研修医からのメッセージ

現2年次研修医の昨年度救急患者対応件数(2020年4月~2021年3月まで)

  • 大久保研修医 297件
  • 大野研修医 597件
  • 下野研修医 376件
  • 藤本研修医 413件
  • 八木研修医 463件
  • 大原研修医 174件(※)
  • 岡澤研修医 118件(※)
  • 竹本研修医 485件(※)
  • 本田研修医 408件(※)
  • 柳原研修医 450件(※)

(※)愛媛大学医学部附属病院のアイプログラム研修医(2020年度を当院で研修)

2年次 大久保 芽衣

研修医2年目の大久保芽衣です。初期研修医として市立宇和島病院で研修をし始めて早くも1年が経ちました。周囲の方々に支えられながら、充実した日々を送っています。

1年目は内科を中心に、その他外科・産婦人科・小児科・麻酔科を各々1か月ごと研修させていただきました。どの科の先生も非常に教育熱心で、温かく指導して下さります。また、手技などがあれば研修医に練習し、実施するする機会を与えてくださる点も魅力的です。

2年目ではほとんど自由にプログラムを決めることができるため、自分の目標に合わせて研修することができます。

救急に関しては1年目の4月から当直が始まり、日中の救急対応を行います。救急では初期対応をさせていただくことができ、問診、診察、検査のオーダーなど上級医に相談しながら自ら行うことができます。分からなくて不安なことがあればすぐに上級医に相談できる環境なので、無理のない範囲で、自分で考える力が身に付きますまた、上級医だけでなく、看護師さんや薬剤師さん、栄養士さんなどのコメディカルの方も優しく、わからないことがあれば聞きやすい環境が整っています。

また、勉強会が多いのも魅力的だと感じています。症例の発表や英語論文の抄読会、心電図カンファ、救急カンファなどがあります。学んだことを皆で共有できると同時に、自分自身がプレゼンターとなる機会も多く、プレゼンテーションの訓練の場にもなります。

市立宇和島病院は本当に病院全体が温かく、また勉強、研修する場としても最適な病院です。研修先に迷われている方はぜひ一度市立宇和島病院に見学にきてください!

 

2年次 大野 拓也

初期研修医2年目の大野拓也です。当院での研修医生活も1年が経ちましたが、充実した毎日を送ることができています。

当院での研修の魅力を自分の体験を交えながらお伝えしたいと思います。

1年目は内科中心の研修でしたが、どの科の先生も優しくて指導熱心で、疑問があれば快く教えてくださりました。また、手技を行う機会が多く、中心静脈カテーテル挿入や胸腔ドレナージなど様々な経験ができたように思います。それだけでなく、指導医の先生と相談しながら治療方針を決定していくうちに、入院から退院後の生活まで患者さんのことを考えることができるようになりました。

2年目の研修は、かなり自由にプログラムを組むことができ、自分の将来に役立つ科を考えて選べます。ある程度前もって申請すれば、プログラムを途中で変更することも可能です。

また、研修医室はカルテがあって業務をすることもできますし、分からないことがあれば先輩や同期に気軽に相談できるようなアットホームな雰囲気があります。

このように市立宇和島病院には、研修医生活を充実させる環境が整っています。私も当院で研修できて本当に良かったと感じていますので、みなさんも研修先としてぜひ検討してみてください。

 

2年次 下野 雄大

初期研修医2年目の下野雄大と申します。

医師として当院で働き始めてから、早1年が経ちました。研修医1年目の4月は右も左も分からない状態でスタートしましたが、指導医・上級医の先生、その他スタッフの方々に支えられ、何とか自分で考えて動けるまでに成長させてもらいました。

