薬局

1.薬局について

薬局では、調剤、医薬品の供給、適切な医薬品情報の提供などの薬剤師業務を薬剤師15名、事務員2名(治験事務局兼務)、パート5名(業務補助)で、調剤・製剤業務をはじめ、抗がん薬調製、薬剤管理指導業務、医薬品情報業務、TDM(解析)、治験事務局運営と多岐に渡って業務を行っています。24時間、365日薬剤師が病院内に常駐し、入院患者さんのみならず、救急外来の患者さんにも対応をしています。専門・認定薬剤師を取得している薬剤師もおり、NST、ICT、緩和ケア、糖尿病などチーム医療にも積極的に参加し、各々が薬の専門家として“力”を発揮しています。病棟の服薬指導や退院指導を担当している薬剤師はiPadを持って病棟に出向き、患者さんをはじめ、医師・看護師からの医薬品関連の質問・問題等に対応しています。

 

業務内容

 

1) 調剤業務

調剤業務の写真

電子カルテによるオーダーリングシステムを使用し、外来患者様については、原則院外処方せんを発行しています。入院患者様については、医師から処方の指示が出ると薬局に処方せんが発行され、患者様の必要な時期に合わせて医薬品を調剤しています。また、必要に応じて検査値等を確認し、医薬品の適正使用を心がけています。

2) 注射薬業務

注射業務の写真

電子カルテによるオーダーリングシステムを使用し、医師から処方の指示が出ると薬局に注射処方箋が発行され、患者様の必要な時期に合わせて医薬品を調剤しています。 当院では1患者1トレイ、1施用ごとの袋詰めをして病棟へ払い出しています。また、必要に応じて検査値等を確認し、医薬品の適正使用を心がけています。

3) 医薬品情報管理業務

医薬品情報管理業務の写真

医薬品情報管理室には、常時1名以上の薬剤師が常駐しており、医師・看護師をはじめとする院内の各部署からの問い合わせに対応しています。対応した内容は、電子化して薬剤師全員で情報共有をしています。医薬品情報は院内LAN上に掲載し、情報提供を行っています。また、保険調剤薬局からの地域医療支援システム「きさいやネット」に対する問い合わせ窓口にもなっています。

4) 医薬品管理業務

医薬品管理業務の写真

薬局をはじめ、各科外来・各病棟の在庫管理を行い、適正在庫に努めています。また、災害時に備え、院内在庫とは別に災害在庫を備えています。

5) 製剤業務

クリーンベンチを備えたクリーンルームでは院内製剤(心保護液、点眼液など)を調製しています。抗がん薬を完全外部排気型の安全キャビネットを備えた抗がん薬調製室で調整しています。当院では、全ての抗がん薬(アンプル製剤など一部除く)の調製には、Phasealやケモセーフといった閉鎖式接続器具を使用して調製を行い、調製者・施用者に対する抗がん薬の曝露対策を心がけています。また、調製後はオゾン水を使用して輸液バッグ等に付着している抗がん薬の不活化を行ってから、外来化学療法室や病棟へ払い出します。

6) 薬剤管理指導業務

全ての病棟に薬剤師を配置し、入院時に患者様が入院前に服用されている薬の確認(持参薬管理)を行います。入院中にはベッドサイドにて、患者様やご家族の方に対し、服用している薬の働きや副作用、注意すべきことなどを説明します。また、退院時にも必ず薬剤師が出向き、退院後の服薬管理に関する説明を行った上で、お薬手帳に服用している薬のシールを貼り、他の医療機関への情報提供を行っています。

7) 治験事務局

治験事務局の写真

院内で行われている治験・臨床研究等を円滑に進めていくために、外部CRCと共に業務を行っています。また、医薬品メーカーからの市販後使用成績調査等の契約窓口業務も行っています。

8) 実務実習(薬学生)

実務実習(薬学生)の写真

当院は、実務実習受け入れ施設となっています。
松山大学をはじめ、徳島文理大学、神戸薬科大学、広島国際大学などから毎年3~6名程度ふるさと実習を受け入れています。

9) その他の活動

  1. 宇和島看護専門学校の講師(薬理学担当)
  2. 宇和島市、鬼北町の学校薬剤師
  3. 宇和島市内の中学生を対象としたインターンシップ受け入れ
  4. DMAT活動
取得資格 人員
日本静脈経腸栄養学会認定栄養サポートチーム(NST)専門療法士 3名
日本アンチ・ドーピング機構公認スポーツファーマシスト 1名
認定実務実習指導薬剤師 3名
日本病院薬剤師会薬学認定薬剤師 7名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 2名
DMAT隊員 1名

令和2年9月1日現在

2.施設見学

当薬局に興味がある方は、いつでも見学することができます。見学希望の方は、薬局(TEL:0895-25-1111)までご連絡ください。 また、ZOOMを使用したオンライン説明会も実施可能です。たくさんの応募、お待ちしております。

3.薬剤師募集

4.業務の総括

2019(令和元)年の6年制薬学教育の薬学生(5年次)の実務実習として、第1期(5月27日~8月9日):1名、第2期(8月26日~11月10日):3名を受け入れました。

