内科、血液内科

1.研修・認定施設

  • 日本血液学会認定血液研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会指導施設

2.スタッフ紹介

内科

副院長兼感染管理部長兼内科主任科長 金子 政彦(かねこ まさひこ)

資格・認定 日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会専門医
日本人間ドック学会認定医
日本人間ドック健診情報管理指導士
ICD(infection control doctor)
抗菌化学療法認定医
ICLSインストラクター
JMECCインストラクター
主な専門領域 血液、膠原病
主な所属学会 日本内科学会
日本血液学会
日本臨床血液学会
日本造血細胞移植学会
日本輸血学会
日本感染症学会
日本消化器内視鏡学会
日本人間ドック学会
ドクターから一言 南予地域における血液悪性疾患の診療において、当院で治療が完結するよう造血幹細胞移植をはじめ、先進医療に取り組んでおります。また患者様、および家族の方に納得のいく治療法を選択して頂くために、ひろくセカンドオピニオンもすすめており、希望の病院や相応の病院を紹介しております。
患者様にはやさしく、自分とスタッフには厳しくがモットーです。

血液内科

血液内科科長兼外来化学療法室室長 鹿田 久治(しかた ひさはる)

資格・認定 日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会指導医・専門医
日本臨床腫瘍学会・がん薬物療法指導医・専門医
主な専門領域 血液学、がん化学療法
主な所属学会 日本内科学会
日本血液学会
日本臨床腫瘍学会
日本癌治療学会
日本リンパ網内系学会
ドクターから一言 南予の患者様のために頑張ります。ストレート勝負が主体ですが、たまに変化球を投げられるように努めます。

血液内科医員 加藤 潤一(かとう じゅんいち)

資格・認定  
主な専門領域 血液内科
主な所属学会 日本内科学会
日本感染症学会
日本造血細胞移植学会
日本血液学会
ドクターから一言 南予の医療に貢献できるように頑張ります。

3.診療の総括

血液疾患、膠原病、および感染症の診療を主体として行っていますが、総合内科的な診療の取り組みも試みています。
血液疾患は急性白血病をはじめとした造血器腫瘍以外にも、再生不良性貧血や出血性疾患(血小板減少性紫斑病、血友病)など多岐にわたります。膠原病では全身性エリテマトーデスをはじめとした自己免疫性疾患の診療も行っています。

無菌室4床を備え、標準的化学療法に加え新規分子標的治療はもちろんのこと、主に自家末梢血幹細胞移植を中心とした造血幹細胞移植にも力を入れています。再生不良性貧血に対する免疫抑制療法なども行っています。がん薬物療法専門医がスタッフに加わったことで、治験や臨床研究にも積極的に取り組み、また院内でのキャンサーボド主催にも尽力しています。

また、重症敗血症症例の診療や院内のコンサルテーション業務にも対応している。

4.診療実績

2019年の血液内科入院患者数

のべ667名

疾患別患者数

新規血液悪性疾患(入院治療のみ)

急性骨髄性白血病 10例
急性リンパ性白血病 2例
慢性骨髄性白血病 5例
慢性リンパ性白血病 0例
非ホジキンリンパ腫 38例
ホジキンリンパ腫 3例
原発性脳リンパ腫 1例
成人T細胞性白血病 5例
多発性骨髄腫 11例
原発性マクログロブリン血症 1例
骨髄異形成症候群 7例
骨髄癌腫症 1例

新規膠原病(入院治療のみ)

全身性エリテマトーデス 1例
皮膚筋炎 1例
全身性強皮症 1例
シェーグレン症候群 4例
血管炎症候群 5例
リウマチ性多発筋痛症 4例
RS3PE症候群 2例
成人スティル病 1例
多中心性キャッスルマン病 1例
IgG4関連疾患 1例
サルコイドーシス 1例

その他の新規血液疾患(入院治療のみ)

骨髄増殖性疾患 16例
特発性血小板減少性紫斑病 6例
再生不良性貧血 9例
血友病 1例
原発性アミロイドーシス 1例
自己免疫性溶血性貧血 3例
巨赤芽球性貧血 1例
腎性貧血 2例
TAFRO症候群 1例
好酸球増多症候群 1例
遺伝性球状赤血球症 1例

新規感染症

重症熱性血小板減少症候群 1例
髄膜炎・脳炎 7例
感染性心内膜炎 4例
重症敗血症・敗血症性ショック 11例
日本紅斑熱 1例
蜂窩織炎 4例
デバイス感染症 3例
インフルエンザ 2例

治療・検査実績

その他

不明熱 4例、原発不明癌 6例、肺癌 4例、平滑筋肉腫 1例、脳梗塞 48例、てんかん発作 4例、肺炎 46例、間質性肺炎 8例、肺膿瘍 2例、気管支喘息 1例、COPD急性増悪 5例、非結核性抗酸菌症 1例、縦隔気腫 1例、薬物中毒 3例、熱中症 2例、アナフィラキシー 2例、肺血栓塞栓症 1例、急性腎盂腎炎 8例、低ナトリウム血症 2例、ウェルニッケ脳症 1例、めまい症 4例、など

検査実績

骨髄穿刺175件、骨髄生検54件

▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2019年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. Kaneko M, Tominaga Y, Sakamoto K, Shikata H:
    Hemodialysis vascular access infection caused by Methylobacterium radiotolerans:The first confirmed case in Japan.
    J Infect Chemother. 2020 Jan;26(1):107-109.
  2. 田中武道、中西英元、鹿田久治、金子政彦:
    脾臓低形成を認めた糖尿病合併侵襲性肺炎球菌感染症の症例~当院における侵襲性肺炎球菌感染症の後方視的検討も含めて~.
    南予医学雑誌 2019;19(1):53-59.
  3. 黒田真由美、金子政彦、宮崎万純、中西英元、鹿田久治:
    短期間のダイエットを契機に発症した非アルコール性Wernicke脳症の一例.
    南予医学雑誌 2019;19(1):71-78.

2)学会発表

(総会)

第93回日本感染症学会総会・学術講演会(4月4-6日、名古屋)

Methylobacterium radiotoleransによるバスキュラーアクセス関連血流感染の一例
金子政彦

第81回日本血液学会学術集会(10月11-13日、東京)

A case of worsening PAH by bosutinib after prior treatment with dasatinib
Masahiko Kaneko, Hisaharu Shikata

(地方会)

第120回日本内科学会四国地方会(5月12日、高知)

伝染性単核症後に発症し鑑別に難渋した成人スチル病の一例
木原久文、池田祐一、田坂達郎、松本卓也、末盛浩一郎、朝井洋晶、谷本一史、山之内純、羽藤高明、竹中克斗

第121回日本内科学会四国地方会(12月1日、高松)

血液培養からFastidiosipila sanguinisが分離同定された菌血症の一例
山本遥加、木原久文、鹿田久治、金子政彦

3)座長

第120回日本内科学会四国地方会(5月12日、高知)

金子政彦:感染症2

第1回愛媛南予地区血液腫瘍フォーラム(10月18日、宇和島)

鹿田久治:

4)講演・講義他

JMECC 市立宇和島病院(2月17日、宇和島)

金子政彦:コースインストラクター

Kagawa Infection Seminar(6月21日、坂出)

金子政彦:当院で経験したSFTS症例の紹介と考察

JMECC 松山赤十字病院(8月11日、松山)

金子政彦:ブース長

JMECC 済生会西条病院(12月15日、西条)

金子政彦:ブース長