外科、乳腺外科、肝臓・胆のう・膵臓外科、消化器外科、肛門外科

1.研修・認定施設

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本胸部外科学会認定医認定制度関連施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設
  • 日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育施設

2.スタッフ紹介

外科

院長 梶原 伸介(かじわら しんすけ)

資格・認定 日本外科学会指導医
日本胸部外科学会認定医
日本消化器外科学会指導医
主な専門領域 消化器外科
胸部外科(特に肺癌)
主な所属学会 日本外科学会
日本胸部外科学会
日本消化器外科学会
日本呼吸器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会
日本乳癌学会
日本癌学会
ドクターから一言 手術を行う場合、患者様が自分の親であったら、妻であったらどうするかということを常に考え手術を行っています。

医局長兼外科主任科長 今井 良典(いまい よしのり)

資格・認定 日本外科学会外科専門医
病理解剖資格認定
主な専門領域 消化器外科
一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本膵臓学会
日本消化器外科学会
日本がん学会
日本脈管学会
日本臨床外科学会
日本大腸肛門病学会
ドクターから一言 消化器外科、特に下部消化管・肛門疾患を担当します。
外科だけの枠にとらわれず多角的に治療法を検討し、患者様にとって最良な医療を提供できるよう心がけています。

医員 小西 沙季(こにし さき)

資格・認定  
主な専門領域 救急科
主な所属学会 救急医学会
ドクターから一言 よろしくお願いします。

医員 曽我部 恭成(そがべ きょうせい)

資格・認定  
主な専門領域 一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本臨床外科学会
ドクターから一言 若輩者ですが、宇和島の医療に貢献できるように精進いたします。

医員 竹本 大二郎(たけもと だいじろう)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会 日本外科学会
ドクターから一言 母校宇和島東の近くで頑張りたいと思います。

乳腺外科

科長 岡田 憲三(おかだ けんぞう)

資格・認定 日本外科学会指導医・外科専門医・認定医
乳腺専門医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィ読影試験A評価
乳房超音波講習会A判定
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本消化器外科学会認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本静脈経腸栄養学会評議員
主な専門領域 乳腺外科
一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本乳癌学会、 日本乳癌検診学会
日本内分泌外科学会
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会
日本癌治療学会
日本内視鏡外科学会
日本腹部救急医学会
日本静脈経腸栄養学会
日本臨床腫瘍学会
日本緩和医療学会
ドクターから一言 乳腺外科医はoncologistとしての側面が重要なため、患者様には常に最新かつstandardな治療が提供できるよう努めております。
そのためにも大規模臨床試験等にも積極的に関わっていく所存です。
市中の中規模病院ですが病理医や放射線医の協力のもと大学病院と同等以上の治療ができるものと信じております。
臨床においては乳癌は治療の選択の幅が広いため、患者様の希望にそって治療を選択するようにしていますが「おまかせ」が多いのが現状です。実は患者様から治療の相談を受けるときが一番楽しい時だったりします。

肝臓・胆のう・膵臓外科

科長兼手術部長兼臨床研修管理部副部長 中村 太郎(なかむら たろう)

資格・認定 日本外科学会外科専門医・指導医
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会認定肝胆膵外科高度技能専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
消化器がん外科治療認定医
主な専門領域 消化器外科(特に肝臓、胆のう、胆道、膵臓領域)
主な所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本肝胆膵外科学会
日本臨床外科学会
日本内視鏡外科学会
日本肝臓学会
日本移植学会
日本消化器病学会
日本胆道学会
ドクターから一言 宇和島地区のみでなく、南予全域、高知西南地域の患者さんにとって重要な拠点病院と考えています。
質が高く、かつみなさんが安心して納得できる治療を提供できるよう心がけています。

