呼吸器外科

1.研修・認定施設

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定関連施設(京都大学医学部附属病院)
  • 日本胸部外科学会認定医認定制度関連施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

2.スタッフ紹介

科長兼救命救急センター長 根津 賢司(ねづ けんじ)

資格・認定 日本外科学会外科専門医、指導医
呼吸器外科学会専門医
日本がん治療認定医
肺がんCT検診認定医
日本消化器外科学会認定医
日本DMAT隊員
JATECコース修了
主な専門領域 呼吸器外科、災害医療
主な所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本肺癌学会、
日本呼吸器内視鏡学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会
ドクターから一言 「患者様から学び、患者様に還元する医療、研究、教育」を大切にしながら頑張りたいと思います。
21世紀の外科を一緒に支えてくれる、ハートのある若手外科医の集まるチームを今後も育成していくのが夢です。

3.診療の総括

呼吸器外科は2015年4月より新設され、外科、心臓血管外科のメンバーとともに全体で携わっています。現在、当院では呼吸器内科の常勤医は不在ですが、愛媛大学医学部より濱田千鶴医師、愛媛県総合保健協会診療所長の西村一孝医師に非常勤で来ていただき、連携しながら呼吸器内科領域も当科にて対応しています。

呼吸器外科の治療領域は原発性肺がん、転移性肺がん、胸腺腫などの縦隔腫瘍に加え、炎症性肺腫瘤(肺真菌症、結核腫など)、自然気胸、血胸、多汗症、重症筋無力症、外傷(肋骨骨折による外傷性気胸、血胸など)、膿胸など多岐にわたります。

当科では上記の領域の診断(各種画像検査、気管支鏡検査など)から治療(外科治療、化学療法など)、またその後の経過フォローや緩和ケアに至るまで対応しています。

特に、現在肺癌は本邦においても増加の一途をたどっており、検診の普及により早期の肺癌が増えていますが、依然として進行肺癌も増えています。当院では、迅速かつ正確な判断に基づき、患者様一人一人の病状を考慮しつつ、患者様一人一人に対し最適かつ安全な治療方針を決定しています。またクリニカルパスという管理方式を徹底し、手術の安全性も含め、きわめて高いものになっています。

2017年の呼吸器外科手術件数は56例、うち原発性肺癌31例、転移性肺癌5例、自然気胸10例、良性肺腫瘍2例、縦隔腫瘍3例、膿胸3例、外傷性血気胸2例でありました。また年間手術中、胸腔鏡下手術が約9割を占めています。現在、標準的な肺癌手術では、安全性、根治性を確保しつつ胸腔鏡を併用したり、機能温存のための区域切除など、身体にかかる負担を少なくし、より早い術後回復を促し、手術後4日~10日程度で退院することが可能となってきています。

日本は世界一の長寿国です。肺癌患者様も高齢化しています。その為に肺癌の治療に際して、高血圧、心臓病、糖尿病、その他の合併症をお持ちの方も数多く見られます。そのような方々に対しては、当院が総合病院であるという特性を生かし、他の専門科との連携と協力体制のもと、安全に手術が受けられる環境を整備しています。

今後とも日々診療や治療の技術を磨き、『患者様から学び、患者様に還元する医療』の理念にのっとり、毎日の診療経験から学んだことを臨床や研究にフィードバックし、地域医療に貢献したいと思っていますので、お気軽にご相談いただければと思います。

加えて、21世紀の外科を一緒に支えてくれる、夢の実現を分かち合えるハートのあるブラックジャックを目指す外科医も募っていますし、若人の来てくれる魅力のある診療科を目指して日々精進していくつもりです。

4.診療実績

手術症例数 2015年 2016年 2017年
総症例数 73例(鏡視下手術67例) 67例(鏡視下手術58例) 56例(鏡視下手術53例)
原発性肺癌 31例(29例) 34例(30例) 31例(30例)
肺葉切除 22例(19例) 22例(20例) 17例(16例)
区域切除 1例(1例) 3例(2例) 3例(3例)
部分切除 8例(8例) 9例(8例) 10例(10例)
転移性肺癌 14例(13例) 8例(7例) 5例(4例)
肺葉切除 3例(2例) 2例(1例) 0例(0例)
部分切除 11例(11例) 6例(6例) 5例(4例)
縦隔腫瘍 5例(3例) 4例(0例) 3例(2例)
自然気胸 14例(14例) 10例(10例) 10例(10例)
良性肺腫瘍 7例(6例) 5例(5例) 2例(2例)
膿胸 2例(2例) 2例(2例) 3例(3例)
外傷性血気胸 - 2例(2例) 2例(2例)
多汗症 - 1例(1例) -
横隔膜腫瘍 - 1例(1例) -
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2017年1月1日~12月31日)

