糖尿病内科、内分泌内科

1.研修・認定施設

  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本内分泌学会内分泌代謝科専門医認定教育施設
  • 日本甲状腺学会認定専門医施設

2.スタッフ紹介

内分泌内科長兼糖尿病内科長 山口 朋孝(やまぐち ともたか)

資格・認定 日本内科学会認定内科医、総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・認定指導医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
ICD
主な専門領域 糖尿病
主な所属学会 日本内科学会
日本糖尿病学会
日本プライマリ・ケア連合学会
日本消化器病学会
日本肝臓学会
日本消化管学会
日本内分泌学会
日本甲状腺学会
日本感染症学会
日本超音波医学会
日本静脈経腸栄養学会
日本病態栄養学会
日本内視鏡学会
日本救急医学会
ドクターから一言

内分泌内科副科長兼糖尿病内科副科長 藤堂 裕彦(とうどう やすひこ)

資格・認定 日本内科学会 認定内科医 総合内科専門医
日本内分泌学会 専門医 指導医
日本糖尿病学会 専門医
日本甲状腺学会 専門医
日本超音波医学会 専門医
主な専門領域 内分泌
代謝
糖尿病
主な所属学会 日本内科学会
日本内分泌学会
日本糖尿病学会
日本甲状腺学会
日本超音波医学会
ドクターから一言 よろしくお願いします。

3.診療の総括

当院の糖尿病診療は、循環器内科、眼科、泌尿器科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、歯科など関連各科と連携し、総合的診療を行っています。また、糖尿病の専門知識を有する看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士などのコメディカルスタッフとチームをつくり、専門的で高度なケアを行っています。愛媛県および高知県の西南地域における医療情勢の変化にともない、当科が担当すべき地域が拡大しています。あわせて高齢者、進行した合併症を有する症例、急性合併症の症例、他疾患の専門的治療に随伴する糖尿病症例など専門医でないと対応が困難な症例が増加しています。関連他科の先生方、コメディカルスタッフの方々の多大なご支援とご協力がなければ成り立たないということを日々実感しています。

地域住民への啓蒙のため、コメディカルスタッフとともにさまざまなイベントを行っています。昼間の糖尿病教室、夜間糖尿病教室は好評をいただいています。また、今回で第9回目となる11月14日の世界糖尿病デーには、全国各地のイベントとタイアップし、ブルーライトアップイベントを行い多数の参加者がありました。今後もさらに地域住民への啓蒙活動を継続していきたいです。

内分泌診療は、甲状腺疾患をはじめ、下垂体、副腎疾患などを幅広く診療しています。内分泌疾患は比較的稀ですが、特に頻度の多い内分泌疾患に注目し、積極的に拾いあげていく方針をとり診療実績は増加しています。院内や地域の医師に認知していただき、効率的な診療ネットワークを形成することができています。また、原発性アルドステロン症の全国規模臨床研究対象施設に選定され、エビデンス構築に貢献しています。内分泌疾患の診療対象地域は着実に拡大しており、当科で扱う内分泌症例数は着実に増加しています。したがって、研修医が担当する症例も増加しており、初期研修医にとって魅力ある施設であると考えています。

当科の常勤医師数は2名と少ないですが、診療実績をさらに伸ばすことができたと考えています。また、若手医師の育成にも積極的に取り組んでおり、当科の魅力を伝えることができていると考えます。臨床業務にとどまらず、学術的な活動も積極的に行っており、治験、大規模臨床研究に参加し一定の評価をいただいています。今後さらにレベルアップを目指したいです。これからも愛媛県の医療レベルの向上にも引き続き貢献したいと考えています。

4.診療実績

糖尿病

入院

糖尿病患者数(他科共診は除く) 190例
1型糖尿病 12例
2型糖尿病 175例
妊娠糖尿病 0例
その他特定の機序、疾患によるもの 3例
糖尿病ケトアシドーシス 1例
高血糖性高浸透圧症候群 5例
低血糖昏睡  4例

外来

妊娠糖尿病 19例
インスリン導入(新規) 27例
インスリン変更指導 11例
生活指導 62例
フットケア指導 7例
持続血糖モニタリング(CGM) 17例
昼間糖尿病教室参加者 1,058人
夜間糖尿病教室参加者 43人
日本糖尿病療養指導士 10人
愛媛糖尿病療養指導士 19人

甲状腺・内分泌

主な内分泌疾患入院患者数

自己免疫性下垂体炎 1例
汎下垂体機能低下症 2例
重症成人成長ホルモン分泌不全症 3例
中枢性性腺機能低下症 2例
バセドウ病 6例
甲状腺眼症 1例
慢性甲状腺炎 1例
甲状腺腫瘍 1例
原発性副甲状腺機能亢進症 4例
原発性アルドステロン症(含疑い) 64例
副腎皮質機能低下症 5例
電解質異常 9例
内分泌負荷試験 182例
副腎静脈サンプリング 23例

