外科、乳腺外科、肝臓・胆のう・膵臓外科、消化器外科、肛門外科

1.研修・認定施設

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本胸部外科学会認定医認定制度関連施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本乳癌学会認定医・専門医制度認定施設
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設
  • 日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育施設

2.スタッフ紹介

外科

院長 梶原 伸介(かじわら しんすけ)

資格・認定 日本外科学会指導医
日本胸部外科学会認定医
日本消化器外科学会指導医
主な専門領域 消化器外科
胸部外科(特に肺癌)
主な所属学会 日本外科学会
日本胸部外科学会
日本消化器外科学会
日本呼吸器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会
日本乳癌学会
日本癌学会
ドクターから一言 手術を行う場合、患者様が自分の親であったら、妻であったらどうするかということを常に考え手術を行っています。

主任科長 今井 良典(いまい よしのり)

資格・認定 日本外科学会外科専門医
病理解剖資格認定
主な専門領域 消化器外科
一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本膵臓学会
日本消化器外科学会
日本がん学会
日本脈管学会
日本臨床外科学会
日本大腸肛門病学会
ドクターから一言 消化器外科、特に下部消化管・肛門疾患を担当します。
外科だけの枠にとらわれず多角的に治療法を検討し、患者様にとって最良な医療を提供できるよう心がけています。

医員 向井 直樹(むかい なおき)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会 日本救急医学会
ドクターから一言 愛媛が大好きです。
南予地域の医療に貢献できるよう日々頑張りますのでよろしくお願いします。

医員 岩田 みく(いわた みく)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会 日本外科学会
日本乳癌学会
ドクターから一言 患者さまから学ばせて頂いたことを次に繋げられるよう、日々努力を惜しまないつもりです。
元気に明るく前向きに頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

専攻医 小倉 史也(おぐら ふみや)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

専攻医 竹中 僚一(たけなか りょういち)

資格・認定  
主な専門領域 一般外科
主な所属学会 日本外科学会
ドクターから一言 市立宇和島病院で初期研修医として基礎を学ばせていただきました。
今年度からは専攻医として皆さまのお役に立てるよう、日々頑張ります。

乳腺外科

科長 岡田 憲三(おかだ けんぞう)

資格・認定 日本外科学会指導医・外科専門医・認定医
乳腺専門医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィ読影試験A評価
乳房超音波講習会A判定
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本消化器外科学会認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本静脈経腸栄養学会評議員
主な専門領域 乳腺外科
一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本乳癌学会、 日本乳癌検診学会
日本内分泌外科学会
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会
日本癌治療学会
日本内視鏡外科学会
日本腹部救急医学会
日本静脈経腸栄養学会
日本臨床腫瘍学会
日本緩和医療学会
ドクターから一言 乳腺外科医はoncologistとしての側面が重要なため、患者様には常に最新かつstandardな治療が提供できるよう努めております。
そのためにも大規模臨床試験等にも積極的に関わっていく所存です。
市中の中規模病院ですが病理医や放射線医の協力のもと大学病院と同等以上の治療ができるものと信じております。
臨床においては乳癌は治療の選択の幅が広いため、患者様の希望にそって治療を選択するようにしていますが「おまかせ」が多いのが現状です。実は患者様から治療の相談を受けるときが一番楽しい時だったりします。

肝臓・胆のう・膵臓外科

科長 中村 太郎(なかむら たろう)

資格・認定 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会認定肝胆膵外科高度技能専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
消化器がん外科治療認定医
主な専門領域 消化器外科(特に肝臓、胆のう、胆道、膵臓領域)
主な所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本肝胆膵外科学会
日本臨床外科学会
日本内視鏡外科学会
日本肝臓学会
日本移植学会
日本消化器病学会
日本胆道学会
ドクターから一言 宇和島地区のみでなく、南予全域、高知西南地域の患者さんにとって重要な拠点病院と考えています。
質が高く、かつみなさんが安心して納得できる治療を提供できるよう心がけています。

医長 山本 久斗(やまもと ひさと)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

3.診療の総括

総手術件数は963件で、昨年より64件減少し、ほぼ例年通りとなりました。緊急手術の割合は24.3%であり昨年度と同様でしたが、緊急手術対応となる虫垂炎手術や胆嚢炎手術が減少しています。分野別では食道癌手術がやや減少、胃癌手術・大腸癌手術は共に例年と変化なし、乳腺疾患手術はやや減少となりました。肝胆膵領域では肝癌手術、胆道癌手術、膵癌手術数が減少しましたが、転移性肝癌などを含む腹腔鏡下肝切除術は漸増傾向にあります。肛門疾患手術は増加傾向。

