薬局

1.薬局について

薬局では、調剤、医薬品の供給、適切な医薬品情報の提供などの薬剤師業務を薬剤師14名、事務員1名(治験事務局担当)、パート6名(未資格・業務補助)で、調剤・製剤業務をはじめ、抗がん薬調製、薬剤管理指導業務、医薬品情報業務、TDM(解析)、治験事務局運営と多岐に渡って業務を行っています。病院内には24時間、365日薬剤師が常駐し、入院患者様のみならず、救急外来の患者様にも対応をしています。また、専門・認定薬剤師を取得している薬剤師もおり、NST、ICT、緩和ケア、糖尿病などチーム医療にも積極的に参加し、各々が薬の専門家として“力”を発揮しています。

 

業務内容

 

1) 調剤業務

調剤業務の写真

電子カルテによるオーダーリングシステムを使用し、外来患者様については、原則院外処方せんを発行しています。入院患者様については、医師から処方の指示が出ると薬局に処方せんが発行され、患者様の必要な時期に合わせて医薬品を調剤しています。また、必要に応じて検査値等を確認し、医薬品の適正使用を心がけています。

2) 注射薬業務

注射業務の写真

電子カルテによるオーダーリングシステムを使用し、医師から処方の指示が出ると薬局に注射処方箋が発行され、患者様の必要な時期に合わせて医薬品を調剤しています。 当院では1患者1トレイ、1施用ごとの袋詰めをして病棟へ払い出しています。また、必要に応じて検査値等を確認し、医薬品の適正使用を心がけています。

3) 医薬品情報管理業務

医薬品情報管理業務の写真

医薬品情報管理室には、常時1名以上の薬剤師が常駐しており、医師・看護師をはじめとする院内の各部署からの問い合わせに対応しています。医薬品情報は院内LAN上に掲載し、情報提供を行っています。また、保険調剤薬局からの地域医療支援システム「きさいやネット」に対する問い合わせ窓口にもなっています。

4) 医薬品管理業務

医薬品管理業務の写真

薬局をはじめ、各科外来・各病棟の在庫管理を行い、適正在庫に努めています。また、災害時に備え、院内在庫とは別に災害在庫を備えています。

5) 製剤業務

クリーンベンチを備えたクリーンルームでは院内製剤(心保護液、点眼液など)を調製しています。抗がん薬は完全外部排気型の安全キャビネットを備えた抗がん薬調製室で調製しています。 当院では、全ての抗がん薬(アンプル製剤など一部除く)の調製には、Phasealやケモセーフといった閉鎖式接続器具を使用して調製を行い、調製者・施用者に対する抗がん薬の曝露対策を心がけています。

6) 薬剤管理指導業務

全ての病棟に薬剤師を配置し、入院時に患者様が入院前に服用されている薬の確認(持参薬管理)を行います。入院中にはベッドサイドにて、患者様やご家族の方に対し、服用している薬の働きや副作用、注意すべきことなどを説明します。また、退院時にも必ず薬剤師が出向き、退院後の服薬管理に関する説明を行った上で、お薬手帳に服用している薬のシールを貼り、他の医療機関への情報提供を行っています。

7) 治験事務局

治験事務局の写真

院内で行われている治験・臨床研究等を円滑に進めていくために、外部CRCと共に業務を行っています。また、医薬品メーカーからの市販後使用成績調査等の契約窓口業務も行っています。

8) 実務実習(薬学生)

実務実習(薬学生)の写真

当院は、実務実習受け入れ施設となっています。松山大学をはじめ、徳島文理大学、神戸薬科大学などからのふるさと実習を受け入れています。毎年3~6名程度薬学生を受け入れています。

9) その他の活動

  1. 宇和島看護専門学校の講師(薬理学担当)
  2. 宇和島市、鬼北町の学校薬剤師
  3. 宇和島市内の中学生を対象としたインターンシップ受け入れ
  4. DMAT活動
取得資格 人員
日本病院薬剤師会認定がん薬物療法認定薬剤師 2名
日本緩和医療薬学会認定緩和薬物療法認定薬剤師 1名
日本静脈経腸栄養学会認定栄養サポートチーム(NST)専門療法士 2名
小児薬物療法認定薬剤師 1名
日本アンチ・ドーピング機構公認スポーツファーマシスト 3名
認定実務実習指導薬剤師 3名
日本薬剤師研修センター認定薬剤師 5名
DMAT隊員 2名

平成29年10月1日現在

2.施設見学

当薬局に興味がある方は、いつでも見学することができます。 見学希望の方は、薬局(TEL:0895-25-1111)までご連絡ください。 お待ちしております。

3.薬剤師募集

4.業務の総括

2017(平成29)年の6年制薬学教育の薬学生(5年次)の実務実習として、第1期(5月8日~7月21日):3名、第2期(9月4日~11月17日):3名を受け入れました。

年間目標としていた薬剤管理指導件数 月750件については、退職等の薬剤師減により743件に留まり、わずかに達成できませんでした。

病棟薬剤業務(専任薬剤師を全病棟に配置)実施に向け、一部の病棟で試験的に実施しましたが、抗がん剤調製など他の業務との兼ね合いから、病棟数・業務時間を増やすことができませんでした。

平成30年年間目標

テーマ

  1. 病棟業務の充実
  2. 抗がん剤の調製・混合の完全実施

達成目標

  1. 薬剤管理指導件数:700件
  2. 医薬品に関するインシデントの減少

5.業務実績

平成29年 処方箋枚数

  外来処方箋(院外) 外来処方箋(院内) 入院処方箋
1月 10,130 1,179 5,077
2月 9,487 828 5,257
3月 10,664 885 5,216
4月 9,884 849 4,919
5月 10,060 1,024 5,587
6月 10,282 737 5,359
7月 9,734 919 5,224
8月 10,532 939 5,365
9月 9,906 750 5,369
10月 9,940 716 5,758
11月 9,706 678 5,408
12月 9,633 1,005 5,353
合計 119,958 10,509 63,892

