院内がん登録

平成25年12月「がん登録等の推進に関する法律」が成立し、がん登録が法制化されました。これに基づき当院は院内がん登録をおこなっております。

院内がん登録とは、その施設におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者の支援をめざして活動をおこなうものです。がんの診断・治療を受けた全患者について、がんの診断治療、予後に関する情報を登録する仕組みです。診療科や入院外来毎ではなく、腫瘍毎(1腫瘍1登録)の登録をおこない次の諸活動をおこないます。

  1. がん患者の受療状況の把握
  2. 院内がん患者の生存率の計測
  3. 病院の対がん医療活動の企画、評価のための資料提供
  4. 診療活動の支援、研修、教育のための資料提供
  5. 臨床疫学研究の支援
  6. 院内がん患者の継続受診支援
  7. 地域がん登録への届出

当院では、国立がん研究センターがん対策情報センターの研修を受講した診療情報管理士が登録をおこなっています。

※なお、個人情報につきましては、法令、宇和島市個人情報保護条例に則り、当院の個人情報保護方針を定め適正に取扱い、保護、管理しています。

  • この集計は、「がん登録でみる愛媛県のがん診療2018施設別集計(院内がん登録2016年診断症例より)愛媛県がん診療連携協議会 がん登録専門部会」から抜粋させて頂いています。又、参考値として「がん診療連携拠点病院 院内がん登録 全国集計 報告書」国立がん研究センター がん対策情報センターを利用させて頂いています。
  • 参考値の愛媛県は、愛媛県がん診療連携拠点病院全7施設のデータです。愛媛県の全患者を網羅しているわけではありません。同一症例が複数施設で登録されている場合があります。
  • 2012年診断症例より、UICC TNM分類 第7版を使用しています。

集計データについて

2016年は「がん診療連携拠点病院院内がん登録2016年 全国集計」に提出したデータを用いています。

2012年~2015年診断症例の集計結果は2017年7月時点での院内がん登録のデータを基にしています。

2012年~2015年診断症例の「症例区分8」(セカンドオピニオン等の症例)、2016年診断症例の「症例区分80」(分類不能の症例)を含めて集計を行うと、施設間比較の可能性が損なわれるという理由から除外して集計しています。

集計値が9以下の場合は、『1~3』、『4~6』、『7~9』と値を表示しています。

宇和島医療圏の地図

担当医療圏:宇和島
(宇和島市、北宇和郡、南宇和郡)

担当医療圏における患者住所の割合:79.8%

(症例区分80を含む)