ごし、早期に退院できるよう他職種と連携を図りながら患者に応じた退院支援が行なえるよう努力している。

8 東病棟【内科】

  • 病床数45床(うちクリーンルーム4床)を有する血液疾患患者中心の内科病棟である。2019年化学療法件数は延べ10004件、自家末梢血幹細胞移植2件、輸血795件実施した。
  • 週に1回の血液疾患患者合同カンファレンスでは、医師、理学療法士、 管理栄養士、臨床心理士、MSWと共に治療への援助、生活の場の決定について短期目標を設定し検討している。
  • がん看護実践能力向上研修を受け専門的な知識を習得したスタッフが4名おり、そのスタッフを中心にがん患者の精神的な看護、化学療法の副作用に関する看護、また、がんの終末期にある患者に対しては、本人、家族の希望に添った最後が迎えられるように緩和ケアチームと連携し、多職種で協働している。

8 西病棟【耳鼻いんこう科、眼科、整形外科】

  • 耳鼻科・眼科・整形外科の混合病棟で、主に手術適応の急性期患者の看護を行っている。病床利用率98.44%、平均在院日数11.7日と昨年と同じであった。今年度各病棟の病床再編があり、整形外科・眼科の入院患者が少し減少となり、年間の手術件数は1862件と40件減少したが院内では一番多い。病床利用率、病棟転棟数も多く、看護助手やクラークと協力し患者の希望に添ったベッドコントロールを実践している。
  • 患者の高齢化により大腿骨近位骨折が増え、退院支援の必要性が高まった。昨年より定例化されている毎日の看護師間カンファレンスは継続され、今年は退院支援に関わる記録の充実を念頭に置き他職種との情報共有に力を注いだ。
  • 南海トラフ地震を想定した災害時シミュレーションを、耳鼻科の患者対応のアクションカードを作成して行った。化学療法中の患者や気管切開患者の避難など、訓練によりスタッフの意識向上につながった。

救命救急センター(ICU)

  • 南予救命救急センターは、24時間体制で救急患者・緊急入院患者に対応している。ICU・CCUは6床の病床を有し、HCU・救急外来と協力して緊急入院患者や重症患者、術後の患者、院内の急変患者の受け入れをスムーズに行えるように体制を整えている。
  • 2019年の入院患者は235名、急変・術後患者はHCUから9名、一般病棟から48名を受け入れた。(手術103件・呼吸器装着92件・CHDF28件・PCPS5件・低体温管理2件・陰圧管理3件など)
  • 固定チーム活動では、2019年4月から3チームを2チーム編成とした。受け持ち看護師の意識定着や継続看護をめざして、Aチームは急性期における患者のもつPICS-Fの症状と原因を知り、看護師による面談を通してHADSを使用し、不安62%以下、不眠75%以下、抑うつ32%以下となることを目標として、Bチームは個別性に合った栄養カンファレンスが100%でき、早期経腸栄養の介入ができることを目標として、患者家族の課題解決にチームで取り組み活動している。また、看護の質の向上のため、ICUステップのテストの見直しと実施、小集団での勉強会、OJTに取り組み、集中治療室の看護師としてレベルアップに取り組んでいる。

救命救急センター(HCU)

  • HCUは、南予救命救急センターとしてICUや救急外来と協力し、24時間体制で緊急入院や院内の急変患者の対応をしている。診療科は多岐にわたり、内科・外科・脳神経外科・整形外科など複数の科の患者をスムーズに受け入れできる体制を整えている。緊急入院される患者様が、安全、且つ安心して治療や看護が受けられるように多職種と連携し、安全な医療サービスを提供している。
  • 2019年は、新規入院患者798名と48名の転入患者、緊急手術が137件あった。多種多様な疾患や急な病態変化に迅速・的確に対応できるようにシミュレーションや症例検討などを行い、知識・技術の向上に努めている。また、高齢な患者が多く、入院早期から退院後の生活に目を向け、スクリーニングシートを提出し、地域連携室や一般病棟と情報共有・連携し、患者・家族の思いに寄り添う看護を目指している。
  • 災害発生時のスムーズな対応力向上のため、チーム活動や定期的な勉強会によるスタッフの育成に力を入れている。

手術室

  • 手術室はバイオクリーンルームを含め7室ある。手術症例は増え続け令和元年は4528件と過去最高の件数となっている。また救命救急センターを併設しており、勤務時間内・外、夜間・休日を問わず緊急手術を受入れており、全手術症例の25%が緊急手術である。夜間・休日はオンコール自宅待機制で対応している。全診療科の手術に迅速に対応できるよう体制を整えている。
  • 手術室内の感染管理認定看護師を中心に、手術環境を整え、感染防止に努めている。また手術に携わるすべての職員に対する教育指導も日々行っている。
  • 今年度は患者の安全・安心を確保した周術期看護の提供を目標に取り組み、手術看護の専門性を追求し、手術看護の質向上のため、日本手術看護学会主催の中堅者教育研修に2名参加している。

外来

  • 診療科は35科、外来患者数は1日平均954.8人である。積極的にかかりつけ医をすすめ、地域支援病院取得を目指している。
  • 各診療科での専門外来を含めた診療の補助の他、ストーマ外来では専従の皮膚排泄ケア認定看護師が指導・相談を行っている。
  • 緩和ケア認定看護師、がん化学療法認定看護師と連携し、早期からの「生活のしやすさの質問票」を用いたスクリーニングや生活支援を行っている。また、救急外来が中心となり、心不全患者に対する「もしもの時」のアンケートを行い高齢者の終末期への啓蒙も開始している。
  • 内科外来では、糖尿病教育入院患者に対して、病棟カンファレンスに参加し、退院後の外来受診時に面談を計画し、述べ64名に実施した。
  • 中央材料室では、ラウンドによるチェックなど院内の滅菌管理をしている。