1年目では必修科を研修することになっており、内科を中心として昨年度から必修科に加わった外科・産婦人科・小児科をローテーションします。どの科の先生方も熱心にご指導してくださり、わからないところがあれば丁寧に教えてくださいます。また、内視鏡や心カテ、CVC穿刺などの手技の機会も豊富にあり、自身が主体となって行うこともできます。南予地域・高知幡多圏の救急対応を365日行っている当院ですが、ファーストタッチから退院/転院調整まで、症例を一連の流れで学ぶことができるのも大きなメリットだと思います。一般診療だけでなく救急で入院となった患者さんについても一人ひとりじっくり病態を考えることができ、自身で治療方針を決定していくことが日常となっています。

短い文章では魅力を伝えるのは難しいし、読むだけでは分からないことがほとんどだと思います。当院の雰囲気を実際に感じていただくのが一番ですので、一度ぜひ、見学にいらしてください。

 

2年次 藤本 裕

初期臨床研修医2年目の藤本裕です。

当院での研修生活もあっという間に1年が経ちました。この1年を振り返ると日中・夜間の救急対応や入院患者の治療計画、各種手技など出来ることが増えた一方でまだまだ知らない疾患も多く、経験すべきこと、勉強しなければならないことの多さを痛感しており、後輩が入職したとは言え、フレッシュマンの気持ちで毎日を過ごしています。

当院の研修の良いところは、研修医はローテーションする診療科の病棟業務に加えて、救急患者さんの初期対応を行う点だと思います。当院には南予地域で唯一救急救命センターが併設されており、common diseaseから専門的知識を必要とする重症疾患まで、あらゆる救急患者さんを受け入れています。研修医は様々な症例について自分で問診・診察し、検査や治療計画などについて立案することができ、自分で考えて診療する力が身に付くと思います。また、南予地域はおおらかで優しい方が多く、患者様をはじめ指導医の先生方やコメディカルスタッフの方々も気軽に相談に乗ってくださり、風通しの良い職場風土が醸成されています。

私の拙文では当院の魅力を十分にお伝えすることはできません。当院での研修に興味を少しでもお持ちの方は、是非一度足を運んでいただければと思います。研修医、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

2年次 八木 貴寛

初期研修医2年目の八木貴寛です。

当院での研修も2年目となりました。この1年間で非常に有意義な研修ができたと思います。

当院の魅力は色々ありますがやはり1次救急から3次救急まで幅広い症例を受け入れているため、救急搬送されてくる患者さんはもちろんウォークインで受診する患者さんまで幅広くファーストタッチできることだと思います。救急搬送されてくる患者さんはもちろんですが、ウォークインで受診される患者さんの中にも時折重症の方が隠れているためそういった経験も大変勉強になりました。また、救急対応して入院となった患者さんの担当になる事も多く、救急外来を受診された患者さんが入院して退院/転院するまでの経過を数多く経験することができます。

また去年度から研修医室のカルテPCが4台から6台に増えました。日中の業務の効率が上がった事もありますが、研修医同士で自分の経験した症例を紹介し合うようなこともしやすくなりました。

現在は難しいご時世ではありますが、オンラインでの病院説明などほかの形での病院紹介なども可能ですので興味がある方は気軽にご連絡いただけると幸いです。

1年次 川上 萌

初期研修医1年目の川上萌です。研修が始まり2カ月が過ぎましたが、日々自分の至らないところを痛感しながらも、指導医の先生方やコメディカルの方々に支えていただき充実した研修生活を送っています。私が2カ月で感じた当院の魅力についてご紹介させていただきます。

まず当院は南予救命救急センターを併設しており、一次救急から三次救急まで幅広い症例を経験することができます。上級医の先生とペアで診察することで、自分で考えながらも適切な対応をすることができ、着々と経験を積むことができます。
また研修医間での勉強会が充実していることも魅力の一つです。英語論文の抄読会、英会話や心電図、救急の勉強会など、研修を終えた後にも力になる勉強が習慣化できます。また自分自身がプレゼンターになる機会も多く、学会発表の練習にもなっています。

コロナ下でどの病院も患者数の減少が挙げられている中、質の高い研修を行うことが研修医にとって必要になっていると思います。私にとって市立宇和島病院は想像以上に多くのことを学び、経験できる病院でした。