医長 山本 久斗(やまもと ひさと)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

3.診療の総括

総手術件数は964件で、昨年より52件増加し平年なみの手術件数となっています。分野別では食道癌手術が増加し、胃癌手術、大腸癌手術は減少傾向にあります。乳腺疾患手術は昨年より大幅に増加しました。肝胆膵領域は例年通りの件数であるが、肝切除手術の56%が腹腔鏡手術であり、鏡視下手術導入が進んでいます。虫垂炎手術やヘルニア手術は増加傾向。肛門疾患手術は例年通りでありました。外科手術全体として、近年の傾向に沿って低侵襲手術が一般的となり、胃癌手術の38%、大腸癌手術の83%が腹腔鏡手術となっています。
新しい試みとしては、愛媛大学にて行われるCadaver腹腔鏡手術トレーニングに参加し技術を習得し、食道胃接合部癌や胃体上部早期胃癌に対する機能温存手術として、腹腔鏡下噴門側胃切除術(SOFY法再建)を導入しました。
進行膵癌や進行胃癌、進行食道癌に対する術前化学療法や、各種進行癌に対する集学的治療も積極的に導入し、治療成績の向上に努めています。また、進行直腸癌に対する術前化学放射線療法を積極的に導入し、肛門機能、排尿・性機能温存しつつ治療成績向上や予後延長に努めています。

4.診療実績

2019年手術実績(心臓血管、胸部を除く)(1月1日~12月31日)

全手術件数 964件

全身麻酔 707件
腰椎麻酔 218件
腰椎麻酔+硬膜外麻酔、ブロック 11件
局所麻酔 28件
緊急手術 151件(15.7%)
鏡視下手術 365件(37.9%)
呼吸器外科症例との総合評価
手術関連死亡(術後30日以内の死亡) 1.09%
術後合併症率(Clavien-Dindo II以上) 13.3%
*緊急手術以外の術後合併症(CD-II以上) 12.0%

主な疾患・手術の内訳と件数

疾患

食道癌 5
胃癌 54
イレウス 35
大腸癌 112
原発性肝癌 11
転移性肝癌 5
胆道癌 9
膵癌 14
胆石・胆嚢炎 159
虫垂炎 80
肛門疾患 47
ヘルニア 135
乳癌(再建含む) 110
上部消化管穿孔 11
下部消化管穿孔 12

手術

胸腹腔胸下食道切除 4
胃全摘 7
(腹腔鏡下胃全摘 1) 14.3%
幽門側胃切除 44
(腹腔鏡下幽門側胃切除 17) 38.6%
結腸切除(根治術) 74
(腹腔鏡下結腸切除 60) 81.1%
直腸切除(根治術) 38
(腹腔鏡下直腸切除・切断 33) 86.9%
  腹腔鏡下手術率:83.1%
肝切除 23
(腹腔鏡下肝切除 13) 56.5%
膵頭十二指腸切除 16
膵体尾部切除 6
腹腔鏡下胆嚢摘出術 151
虫垂切除 80
(腹腔鏡下虫垂切除 32) 40.0%
ヘルニア根治術 135
(腹腔鏡下ヘルニア手術 8) 5.9%
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績

1)論文報告

石田直樹、渡邊常太、竹中僚一、小倉史也、岩田みく、向井直樹、西悠介、山本久斗、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介:
膵頭部癌、膵尾部膵管内乳頭粘液腺腫に対し中央温存膵切除術を施行した1例.
愛媛医学 2019;38(4):185-189.

2)学会発表

(総会)

第28回呼吸器外科医会冬季学術集会(2月8日、山形)

急速に進行し胸腔鏡下手術を施行したマイコプラズマ肺炎・膿胸の1例
小倉史也、根津賢司、兼定弦、岩田みく、向井直樹、西悠介、山本久斗、石田直樹、今井良典、中村太郎、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第27回日本乳癌学会学術総会(7月12日、東京)

パクリタキセルによる末梢神経障害に対する簡便なグローブ圧迫療法
岡田憲三、岩田みく、梶原伸介

第81回日本臨床外科学会総会(11月14日、高知)

  1. 髄膜腫の多発肝転移に対し肝右葉切除術を施行した1例
    石田直樹、竹中僚一、岩田みく、向井直樹、山本久斗、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 特発性食道破裂に対し16日間の保存的加療の後、手術加療を施行し救命した一例
    向井直樹、竹中僚一、小倉史也、岩田みく、山本久斗、石田直樹、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  3. 当院における単孔式腹腔鏡下虫垂切除術の治療成績
    岩田みく、今井良典、竹中僚一、小倉史也、向井直樹、山本久斗、石田直樹、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  4. 上部消化管穿孔に対する保存的加療の適応についての検討
    小倉史也、竹中僚一、岩田みく、向井直樹、山本久斗、石田直樹、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

