消化器内科、胃腸内科、肝臓内科

1.研修・認定施設

  • 日本内科学会教育病院認定施設
  • 日本消化器病学会専門医認定関連施設
  • 日本消化器内視鏡学会指導連携施設
  • 日本肝臓学会認定関連施設

2.スタッフ紹介

消化器内科主任科長 宮田 英樹(みやた ひでき)

資格・認定 日本内科学会 認定医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本膵臓学会 指導医
日本胆道学会 指導医
主な専門領域 胆膵領域
ドクターから一言 南予の医療に少しでも役に立てるように頑張ります。

消化器内科科長 多田 藤政(ただ ふじまさ)

資格・認定 日本内科学会認定内科医
日本肝臓学会専門医、西部会評議員
日本消化器病学会専門医、四国支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医
日本緩和医療学会認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医、指導医
主な専門領域 肝臓
ドクターから一言 患者様に寄り添い、わかりやすく、丁寧な説明をこころがけています。わからないことや不安なことがあれば遠慮せずにお申しつけ下さい。微力ですが皆様のお役に立てるように精いっぱい頑張ります。

消化器内科副科長 上杉 和寛(うえすぎ かずひろ)

資格・認定  
主な専門領域  
ドクターから一言  

消化器内科医長 田中 大輔(たなか だいすけ)

資格・認定  
主な専門領域  
ドクターから一言  

消化器内科医員 首藤 聖弥(すどう せいや)

資格・認定  
主な専門領域 消化器内科
ドクターから一言 少しでも患者様のお役に立てるよう、医療に貢献できるようにがんばります。

消化器内科医員 栗原 渉(くりはら わたる)

資格・認定  
主な専門領域 内科
ドクターから一言 消化器内科に勤めています。宇和島市に住むのは初めてですが、何卒よろしくお願いいたします。

消化器内科医員 川野 萌(かわの もゆ)

資格・認定  
主な専門領域 消化器
ドクターから一言 南予の医療に貢献できるよう、日々精進いたします。

3.診療の総括

消化管領域

上部・下部消化管内視鏡検査を中心に診断・治療を行っており、県内でも有数の症例数を誇っています。

  • 1)早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は手技の安定が進み、より安全でより確実な一括切除ができるようになりました。
  • 2)出血性病変に対する緊急内視鏡検査や止血術は増加していますが、ほぼ確実に止血術が行えています。
  • 3)大腸ポリープ等の内視鏡的切除も確実に増加しています。さらに、大腸においてもESDを導入後、徐々に症例数も増加してきています。
  • 4)炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)に対しても、抗ヒトTNFα抗体製剤投与、白血球除去療法など、引き続き個々の患者にあった治療を心がけています。
  • 5)小腸カプセル内視鏡検査を導入し、小腸疾患診療に関して標準的な検査・治療が可能となりました。さらに、大腸カプセル内視鏡検査も導入されました。引き続き、日常診療に加え消化器内科医師の教育施設としても研鑽を積んでいます。

肝臓領域

ウイルス性肝炎、肝硬変の診断および最新の治療を行っています。

  • 1)B型肝炎に対しては、エンテカビル、テノホビルをはじめとする抗ウイルス剤の適応を判断しています。
  • 2)C型肝炎に対しては、95%以上の症例で8週-12週間の内服治療でC型肝炎ウイルスの排除が可能となっており、当院でも治療を行なっています。
  • 3)肝臓癌に対しては、腫瘍進行度、肝予備能を正しく評価した上で、治療としてラジオ波焼灼術(RFA)、肝動脈塞栓療法(TACE)、全身化学療法など集学的治療を行っています。
  • 4)重篤な原因不明の肝障害や劇症肝炎などに対しては、愛媛大学第3内科と提携して転院加療、肝臓移植などを検討しています。
  • 5)患者さま、市民への広報活動の一環として肝臓病教室も継続しています。