平成29年 注射箋枚数

  外来注射 入院注射(定期) 入院注射(臨時) 入院注射(入院済)
1月 1,272 4,919 3,837 1,133
2月 1,278 4,725 3,491 1,195
3月 1,500 5,198 3,554 1,230
4月 1,391 4,723 3,257 1,109
5月 1,424 5,414 3,936 1,282
6月 1,339 5,000 3,455 1,076
7月 1,382 4,329 3,268 1,082
8月 1,442 4,705 3,335 1,193
9月 1,401 5,173 3,565 1,108
10月 1,419 5,072 3,889 1,458
11月 1,380 4,592 3,482 1,162
12月 1,365 4,831 3,537 1,150
合計 16,593 58,681 42,606 14,178

平成29年 薬剤管理指導業務実施状況

  総指導記録
患者数
総指導記録
服薬指導
請求
患者数
請求
ハイリスク
請求
服薬指導
請求
麻薬加算
請求
退院加算
1月 879人 1,435件 575人 166件 476件 14件 459件
2月 916人 1,417件 667人 194件 541件 9件 546件
3月 991人 1,553件 710人 206件 564件 9件 609件
4月 911人 1,437件 662人 173件 559件 7件 543件
5月 989人 1,496件 700人 205件 542件 12件 575件
6月 975人 1,557件 725人 213件 591件 16件 638件
7月 884人 1,400件 607人 182件 479件 7件 499件
8月 1,016人 1,588件 747人 192件 619件 7件 633件
9月 966人 1,504件 711人 221件 548件 8件 603件
10月 978人 1,551件 692人 188件 567件 13件 592件
11月 967人 1,493件 685人 178件 575件 9件 578件
12月 910人 1,455件 685人 208件 540件 8件 589件
合計 11,382人 17,886件 8,166人 2,326件 6,601件 119件 6,864件

平成29年 抗がん剤調製件数

  外来 入院
1月 167 176
2月 162 192
3月 223 209
4月 227 153
5月 240 165
6月 207 113
7月 194 143
8月 205 127
9月 202 144
10月 240 98
11月 244 117
12月 188 93
合計 2,499 1,730

平成29年 持参薬調査件数

1月 773
2月 649
3月 751
4月 683
5月 739
6月 721
7月 711
8月 738
9月 697
10月 771
11月 710
12月 681
合計 8,624

平成29年 治験管理室業務

治験審査委員会

治験 6件
製造販売後臨床試験 0件
製造販売後調査等(新規契約件数) 9件
(使用成績調査 3件)
(特定使用成績調査 3件)
(その他(副作用詳細調査を含む) 3件)
開催数 9回
迅速審査実施件数 1件

倫理委員会

新規審査 8件
(厚生科学研究 0件)
(公的研究費助成のある研究 0件)
(自主研究 1件)
(研究費助成のある自主研究 0件)
(未承認薬の使用 0件)
(医薬品の適応外使用 5件)
(その他 2件)
継続審査 0件
開催数 7回
迅速審査実施件数 7件
院内研修会 2回

臨床研究審査委員会

(平成22年6月より倫理委員会の一部内容を当委員会に移行)

新規審査 29件
(自主研究 18件)
(研究費助成のある自主研究 3件)
(その他 8件)
継続審査 29件
開催数 8回

ヒトゲノム遺伝子解析研究審査委員会

新規審査 2件

CRC関与臨床研究(治験等を含む)

9件

▼医療関係者向け情報▼

6.学術的業績(2017年1月1日~12月31日)

1)座長

薬学セミナー(1月21日、宇和島)

竹内信人:薬剤師に知って欲しい最近の医療安全の考え方

薬学セミナー(2月5日、宇和島)

竹内信人:ニボルマブの効果と副作用とそのマネジメント

特別講演会(3月8日、宇和島)

竹内信人:

  1. 医療法に基づく医療監視について
  2. 医薬品等の管理について~医療監視の観点から~
  3. 麻薬及び向精神薬取締法に基づく医薬品の管理について

薬学セミナー(4月15日、宇和島)

竹内信人:病院薬剤師が地域に貢献するには?~薬薬連携を使って医療制度に対応する~

薬学セミナー(5月13日、宇和島)

福本駒美:腎機能低下時における抗菌薬TDMの注意点

薬学セミナー(6月17日、宇和島)

清家仁:薬剤師養成を目指した新たな臨床教育~改定コアカリキュラムに対応した実務実習とは~

薬学セミナー(7月15日、宇和島)

山内隆史:がん疼痛治療における緩和ケアチームの現状と薬薬連携の推進に向けた取り組み

薬学セミナー(9月9日、宇和島)

竹内信人:

  1. 変貌する6年制薬学教育
  2. 臨床からのニーズに基づく研究(抗がん剤の副作用対策を中心に)

薬学セミナー(9月16日、宇和島)

竹内信人:抗がん薬曝露対策と皮膚障害対策~医療現場で求められること~

薬学セミナー(11月11日、宇和島)

竹内信人:造血器腫瘍に対する薬物療法と副作用マネージメント

薬剤耐性(AMR)対策研修会(11月18日、宇和島)

福本駒美:

  1. 抗菌薬の基礎的な考え方と身近な感染症
  2. 抗菌薬の適正使用推進におけるプレアボイドシステムの活用

2)講演・講義等

愛媛県病院薬剤師会講演会(2月11日、松山)

山内隆史:当院緩和ケアチームの現状と今後の薬薬連携について