1)学会発表

(国際学会)

Society of American Gastrointestinal and Endoscopic Surgeons (SAGES) 2017(3月22-25日、ヒューストン)

A case of video-assisted thoracoscopic transdiaphragmatic surgery with a preoperative three-dimensional computed tomography visualization system for lung metastasis and subphrenic dissemination of rectal carcinoma.
Kenji Nezu MD, PhD, Naoki Mukai MD, Yusuke Nishi MD, Katsuhiro Tomofuji MD, Takaaki Takebayashi MD, Naoki Ishida MD, Hajime Satoh MD, PhD, Yoshinori Imai MD, PhD, Jota Watanabe MD, PhD, Toshihiko Sakao MD, PhD, Shinsuke Kajiwara MD, PhD

(総会)

第26回日本呼吸器外科医会冬季学術集会(2月24-26日、長野・立科)主催

会長:根津賢司

  1. 右肺門部過誤腫に対し胸腔鏡補助下腫瘍核出術を施行し得た1例
    友藤克博、根津賢司、石田直樹、兼定弦、日下部恵梨菜、中川みく、向井直樹、西悠介、佐藤創、今井良典、渡邊常太、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 直腸癌術後肺転移、横隔膜下腹膜播種結節に対し、3D-CTを用いて安全に胸腔鏡下経横隔膜的アプローチにて切除し得た1手術例
    西悠介、根津賢司、石田直樹、兼定弦、日下部恵梨菜、中川みく、向井直樹、友藤克博、佐藤創、今井良典、渡邊常太、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第34回日本呼吸器外科学会総会(5月18-19日、福岡)

術中迅速病理検査にて肺腺癌と診断された肺硬化性肺胞上皮腫の1手術例:術中迅速病理誤診に対する予防策
根津賢司、中川みく、兼定弦、向井直樹、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、今井良典、渡邊常太、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介、松影昭一

第79回日本臨床外科学会総会(11月23-25日、東京)

右肺門部過誤腫に対し胸腔鏡補助下腫瘍核出術を施行し得た1例
根津賢司、友藤克博、石田直樹、兼定弦、中川みく、向井直樹、西悠介、佐藤創、今井良典、中村太郎、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

(研究会)

第64回西四国肺癌研究会(6月17日、松山)

術中迅速病理検査にて肺腺癌と診断された肺硬化性肺胞上皮腫の1手術例:術中迅速病理誤診に対する予防策
根津賢司、中川みく、兼定弦、向井直樹、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、今井良典、渡邊常太、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介、松影昭一

2)座長

第303回南予呼吸器検討会(2月8日、宇和島)

根津賢司:「肺癌診療ガイドライン2016と当院での現状」
愛媛県立中央病院 呼吸器内科 主任部長 井上考司

南予呼吸器疾患セミナー (9月21日、宇和島)

根津賢司:

  • 「宇和島地区での喘息治療においての病診連携について」
    愛媛大学大学院医学系研究科 循環器・呼吸器・腎高血圧内科学講座 医員 濵田千鶴
  • 「気管支喘息についての最近の話題~中予地区での取り組みも踏まえて~」
    愛媛大学医学部付属病院 呼吸器センター 特任講師 濱口直彦

3)講演・講義他

第7回愛媛大学救急医学 献体による外傷手術手技研究会(1月21日、東温)

根津賢司:胸部外傷時の緊急開胸対応

Scientific Exchange Meeting (3月17日、松山)

根津賢司:ディスカスタント

平成29年度市立八幡浜総合病院災害講演会(6月23日、八幡浜)

根津賢司:市立宇和島病院の地震災害対策の現状

呼吸器外科サマースクール(7月8日、神戸)

根津賢司:皮膚縫合・摘出心肺講義

第21回日本気胸肺嚢胞学会総会ランチョンセミナー(9月9日、久留米)

根津賢司:気胸に対する肺嚢胞切除の変遷と工夫について

えひめ難治性呼吸器感染症を考える会(11月15日、松山)

根津賢司:NTMと真菌感染症合併についてのディスカッション
(シンポジスト)