年間目標としていた薬剤管理指導件数月700件については、月684件と目標に届きませんでした。

愛媛県薬剤師会宇和島支部の協力のもと、土祝祭日に救急外来(日勤帯)の院外処方せんを発行することができました。

令和2年年間目標

テーマ

  1. 病棟業務の充実
  2. 注射用抗がん剤の調製・混合

達成目標

  1. 薬剤管理指導件数:700件
  2. 後発医薬品の使用推進:80%

5.業務実績

令和元年 処方箋枚数

  外来処方箋(院外) 外来処方箋(院内) 入院処方箋
1月 9,173 959 5,091
2月 8,355 740 4,961
3月 8,997 720 4,813
4月 9,383 747 5,202
5月 9,364 816 5,288
6月 8,591 773 5,113
7月 9,866 818 5,728
8月 9,368 894 5,329
9月 8,884 715 5,086
10月 9,756 646 5,658
11月 8,959 626 5,022
12月 9,325 782 5,167
合計 110,021 9,236 62,458

令和元年 注射箋枚数

  外来注射 入院注射(定期) 入院注射(臨時) 入院注射(入院済)
1月 1,251 4,571 3,695 1,219
2月 1,148 4,477 3,318 1,064
3月 1,231 4,269 3,317 997
4月 1,148 4,968 4,071 1,098
5月 1,189 5,180 3,964 1,092
6月 1,090 4,895 3,825 1,019
7月 1,265 4,958 3,997 1,084
8月 1,193 5,130 4,053 1,104
9月 1,203 4,567 3,639 1,157
10月 1,273 5,026 4,167 1,139
11月 1,215 4,984 3,891 1,081
12月 1,198 4,633 3,717 1,108
合計 14,404 57,658 45,654 13,162

令和元年 薬剤管理指導業務実施状況

  総指導記録
患者数
総指導記録
服薬指導
請求
患者数
請求
ハイリスク
請求
服薬指導
請求
麻薬加算
請求
退院加算
1月 874人 1,439件 570人 152件 461件 12件 524件
2月 893人 1,387件 617人 154件 498件 6件 564件
3月 923人 1,455件 648人 133件 552件 9件 600件
4月 932人 1,513件 647人 168件 515件 6件 592件
5月 881人 1,483件 609人 180件 469件 4件 569件
6月 922人 1,507件 656人 175件 515件 6件 605件
7月 991人 1,656件 693人 202件 536件 12件 651件
8月 991人 1,582件 724人 167件 580件 7件 678件
9月 918人 1,485件 648人 181件 505件 2件 610件
10月 985人 1,583件 700人 169件 566件 7件 646件
11月 961人 1,487件 664人 171件 508件 5件 627件
12月 907人 1,400件 651人 169件 487件 5件 619件
合計 11,178人 17,977件 7,827人 2,021件 6,192件 81件 7,385件

令和元年 抗がん剤調製件数

  外来 入院
1月 256 151
2月 222 144
3月 227 145
4月 240 141
5月 266 129
6月 265 98
7月 293 180
8月 287 124
9月 267 151
10月 316 174
11月 293 140
12月 280 135
合計 3,212 1,712

令和元年 持参薬調査件数

1月 763
2月 667
3月 680
4月 727
5月 747
6月 724
7月 813
8月 748
9月 721
10月 774
11月 730
12月 649
合計 8,743

令和元年 治験管理室業務

治験審査委員会

治験 4件
製造販売後臨床試験 0件
製造販売後調査等(新規契約件数) 9件
(使用成績調査 3件)
(特定使用成績調査 4件)
(その他(副作用詳細調査を含む) 2件)
開催数 9回
迅速審査実施件数 8件

倫理委員会

新規審査 4件
(厚生科学研究 0件)
(公的研究費助成のある研究 0件)
(自主研究 1件)
(研究費助成のある自主研究 0件)
(未承認薬の使用 0件)
(医薬品の適応外使用 2件)
(その他 1件)
継続審査 1件
開催数 5回
迅速審査実施件数 6件
院内研修会 1回

臨床研究審査委員会

新規審査 22件
(自主研究 17件)
(研究費助成のある自主研究 0件)
(その他 5件)
継続審査 43件
開催数 9回

ヒトゲノム遺伝子解析研究審査委員会

新規審査 0件

CRC関与臨床研究(治験等を含む)

2件

▼医療関係者向け情報▼

6.学術的業績

1)学会発表

(地方会)

日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会(11月9-10日、高松)

西日本豪雨災害における当院薬剤師の災害活動報告
望月陽、大西由利子、氏家おりえ、清家仁、福本駒美、藤田聖人、竹内信人

2)座長

愛媛県病院薬剤師会南予支部薬学セミナー(1月12日、宇和島)

竹内信人:抗精神病薬処方の適正化~睡眠薬を中心に~

愛媛県病院薬剤師会南予支部薬学セミナー(2月9日、宇和島)

竹内信人:医薬品リスク管理計画(RMP)を活用した副作用モニタリング業務の構築

愛媛県病院薬剤師会南予支部薬学セミナー(3月9日、宇和島)

山内隆史:大腸がん治療の最新TOPICS

愛媛県病院薬剤師会南予支部薬学セミナー(6月1日、宇和島)

竹内信人:関連法規の改正に伴って、求められる薬剤師像

愛媛県病院薬剤師会南予支部薬学セミナー(8月31日、宇和島)

清家仁:消化器がん患者に対する栄養管理~がん患者はなぜやせるか~

愛媛県病院薬剤師会南予支部薬学セミナー(9月28日、宇和島)

竹内信人:チームで考える職業性曝露対策の構築

愛媛県病院薬剤師会南予支部薬学セミナー(11月16日、宇和島)

竹内信人:病院薬剤師が考える臨床課題と薬薬連携

愛媛県病院薬剤師会南予支部薬学セミナー(12月14日、宇和島)

竹内信人:がん治療において薬剤師は臨床推論をどのように活かすのか?