EDUCATIONAL SYSTEM

教育体制

看護部教育委員会の活動

(目的)

  • 看護職員の教育を推進し、質の高い看護サービスが提供できる人材を育成する。

令和2年度看護部教育目標

  1. 看護専門職として必要な知識・技術・態度を習得し、実践を通して臨床実践能力が向上できる職員を育成する。

  2. 学習と看護実践が一致し、根拠に基づいた質の高い看護が提供できる看護職員を育成する。

  3. 新人看護職員研修体制の充実を図り、「看護部全体で新人を育成する意識」を持った看護職員を育成する。

段階的教育

固定チームナーシングによる教育

教育委員会の活動

チームで活動 1新人育成,2現任教育,3看護研究

新人教育
新人育成・プリセプター

目的

看護専門職として必要な知識・技術・態度を磨き、豊かな人間性を養い、責任のある看護実践ができる人材を育成する。

目標

  1. 社会人、組織人(専門職人)としての自覚を養う。
  2. 安全な医療を提供するために、基礎知識・技術を身に付け看護実践能力を養う。
  3. 固定チームナーシングを理解し、メンバーとしての役割が取れる。
  4. 専門職としての自覚を持ち、自己研鑽に努める。

Pearl Nurse Support System

各部署

令和2年度新人教育計画

時期 項目 研修
4月 オリエンテーション

公務員の在り方

病院事業の概要

地方公務員法、福利厚生

接遇について(院外講師)

個人情報と診療情報管理

健康管理と健康診断

リスクマネジメント

院内感染対策

医療サービスと診療報酬制度

防災、放射線、電子カルテ

薬について、麻薬の取り扱い

看護部の理念

ストレスマネジメント

検査、輸血

看護記録、電子カルテ実践

中央材料室の業務

固定チームナーシング

看護部院内教育・ラダー

看護必要度

聴く力(動画講義)

上手な叱られ方(動画講義)

認知症ケア

手術室見学・説明

看護倫理・接遇


基礎看護技術

①救急看護 BLS実践

②輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い

③注射・点滴

④無菌操作

⑤酸素療法・吸引

⑥与薬

⑦口腔ケア

⑧患者移送


褥創予防・ポジショニング

2年目看護師とのふれあいタイム


「医療チームの一員として働く」

先輩・看護師と教育委員を交えた研修

5月  

クリニカルパスについて

採血・注射実技研修

看護記録①(電子カルテの使い方と記録の仕方)

リフレッシュ研修(院外研修)

6月  

医療安全の基本を知る(動画研修)

インシデントレポート(書き方と入力方法)

臨床心理士によるセルフコントロール

看護記録②(看護診断とテンプレート入力)

感染予防対策

7月  

輸血の取り扱い

MRI磁場体験

心電図モニター

フォローアップ研修①

8~10月  

夜勤シミュレーション

糖尿病看護のポイント・糖尿病薬の効果

フォローアップ研修②

インシデント報告より

11~12月 12ヶ月目振り返り評価

輸液ポンプとシリンジポンプ(テスト)

フィジカルアセスメント

1~3月   急変対応(動画講義)

フォローアップ研修③

夜勤での不安・課題

フォローアップ研修④

1年間の振り返り

新人研修の様子

新人研修の写真「採血モデルを使った採血練習」
新人研修の写真「新人看護師と共に」
新人研修の写真「無菌操作とガウンテクニック研修」
新人研修の写真「BLS研修」
新人研修の写真「電子カルテ操作研修」
新人研修の写真「機器類操作研修」

新人看護職員リフレッシュ研修

令和元年度は、大運動会を開催しました。

新人看護職員リフレッシュ研修 大運動会の写真

1年の振り返り

1年を終えての反省、今後の課題を明確にする。

≪新年度のオリエンテーション内での発表≫

新規採用者と就職後1年目の看護師とのふれあいタイムで発表し、修了証をもらいます!

修了証授与の写真

しっかり学んで、一人前の看護師になりましょう!

現任教育

目的

患者の尊厳を守り、安全で質の高い看護を提供できる看護職を育成する。

目標

  1. 看護職として知識・技術を段階的に習得し、倫理に基づいた看護実践ができる。
  2. 看護職として看護の質向上を目指し、自己教育能力と問題解決能力を身に付ける。
  3. 看護職として組織的役割と責任を自覚し行動できる。

令和2年度 看護部年間教育計画

看護部 年間教育計画

PDFファイル2020年度ラダー別年間研修予定.pdf(167KB)

看護研究

目的

看護研究計画書の作成、倫理委員会通過がスムーズにでき各部署の研究者が戸惑うことなく看護研究ができるよう、サポートする。

3年目 ケース発表

  • 入職後3年目にケースレポートをまとめ、全体研修の一環として発表する
  • 患者・家族への思いや看護観の変化、看護実践等を発表する。
3年目 ケース発表の写真

固定チームナーシング発表会

固定チームナーシング発表会の写真
固定チームナーシング発表会の写真

看護研究発表会

愛媛大学から講師をお迎え。

看護研究発表会の写真
電子ブック版 看護師募集案内

ページの先頭へ