外科手術全体として、近年の傾向に沿って低侵襲手術へ移行しつつあります。特に消化管手術では顕著であり、胃癌手術の36%、大腸癌手術の74%が腹腔鏡手術となっています。このため、フルハイビジョンスコープ、3Dシステム、4K対応モニターなどの手術支援周辺機器や最新のデバイスなどを順次導入し、いわゆるハイボリュームセンターにも遜色ない手術が可能となりました。さらに、術中内視鏡を積極的に使用し、正確な切離ラインを設定したり吻合部の確認を行うなど、手術手技の正確性・安全性のさらなる向上に努め、なお一層の成績向上を目指しています。手術以外では、進行膵癌や進行胃癌、進行食道癌に対する術前化学療法や、各種進行癌に対する集学的治療も積極的に導入しています。

他科との連携では、消化器内科と合同で施行する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)を積極的に導入し、最新の低侵襲手術を進めている他、放射線科との共同で、進行直腸癌に対する肛門括約筋への照射を低減した術前化学放射線療法を開始しています。

4.診療実績

2017年手術実績(心臓血管、胸部を除く)(1月1日~12月31日)

全手術件数 963件

全身麻酔 742件
腰椎麻酔 174件
腰椎麻酔+硬膜外麻酔 6件
局所麻酔 41件
緊急手術

234件(24.3%)

鏡視下手術 347件(36.0%)

主な疾患・手術の内訳と件数

疾患

食道癌 5
胃癌 70
良性腫瘍 6
イレウス 43
結腸癌 89
直腸癌 35
原発性肝癌 16
転移性肝癌 5
胆道癌 5
膵癌 8
胆石・胆嚢炎 158
虫垂炎 66
肛門疾患 58
ヘルニア 102
乳癌 88
上部消化管穿孔 11
下部消化管穿孔 0

手術

胸腹腔胸下食道切除 6
胃全摘 22
(腹腔鏡下胃全摘 3) 13.6%
幽門側胃切除 57
(腹腔鏡下幽門側胃切除 21) 36.6%
結腸切除(根治術) 89
(腹腔鏡下結腸切除 64) 71.9%
直腸切除(根治術) 35
(腹腔鏡下直腸切除・切断 28) 80.0%
  腹腔鏡下手術率:74.2%
肝切除 10
(腹腔鏡下肝切除 6) 37.5%
膵頭十二指腸切除 7
膵体尾部切除 4
腹腔鏡下胆嚢摘出術 145
虫垂切除 66
(腹腔鏡下虫垂切除 24) 36.4%
ヘルニア根治術 102
(腹腔鏡下ヘルニア手術 5 ) 4.9%
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2017年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. 兼定弦、渡邊常太、日下部恵梨菜、中川みく、向井直樹、西悠介、友藤克博、佐藤創、石田直樹、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介:
    膵頭十二指腸切除後にWernicke脳症を発症した1例.
    愛媛医学 2017;36(3):175-178.
  2. 中川みく、渡邊常太、兼定弦、日下部恵梨菜、向井直樹、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、上杉和寛、長谷部昌、梶原伸介:
    貧血を契機に発見された巨大Brunner腺過形成に対し,外科的切除を施行した1例.
    愛媛医学 2017;36(4):238-243.
  3. 中川みく、岡田憲三、兼定弦、向井直樹、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、今井良典、中村太郎、根津賢司、渡邊常太、坂尾寿彦、松影昭一、中西護、梶原伸介:
    Luminal HER2乳癌の増加と広がる治療選択.
    南予医学雑誌 2017;18(1):32-38.
  4. 岡田憲三、中川みく、兼定弦、向井直樹、西悠介、友藤克博、佐藤創、石田直樹、今井良典、渡邉常太、根津賢司、梶原伸介:
    パゾパニブによりCRが得られた悪性葉状腫瘍再発の1例.
    南予医学雑誌 2017;18(1):56-61.
  5. 甲谷孝史、沖良隆、山本四郎、橋本治久、岡田憲三:
    当院における経皮内視鏡的胃瘻造設術の検討.
    南予医学雑誌 2017;18(1):50-55.

2)学会発表

(総会)

第26回日本呼吸器外科医会冬季学術集会(2月24-26日、長野・立科)

  1. 右肺門部過誤腫に対し胸腔鏡補助下腫瘍核出術を施行し得た1例
    友藤克博、根津賢司、石田直樹、兼定弦、日下部恵梨菜、中川みく、向井直樹、西悠介、佐藤創、今井良典、渡邊常太、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 直腸癌術後肺転移、横隔膜下腹膜播種結節に対し、3D-CTを用いて安全に胸腔鏡下経横隔膜的アプローチにて切除し得た1手術例
    西悠介、根津賢司、石田直樹、兼定弦、日下部恵梨菜、中川みく、向井直樹、友藤克博、佐藤創、今井良典、渡邊常太、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第25回日本乳癌学会学術総会(7月13-15日、福岡)

慢性乳腺炎は高頻度に結節性紅斑を併発し Corynebacterium が検出される
岡田憲三、中川みく、梶原伸介

第79回日本臨床外科学会総会(11月23-25日、東京)