もし少しでも興味を感じた方はぜひ一度見学にお越しください。心よりお待ちしております。

1年次 高崎 徹哉

初期研修医1年目の高崎徹哉です。市立宇和島病院での研修医生活もあっという間に2か月が経ちました。同期や2年目の先輩方とともに充実した日々を送っています。研修が始まった4月は右も左もわからない状態でしたが、指導医の先生方や2年目の先輩方が電子カルテの使い方から丁寧に指導してくださるので安心して働き始めることができました。

私が思う当院の魅力としては、研修医の人数が多すぎず少なすぎずのちょうどいい人数であり、良い雰囲気の研修生活を送れる点だと思います。研修医ルームでは2年目の先輩方との距離が近く、分からないことがあればすぐに質問できる環境です。また、英語論文の抄読会や心電図カンファ、救急カンファなど研修医主体で行う勉強会が多くあり、知識の共有をしながら皆で高め合うことができます。また、愛媛県南予の気質として人の温かさがあり、コメディカルのスタッフさんだけでなく患者様も温かく、研修医であっても1人の「医師」として扱ってくださります。その分責任感も生まれ、モチベーションにもつながってきます。

短い文章では当院の魅力はまだまだ伝えきれないので、ぜひ一度見学に来て当院の雰囲気を体験してください。

1年次 宮部 沙織

初めまして、研修医1年目の宮部沙織です。初期研修がスタートして2ヶ月が経ち、わからないことばかりですが上級医やコメディカル、先輩研修医や同期など沢山の方々に支えていただきながら充実した研修生活を送っています。私は宇和島市出身ですが県外の大学に進学したため、新しい環境に飛び込むことになり最初は緊張していましたが、暖かく迎えていただき市立宇和島病院を選んで良かったなあと思う日々です。

私がこの病院の良いなと思うところは、やってみたいと思ったことは基本的に何でもやらせてもらえ、フィードバックもちゃんと頂けることです。4,5月は循環器内科を回っていましたが、心エコー、血管造影での橈骨動脈や大腿静脈の穿刺など循環器内科ならではの手技を経験させていただきました。恒久的ペースメーカ植込み術も何度か一緒に入らせていただき、実際に動くペースメーカに感動したことを覚えています。先生方は非常に教育熱心で、些細な疑問に関しても答えてください、さらに+αの情報も教えていただき勉強になりました。また、研修医主体で勉強会も週に何度かあり、最新の論文を皆で読んだり、救急で経験した症例検討を行ったりしていますが、毎回上級医の先生も参加していただきアドバイスをくださるのでとても有り難いです。

毎日良いこともあればうまくいかないこともありますが、研修医室に帰ったら優しい同期や先輩がいて話せるのはとても貴重だなと感じます。研修医室の設備も非常に充実しており、各科で必要となる蔵書があったりPCの貸与があったりと勉強に適した環境です。研修先に迷われている方はぜひ一度見学に来ていただければと思います。

1年次 山田 純也

研修医1年目の山田純也です。4月から市立宇和島病院での研修が始まり、2ヶ月ほど経過しました。まだまだ分からないことばかりですが、充実した研修期間を過ごせています。

市立宇和島病院の研修の特徴の一つとして、研修医にも様々な手技を経験させてくれるというところがあると思います。実際にさせてもらえるので、かなり勉強になります。また、指導医の先生方、スタッフの方々、研修医の先輩方も非常に優しく、丁寧に指導をしてくださり、また自分からも質問しやすい環境となっております。

もう一つの特徴としては、勉強会などが多いことです。医学英語や救急対応、心電図など種類も多く、かなり勉強になります。
市立宇和島病院の研修はかなり充実したものとなると思うので、ぜひ一緒に宇和島で働きましょう!

