糖尿病内科、内分泌内科

1.研修・認定施設

  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科専門医認定教育施設
  • 日本甲状腺学会認定専門医施設

2.スタッフ紹介

内分泌内科科長兼糖尿病内科科長 藤堂 裕彦(とうどう やすひこ)

資格・認定 日本内科学会 認定内科医 総合内科専門医
日本内分泌学会 専門医 指導医
日本糖尿病学会 専門医
日本甲状腺学会 専門医
日本超音波医学会 専門医
主な専門領域 内分泌
代謝
糖尿病
主な所属学会 日本内科学会
日本内分泌学会
日本糖尿病学会
日本甲状腺学会
日本超音波医学会
ドクターから一言 よろしくお願いします。

内分泌内科医員兼糖尿病内科医員 首藤 祥子(すどう しょうこ)

資格・認定  
主な専門領域 内分泌
糖尿病
主な所属学会 日本内科学会
日本内分泌学会
日本甲状腺学会
日本糖尿病学会
ドクターから一言 南予の方々のお役に立てるよう頑張ります。よろしくお願いします。

内分泌内科医員兼糖尿病内科医員 金本 麻友美(かなもと あゆみ)

資格・認定  
主な専門領域 糖尿病
内分泌内科
主な所属学会 日本内科学会
日本糖尿病学会
日本内分泌学会
日本甲状腺学会
ドクターから一言 南予での勤務・生活は初めてのことで、少し緊張しますが、患者様のお役に立てるよう精進いたします。

3.診療の総括

当院の糖尿病診療は、循環器内科、眼科、泌尿器科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、歯科など関連各科と連携し、総合的診療を行っています。また、糖尿病の専門知識を有する看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士などのコメディカルスタッフとチームをつくり、専門的で高度なケアを行っています。愛媛県および高知県の西南地域における医療情勢の変化にともない、当科が担当すべき地域が拡大しています。あわせて高齢者、進行した合併症を有する症例、急性合併症の症例、他疾患の専門的治療に随伴する糖尿病症例など専門医でないと対応が困難な症例が増加しています。関連他科の先生方、コメディカルスタッフの方々の多大なご支援とご協力がなければ成り立たないということを日々実感しております。

地域住民への啓蒙のため、コメディカルスタッフとともにさまざまなイベントを行っています。昼間の糖尿病教室、夜間糖尿病教室は好評をいただいております。また、世界糖尿病デーには、全国各地のイベントとタイアップし、ブルーライトアップイベントを行い多数の参加者がありました。今後もさらに地域住民への啓蒙活動を継続していきたいです。

内分泌診療は、甲状腺疾患をはじめ、下垂体、副腎疾患などを幅広く診療しています。内分泌疾患は比較的稀であるが、特に頻度の多い内分泌疾患に注目し、積極的に拾いあげていく方針をとり診療実績は増加しています。院内や地域の医師に認知していただき、効率的な診療ネットワークを形成することができています。

4.診療実績

糖尿病

入院

糖尿病患者数(他科共診は除く) 148例
1型糖尿病 8例
2型糖尿病 119例
その他特定の機序、疾患によるもの 15例
糖尿病ケトアシドーシス 2例
高血糖性高浸透圧症候群 3例
低血糖昏睡  2例

外来

インスリン導入(新規) 9例
インスリン変更指導 1例
生活指導 63例
フットケア指導 4例
透析予防指導 3例
昼間糖尿病教室参加者 832人
夜間糖尿病教室参加者 41人
日本糖尿病療養指導士 11人
愛媛糖尿病療養指導士 17人

甲状腺・内分泌

主な内分泌疾患入院患者数

中枢性尿崩症 1例
バセドウ病 6例
原発性アルドステロン症(含疑い) 23例
副腎腫瘍 5例
電解質異常 6例
副腎静脈サンプリング 5例

検査

甲状腺超音波検査 604例
エコーガイド下細胞診 102例
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績

1)講演・講義他

南海放送ラジオ 糖尿病セミナー(9月26日、松山)

藤堂裕彦:Q&A

令和元年度生活習慣病予防検討会(12月18日 宇和島)

藤堂裕彦:事例を基に糖尿病重症化予防に取り組む 最近の診断と治療について