胆道・膵臓領域

2016年4月より、超音波内視鏡(EUS)専用機が導入され、胆膵領域の診断能が向上しました。同機器を用いた腫瘍生検(EUS-FNA)も積極的に行っています。腹部超音波検査、CT、MRIによる胆管膵管検査(MRCP)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)などの画像検査を駆使して診断・治療を行っています。悪性胆道狭窄に対しては、適応病変に内視鏡的ステント挿入術を行うことで、ADLの向上を認めています。胆道・膵癌に対する化学療法も積極的に行っています。

また当院では2018年6月からデジタル型経口胆道鏡 SpyGlass™ DSを導入しました。全国的にも導入されている施設は少なく、今までのERCPでは困難であった診断や治療に用いることが可能となりました。経口胆道鏡(peroral cholangioscope: POCS)は十二指腸鏡(親スコープ)を介して経乳頭的に細径の胆道鏡(子スコープ)を直接胆管内に挿入し胆管内腔を観察する検査法であり、従来使用されていた電子経口胆道鏡などと比較して細径化、画像も鮮明になり、また簡便性、操作性に優れています。通常のERCPでは困難であった巨大結石や積み上げ結石などの治療ではEHL: Electrohydraulic Lithotripsy(電気水圧衝撃波)を用いることで直接結石を視認して砕石することが可能となりました。また胆道癌などでは直視下で生検も可能であり、確定診断や術前の範囲診断に有用です。

4.診療実績

1.消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)

検査・治療症例数 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
上部消化管内視鏡検査 5,286 5,408 5,214 5,310 4,155
大腸内視鏡検査 1,952 1,520 1,792 1,376 1,714
大腸カプセル内視鏡検査 0 0 0 0 0
小腸内視鏡検査 15 7 6 12 11
小腸カプセル内視鏡検査 24 11 4 6 6
胃内視鏡治療(そのうちESD) 84(73) 74(63) 116(47) 119(46) 45(37)
大腸内視鏡治療(そのうちESD) 299(10) 381(13) 464(5) 524(12) 531(13)
緊急内視鏡検査および止血術 286 287 330 506 271

2.肝臓

検査・治療症例数 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
腹部超音波検査 3,787 3,963 4,076 4,077 3,754
腹部血管造影および動脈塞栓術 69 61 63 41 40
肝腫瘍局所治療(PEIT, RFA) 16 18 11 6 16
肝臓生検 37 46 42 30 38

3.胆・膵臓疾患

検査・治療症例数 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
内視鏡的逆行性胆膵管造影検査・処置 424 404 422 415 362
経皮経肝胆管・胆嚢・膿瘍ドレナージ 39 32 17 14 19
超音波内視鏡検査(そのうちFNA) 16(3) 37(9) 59(18) 107(24) 136(21)
胆道鏡検査(スパイグラスDS) - - 7 10 2
  • 1) 2012年10月より、小腸カプセル内視鏡検査導入
  • 2) 2014年10月より、大腸カプセル内視鏡検査導入
  • 3) 2016年4月より、内視鏡超音波(EUS)専用機を導入
  • 4) 2018年6月からデジタル型経口胆道鏡 SpyGlass™ DSを導入
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2020年1月1日~12月31日)

2)論文報告

  1. Noritoshi Kobayashi, Katsuhiro Omae,Yosuke Horita, Hideki Ueno, Nobumasa Mizuno, Kazuhiro Uesugi, Kentaro Sudo, Masato Ozaka, Hideyuki Hayashi, Naohiro Okano, Keiko Kamei, Atsushi Yamaguchi, Satoshi Kobayashi, Shuhei Suzuki, Shin Ishihara, Takashi Uchiyama, Akiko Todaka, Akira Fukutomi:
    FOLFIRINOX as second-line chemotherapy for advanced pancreatic cancer:A subset analysis of data from a nationwide multicenter observational study in Japan.
    Pancreatology 2020 Oct; 20(7): 1519-1525.
  2. 大野芳敬、沼田結希、岡田正也、矢野怜、奥嶋優介、上杉和寛、多田藤政:
    治療困難総胆管結石に対するデジタル型経口胆道鏡下治療の有用性.
    南予医学雑誌 2020;20(1):30-37.
  3. 矢野怜、大野芳敬、岡田正也、奥嶋優介、沼田結希、上杉和寛、多田藤政、梶原伸介、中西護、松影昭一:
    術後3年目に再発をきたした10mm以下の胃神経内分泌腫瘍の1例.
    南予医学雑誌 2020;20(1):66-72.