1年次 山田 佳樹

初期研修医1年目の山田佳樹です。市立宇和島病院で研修を始めてから早くも3ヶ月になります。糖尿病・内分泌内科で2ヶ月研修させてもらい、現在は血液内科で研修中です。今回簡単ではありますが、当院での研修内容とその魅力についてお伝えようと思います。

当院では回診やオーダも含めた病棟業務に加え、救急外来での初期対応、病棟での採血、皮下注射、生検やエコー手技など幅広く業務に関わることができます。また、南予地域における二次救急の中心病院であるため、救急外来では脳梗塞や肺炎といったコモンな疾患について初期対応し、入院から退院まで担当医として学ぶことができます。加えてローテーションしている科では、無顆粒球症や造血器腫瘍など、その科ならでは深い学習ができます。さらに、勉強会として研修医同士で得た知識を共有する時間が多く用意されており、知識のインプットとアウトプットの機会が非常に多いことも大きな魅力だと思います。

医学生から医師となり日々医療の現場で働く中で、常にわからない不安と医療現場で働く実感の中にいます。しかし、真摯に相談に乗ってくださる先輩研修医、疾患について学ぶ手助けをしてくださる指導医、幅広い面で業務をサポートしてくださる看護師や栄養士の方々のおかげで忙しいですが充実した日々を送る事ができています。市立宇和島病院は研修医として研鑽を積むのに適した病院だと思います。ここでは伝えきれないことも多くあるので、研修先に迷っているのであれば一度見学に来ることを強くお勧めします。

1年次 山中 伸太郎

研修医1年目の山中伸太郎です。市立宇和島病院で研修が始まって早2ヶ月が経ちました。研修が始まったばかりの4月、5月は右も左も分からない状態で、焦りと不安で心が折れそうになることもありました。しかし、指導医の先生や研修2年目の先輩方からの丁寧なアドバイスや励ましのお陰で、少しずつ医療人としてあるべき姿に近づけている気がします。(まだまだ遠い道のりではありますが…)

市立宇和島病院は、時には忙しく診療に携わり、時にはゆったりと時間をとって診療で必要な知識を学べるといった、メリハリのある研修ができる病院です。普段の診療で得た気付きや疑問をフィードバックし、勉強会等を通じてアウトプットすることで、自身の成長につなげることができます。また、上級医やコメディカルスタッフとの距離感が近く、いつでも相談できる環境があるのも市立宇和島病院の特徴です。この2か月間で実に多くの指導医の先生方やコメディカルスタッフの方々からご助言、ご指導をいただきました。初期研修が市立宇和島病院で本当に良かったと、心からそう実感しています。

少しでも興味があれば、是非見学にいらしてください。きっとあなたも市立宇和島病院のファンになりますよ!

1年次 萬家 愛賀

研修医1年目の萬家愛賀です。市立宇和島病院で研修を始めて早くも2ヶ月と少しが経ちました。至らぬところばかりですが、周囲の人々に支えられて充実した日々を送っています。現在麻酔科で研修させていただいており、最初全くできなかった気管挿管や麻酔導入・管理も上級医の丁寧な指導により一つずつできることが増えてきました。麻酔科に限らず、知らなかった知識についてや勉強して疑問に感じたことを上級医に質問しやすい雰囲気で、毎日新しい学びがあります。また手技も積極的にトライできる環境で、うまく出来なかったときには次に出来るようにするためにどうしたらいいか考える時間が与えられ、自分が何をできて何をできてないかを反省する時間がもてており、成長に繋がっていると感じています。

研修医室では業務の合間に救急や病棟で気になる患者について「あの患者さんどうだったの?」、「この患者さんについて相談があるのだけど」と話し合うことも多く、一緒に検査や画像を見たり、豊富な参考書で疾患・治療について調べたりしており、とても勉強になります。また、日々行われる勉強会では学んだことを共有できるとともに、疑問を共有しあうことで新たな視点で問題を考えることができます。
病院全体の雰囲気としてはとても和気あいあいとしており、看護師さん含めコメディカルの方々もとても気さくに接してくださることも魅力の一つです。

ぜひ一度見学にきてください!

 

ページの先頭へ