  1. 胃癌と大腸癌の重複癌に対し、一期的腹腔鏡下手術を施行した2例
    石田直樹、兼定弦、中川みく、向井直樹、西悠介、友藤克博、佐藤創、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 絞扼性イレウスきたした16歳小腸間膜裂孔ヘルニアの1例
    向井直樹、梶原伸介、兼定弦、中川みく、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦

第30回日本内視鏡外科学会総会(12月7-9日、京都)

  1. 直腸癌・前立腺癌に対し、一期的に腹腔鏡下超低位前方切除術とロボット支援前立腺摘除術を施行した一例
    石田直樹、兼定弦、中川みく、向井直樹、西悠介、友藤克博、佐藤創、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 胃原発脂肪肉腫に対してマージン確保のため、腹腔鏡下胃全摘術を施行した一例
    友藤克博、兼定弦、中川みく、向井直樹、西悠介、石田直樹、佐藤創、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

(地方会)

第70回愛媛外科会総会/第4回日本臨床外科学会愛媛県支部例会(8月5日、新居浜)

  1. パゾパニブにより完全寛解が得られた乳腺悪性葉状腫瘍肺転移の1例
    中川みく、岡田憲三、兼定弦、向井直樹、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、今井良典、中村太郎、渡邊常太、根津賢司、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 成人鼠経ヘルニアに対するONSTEP法の一例
    向井直樹、今井良典、小倉史也、兼定弦、中川みく、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第92回中国四国外科学会総会/第22回中国四国内視鏡外科研究会(9月8-9日、高知)

  1. 巨大胃粘膜下腫瘍状の所見を呈し、手術を施行した退形成性膵管癌 の一例
    向井直樹、今井良典、兼定弦、中川みく、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 遺残虫垂炎に対し単孔式腹腔鏡下盲腸切除術を施行した1例
    石田直樹、兼定弦、中川みく、向井直樹、西悠介、友藤克博、佐藤創、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第14回日本乳癌学会中国四国地方会(9月16-17日、岡山)

神経ブロック下単純乳房切除の経験
岡田憲三、中川みく、梶原伸介、大塚悠子

(研究会)

愛媛肝臓外科研究会(2月4日、松山)

術前化学療法、血流改変後に腹腔動脈合併尾側膵切除(DP-CAR)を施行した膵体尾部癌の一例
友藤克博、渡邊常太、兼定弦、中川みく、日下部恵梨奈、向井直樹、西悠介、竹林孝晃、石田直樹、佐藤創、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第31回四国内視鏡外科研究会(2月18日、徳島)

胃原発脂肪肉腫に対して胃内手術を施行した一例
友藤克博、兼定弦、中川みく、日下部恵梨菜、向井直樹、西悠介、石田直樹、佐藤創、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第22回愛媛消化管がん懇話会(2月18日、松山)

当院における進行胃癌に対する術前化学療法の現状
石田直樹、兼定弦、日下部恵梨菜、中川みく、向井直樹、西悠介、友藤克博、佐藤創、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第64回愛媛乳腺疾患懇話会(5月13日、松山)

これってHER2陽性?増えているFISH法とLuminal HER2
中川みく、岡田憲三、兼定弦、向井直樹、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、今井良典、渡邊常太、根津賢司、坂尾寿彦、梶原伸介、松影昭一、中西護

第7回愛媛肝胆膵外科セミナー(6月24日、松山)

下大静脈の剥離に難渋した重量14.7㎏に及ぶ後腹膜原発超巨大脂肪肉腫の1例
兼定弦、渡邊常太、中川みく、向井直樹、西悠介、友藤克博、佐藤創、石田直樹、今井良典 根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第65回愛媛乳腺疾患懇話会(10月7日、松山)

局所進行HER2陽性乳癌に対するHER+PER+DTX療法の有用性~HER+PTX無効例におけるサルベージから~
中川みく、岡田憲三、兼定弦、向井直樹、西悠介、友藤克博、石田直樹、佐藤創、今井良典、中村太郎、渡邊常太、根津賢司、坂尾寿彦、梶原伸介

第46回愛媛胃腸疾患合同研究会(11月11日、松山)

直腸癌に対する術前化学放射線療法 −国内の現状と当院での治療成績−
中村太郎

3)座長

第26回愛媛肝臓外科研究会(2月4日、松山)

石田直樹:第二部

MATSUYAMA Breast Cancer Seminar(5月27日、松山)

岡田憲三:基調講演

第9回日本静脈経腸栄養学会四国支部会学術集会(6月10日、西条)

岡田憲三:一般演題2

南予大腸癌化学療法カンファレンス(10月24日、宇和島)

今井良典:特別講演

第79回日本臨床外科学会総会(11月23-25日、東京)

梶原伸介:ポスターセッション 肺、縦隔1

4)講演・講義他

南予大腸がんカンファレンス(5月25日、宇和島)

今井良典:腹腔鏡下大腸切除における脾彎曲部授動の定型化を目指して

科研製薬社外講師勉強会(6月23日、松山)

今井良典:消化器外科領域における癒着防止材の使用

愛媛大腸癌座談会(12月23日、松山)

今井良典:ディスカッサント