3)学会発表

(総会)

第106回日本消化器病学会総会 (8月11-31日、広島→Web)

rAE腸炎の使用レジメンによる臨床的特徴についての検討
首藤聖弥、山本安則、北畑翔吾、小西佳奈子、白石佳奈、橋本悠、丹下和洋、花山雅一、川村智恵、富田英臣、竹下英次、池田宜央、日浅陽一

第99回日本消化器内視鏡学会総会 (9月2-3日、京都・Web)

ニボルマブに伴う免疫関連有害事象と鑑別を要したS-1による化学療法誘発性小腸炎の一例
首藤聖弥、山本安則、北畑翔吾、小西佳奈子、白石佳奈、橋本悠、丹下和洋、花山雅一、川村智恵、富田英臣、竹下英次、池田宜央、日浅陽一

(地方会)

第125回日本消化器内視鏡学会四国支部例会(12月19-20日、松山)

  1. 当院における治療困難総胆管結石に対する治療法の検討
    大野芳敬、實藤洋伸、首藤聖弥、岡田正也、奥嶋優介、上杉和寛、多田藤政
  2. 内科的治療で救命し得た胆嚢穿孔の一例
    矢野怜、大野芳敬、多田藤政、上杉和寛、沼田結希、奥嶋優介、岡田正也
  3. 腐食性食道炎による食道狭窄に対しステロイド併用内視鏡的バルーン拡張術によって外科的治療を回避できた 1例
    實藤洋伸、山本安則、首藤聖弥、岡田正也、沼田結希、奥嶋優介、上杉和寛、多田藤政、大野芳敬

第114回日本消化器病学会四国支部例会(12月19-20日、松山)

  1. 膵癌との鑑別に苦慮した膵末梢性T細胞リンパ腫の1例
    大久保芽衣、實藤洋伸、首藤聖弥、岡田正也、奥嶋優介、上杉和寛、多田藤政、大野芳敬
  2. 経乳頭的生検で診断しえた胆道原発悪性リンパ腫の一例
    奥嶋優介、實藤洋伸、首藤聖弥、岡田正也、上杉和寛、多田藤政、大野芳敬

(研究会)

第7回愛媛肝胆膵腫瘍研究会(2月22日、松山)

当院におけるEUS-FNA診療の現状と課題 -穿刺ルート別EUS-FNA診断率の検討-
大野芳敬

4)座長

宇和島医師会学術講演会(8月21日、宇和島)

多田藤政 :ウイルス性肝炎のトータルマネージメント
原土井病院 院長 野村秀幸

IBDを語る会(10月8日、宇和島)

大野芳敬 :実臨床でのIBD治療戦略
済生会松山病院 副院長・内視鏡センター長 村上英広

循環器・消化器フォーラム(10月26日、宇和島)

大野芳敬 :循環器医に知ってほしいLDAによる消化管粘膜傷害:現状と対策 
京都府立医科大学 内視鏡・超音波診療部 准教授 内藤裕二

宇和島医師会学術講演会(12月11日、宇和島)

多田藤政:病診連携を介したウイルス肝炎撲滅の道
愛媛大学大学院 消化器内分泌代謝内科 講師 渡辺崇夫

5)講演・講義他

令和元年度愛媛県肝炎医療コーディネーター養成講習会(1月9日、西予)

多田藤政:肝疾患の基礎知識2(肝細胞癌の診断・治療)

日本消化器病学会四国支部例会:市民公開講座2020秋(9月13日、松山)

大野芳敬:テーマ 知らないと損する「すい臓がんのお話」Part 6「すい臓がんになりにくくするには?」