透析室

  • 当院の透析室は、17床で人工透析を行っている。
  • 透析療法指導看護師や透析技師認定士の資格を取得したものを含め、6名の看護師で急性期病院としての血液透析を実施している。血漿交換や二重濾過血漿交換を年間20件実施した。
  • 2019年の透析導入患者は27名、他病院からの転入は年間143件、他院への転出は152件と、他施設との連携も図っている。
  • 術後や検査後、重症患者の血液透析を、異常の早期発見に努めながら、患者のQOL向上を目標に日々取り組んでいる。

内視鏡室

  • 内視鏡技師4名、小腸カプセル内視鏡読影支援技師1名を含む看護師8名看護助手1名のスタッフで各種検査・治療の介助、内視鏡機器管理・感染対策を行っている。担当医師と協働して安全で確実な検査・治療を心掛けている。
  • 2019年は、上部内視鏡5310件、小腸および大腸内視鏡1803件、小腸カプセル内視鏡およびパテンシーカプセル13件、ERCP415件、気管支鏡33件の検査及び処置を実施した。2018年7月からは胆管・膵管内の直接観察を行い診断・砕石ができる胆道鏡を導入し10件実施した。超音波内視鏡が118件、そのうち胆管・膵管系検査・超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診も25件と増加している。
  • 夜間休日の緊急内視鏡への対応として看護師の待機制を導入している。
  • スタッフは院外の内視鏡技師研修にも積極的に参加し自己研鑽に努めている。

化学療法室

  • 化学療法室では、2019年は1日平均 13.3件、月平均267.7件の化学療法を実施している。
  • がん化学療法看護認定看護師を中心に、安全かつ確実な薬剤の投与管理を実施し、起こり得る有害事象の予防・軽減や苦痛の緩和に努めるとともに、患者が安心して治療が継続できるように電話相談や外来相談にも対応している。また、がんと診断された患者の告知後のサポートなど、他職種との連携によるチーム医療の提供にも取り組んでいる。
  • 病棟看護師の協力のもと、外来と病棟の連携を図り、外来治療移行患者のテンプレート記入やケモ室見学などを行い、患者の情報共有や看護の継続に努めている。

救急外来

  • 救急外来では年間約15,000人の救急患者を受け入れている。患者はあらゆる年齢層、あらゆる疾患や外傷、来院方法も救急車、ドクターヘリ、ウォークインと様々である。救急外来看護師は、トリアージを行うことで、大多数の軽症患者に混在した緊急度の高い患者を早期にピックアップするなど、安全な患者マネジメントに努めている。慌ただしい業務のなかで、地域包括ケア・多職種連携も心掛けている。
  • 2014年に開始した自殺未遂者の地域包括ケアとして地域連携室との協働に加え、2018年には救急外来を受診したがん患者が抱える問題をキャッチして緩和ケアに繋げる取り組みを開始した。また、心肺停止で搬送された患者のほとんどが蘇生処置に対する事前意思表示をしていないという現状から、2019年度に行ったアドバンス・ケア・プランニングに関する調査を元に、意思決定支援のための連携を検討しているところである。
  • 救急外来にはフィジカルアセスメント・外傷初期看護・トリアージメンバーといった少集団活動があり、相互でスタッフ教育を行っている。
  • 2019年度は災害訓練にも力を入れ、作成したアクションカードを元に5回のシミュレーションを行った。その他、各種ライフサポートコース(BLS、ICLS、ISLS、JMECC、JNTEC、MCLSなど)のインストラクター参加や、日本臨床救急医学会や全国自治体病院学会での口演など、日々、自己研鑽に努めている。

人間ドック

  • 2019年の利用者数は、1日ドック1,051名、2日ドック311名、脳ドック130名、健診は751名であった。2018年度より2日ドックに、入院コースを加えて通院コースを開始したところ、現在約半数の利用者が通院コースを選択している。
  • 健診センターとして独立していないため、一般診療の中で健診者も検査を受けており、待ち時間など配慮して取り組んでいる。
  • ドック室にて風疹抗体検査、肝炎抗体検査、愛媛大学の研究協力などを新たに追加して行っている。
  • 健診・ドックを受けることにより生活習慣の改善、疾病の早期発見、早期治療へつながるよう働きかけている。
  • 高齢者や基礎疾患を持つ受診者も多く、安全・安楽に健診が受けられるよう取り組んでいる。

放射線科

  • 放射線科では診断検査、血管内治療および、CT検査、RI検査、MRI検査、放射線治療を行っている。2019年はX線TV室ではポート植え込み・CVC挿入161件、上部下部消化管造影314件、その他透視検査を696件実施しており、2部屋ある血管造影室では血管造影検査及び治療を763件、ペースメーカ植え込みなどを142件実施した。また、夜間休日は待機制をとっており、71件の緊急血管造影検査及び治療を実施した。
  • 放射線治療は年間約200件の照射を行っている。医療が高度化する中、患者への安全・安楽な検査・治療の提供を目指し日々取り組んでいる。
電子ブック版 看護師募集案内

ページの先頭へ