(地方会)

第72回愛媛外科会総会/第6回日本臨床外科学会愛媛県支部例会(8月3日、松山)

  1. HER2陽性胃癌に化学療法を施行しConversion surgeryにて胃全摘術、膵体尾部脾臓合併切除術を施行した一例
    向井直樹、今井良典、竹中僚一、小倉史也、岩田みく、山本久斗、石田直樹、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 腸管アミロイドーシスによる結腸穿孔の1例
    竹中僚一、石田直樹、小倉史也、岩田みく、向井直樹、山本久斗、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  3. 肛門部顆粒細胞種の1切除例
    小倉史也、今井良典、竹中僚一、岩田みく、向井直樹、山本久斗、石田直樹、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第94回中国四国外科学会総会(9月19-20日、山口)

S状結腸憩室穿通に起因する結腸−尿膜管−膀胱瘻の1例
岩田みく、石田直樹、竹中僚一、小倉史也、向井直樹、山本久斗、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

(研究会)

第33回四国内視鏡外科研究会(2月16日、松山)

下行結腸癌に対する腹腔鏡手術の短期成績
今井良典、小倉史也、岩田みく、兼定弦、向井直樹、西悠介、山本久斗、石田直樹、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第68回愛媛乳腺疾患懇話会(4月13日、松山)

BRCAnalysisで診断されPARP阻害剤が有効であったBRCA2遺伝子変異陽性患者の経験
岡田憲三、竹中遼一、小倉史也、岩田みく、向井直樹、山本久斗、石田直樹、今井良典、中村太郎、根津賢司、梶原伸介、仲村聡夫、末光浩也

第8回愛媛肝胆膵外科セミナー(7月6日、松山)

当院における高齢者に対する膵頭十二指腸切除術の成績
山本久斗、中村太郎、竹中僚一、小倉史也、岩田みく、向井直樹、石田直樹、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第16回愛媛クリニカルパス研究会(8月24日、松山)

シンポジウム:結腸癌手術クリニカルパスのバリアンス分析
今井良典

第24回中国四国内視鏡外科研究会(9月20日、山口)

腹腔鏡下胆嚢摘出術後の遺残胆嚢管結石に対し腹腔鏡下手術を施行した1例
石田直樹、竹中僚一、小倉史也、岩田みく、向井直樹、山本久斗、今井良典、中村太郎、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第69回愛媛乳腺疾患懇話会(10月5日、松山)

本態性血小板血症に対するCDK阻害剤の有用性
岡田憲三、竹中遼一、小倉史也、岩田みく、向井直樹、山本久斗、石田直樹、今井良典、中村太郎、根津賢司、梶原伸介

3)座長

第33回四国内視鏡外科研究会(2月16日、松山)

今井良典:一般演題(ヘルニア)

第24回愛媛消化管がん懇話会(3月2日、松山)

今井良典:特別講演

第68回愛媛乳腺疾患懇話会(4月13日、松山)

岡田憲三:一般演題

第8回愛媛肝胆膵外科セミナー(7月6日、松山)

中村太郎:一般演題、特別講演

南予大腸がんカンファレンス(7月11日、宇和島)

今井良典:特別講演

第21回愛媛肛門疾患懇話会(8月31日、松山)

今井良典:特別講演

第94回中国四国外科学会総会/第24回中国四国内視鏡外科研究会(9月19-20日、山口)

今井良典:一般演題(腹部救急)

第2回南予胃癌化学療法カンファレンス(11月28日、宇和島)

今井良典:特別講演

4)講演・講義他

愛媛大腸がん臨床外科セミナー(11月7日、松山)

今井良典:ケースディスカッション→ディスカッサント

ベージニオ発売記念講演会in愛媛(松山)

岡田憲三:Opening Remarks