心臓血管外科

1.研修・認定施設

  • 3学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定修練関連施設(愛媛大学医学部附属病院)

2.スタッフ紹介

科長兼MEセンター長 坂尾 寿彦(さかお としひこ)

資格・認定 日本外科学会指導医・外科専門医・認定医
日本胸部外科学会認定医
日本循環器学会専門医
三学会構成心臓血管外科専門医
心臓血管外科修練指導者
日本医師会認定産業医
主な専門領域 心臓血管外科
主な所属学会 日本外科学会
日本胸部外科学会
日本心臓血管外科学会
アジア心臓血管外科学会
日本冠動脈外科学会
日本血管外科学会
日本循環器学会
日本臨床外科学会
日本消化器外科学会
日本小児外科学会
日本人工臓器学会
日本移植学会
日本超音波学会
ドクターから一言 真面目、正直、一生懸命に患者様に向き合うことを大切にしています。まず「患者様のそばで」を心がけています。一言話すだけで癒すことのできる医者をめざしています。治療に対する説明はセカンドオピニオンも含め十分に行い、身の丈にあった診療を行っています。地方公立病院ですが、できるだけ中央と差のでないよう、より安全で侵襲の少ない手技は早期に導入しています。

医長 石田 直樹(いしだ なおき)

資格・認定 日本外科学会外科専門医
マンモグラフィ読影試験B評価
主な専門領域  
主な所属学会 日本外科学会
日本臨床外科学会
ドクターから一言 1つ1つ経験を積んで精一杯がんばります。

3.診療の総括

心臓外科手術の症例数は1例でした。経皮的ペースメーカ挿入困難例の心筋電極植え込みが2例ありました。

腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術を施行していましたが、施設認定の関係で他院に紹介しています。

開腹による腹部大動脈瘤手術症例数は変わりませんでした。下肢静脈瘤の症例数は減少しました。

ほとんどの症例を外来手術で行っていますが、術後経過は良好です。

4.診療実績

2017年手術症例数

心臓血管外科手術 83例

大動脈弁置換術 1例
ペースメーカ植え込み(心筋電極) 2例
腹部大動脈瘤 8例(破裂 4例)
下肢動脈バイパス術 5例
動脈血栓除去術 4例
仮性動脈瘤 3例
末梢動脈瘤 2例
下肢静脈瘤手術 58例
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2017年1月1日~12月31日)

(以下に記載したもの以外の学術的業績は、外科に含まれている。)

1)座長

第68回愛媛心臓血管外科懇話会(6月10日、松山)

坂尾寿彦:一般演題

2)講演・講義他

平成29年度赤十字血液シンポジウム(8月5日、松山)

坂尾寿彦:血液製剤(赤血球)の使用指針の改定点と適正使用に対する当院の取り組み