外来初診患者数

バセドウ病 39例
慢性甲状腺炎 46例
亜急性甲状腺炎 9例
無痛性甲状腺炎 8例
甲状腺超音波検査 733例
エコーガイド下細胞診 235例
内分泌負荷試験 38例

内分泌疾患手術紹介数

バセドウ病 5例
悪性甲状腺腫 1例
結節性甲状腺腫 7例
副甲状腺腫 2例
副腎腫瘍 8例

5.後期研修医紹介

糖尿病内科・内分泌内科 後期研修医紹介はこちら

▼医療関係者向け情報▼

6.学術的業績(2017年1月1日~12月31日)

1)受賞業績

  1. 医学優秀論文宇和島賞(Uwajima award)

    優秀賞:恩地裕史

    局在診断に苦慮した原発性副甲状腺機能亢進症の1例
    恩地裕史、宮内省蔵、宮﨑万純
    愛媛医学 2017;36(3): 171-174.

  2. 市立宇和島病院医学論文賞

    金賞:宮内省蔵

    • Seasonal difference of serum Immunogloburin E levels at the first visit in patients with Graves’ disease.
      Shozo Miyauchi, Toru Eguchi and Masumi Miyazaki:
      Nan-yo Med. J.  2017;Vol 18 No.1:42-47.
    • Free testosterone concentration is inversely associated with markers of liver fibrosis in men with type 2 diabetes mellitus.
      Shozo Miyauchi, Teruki Miyake, Masumi Miyazaki, Toru Eguchi, Tetsuji Niiya, Shin Yamamoto, Hidenori Senba, Shinya Furukawa, Bunzo Matsuura and Yoichi Hiasa:
      Endocrine Journal. 2017;Vol.64 (12):1137-1142.

2)論文報告

  1. Shozo Miyauchi, Teruki Miyake, Masumi Miyazaki, Toru Eguchi, Tetsuji Niiya, Shin Yamamoto, Hidenori Senba, Shinya Furukawa, Bunzo Matsuura and Yoichi Hiasa:
    Free testosterone concentration is inversely associated with markers of liver fibrosis in men with type 2 diabetes mellitus.
    Endocrine Journal. 2017;Vol.64 (12):1137-1142.
  2. Shozo Miyauchi, Toru Eguchi and Masumi Miyazaki:
    Seasonal differences of serum Immunoglobulin E levels ar the first visit in patients with Graves’ disease.
    Nan-yo Med. J.  2017;Vol 18 No.1:42-47.
  3. 恩地裕史、宮内省蔵、宮﨑万純:
    局在診断に苦慮した原発性副甲状腺機能亢進症の1例
    愛媛医学 2017;36(3):171-174.

(2016年年報未掲載分)

  1. Shozo Miyauchi, Toru Eguchi, Masumi Miyazaki, Hiroyuki Wakisaka, Ryuichi Aibara, Yasuhiko Todo, Shin Yamamoto, Teruki Miyake, Shinya Furukawa, Bunzo Matsuura, and Yoichi Hiasa:
    Concurrent acute thyroid swelling and adult resipiratory distress syndrome after fine-needle aspiration: a case report.
    Nan-yo Med. J. 2016;Vol.17 N0.1: 39-45.
  2. 山崎幸、岡崎真由美、西本幸恵、川口ミサト、上崎禎子、藤田聖人、赤松金平、江口透、宮内省蔵:
    チーム医療による糖尿病支援の効果.
    南予医学雑誌 2016;17(1):9-15.
  3. 岩村卓明、福井聡、井上祐馬、竹口崇、宮内省蔵、宮﨑万純:
    市立宇和島病院放射線科における副腎静脈サンプリングの現状.
    南予医学雑誌 2016;17(1):25-32.

3)学会発表

(地方会)

第17回日本内分泌学会四国支部学術集会(9月2日、高松)

感染を契機に汎下垂体機能低下症を発症し、内科的治療が奏功した鞍上部腫瘍の1例
宮﨑万純、宮内省蔵、仙波英徳、三宅映己、山本晋、古川慎哉、日浅陽一、松浦文三

(研究会)

第42回愛媛内分泌代謝疾患懇話会(3月17日、松山)

局在診断に苦慮した原発性副甲状腺機能亢進症の1例
恩地裕史、宮内省蔵、宮﨑万純

第43回愛媛内分泌代謝疾患懇話会(9月22日、松山)

ステロイド投与により一部の下垂体ホルモンに分泌回復が認められた自己免疫性汎下垂体炎の1例
宮内省蔵、宮﨑万純

4)座長

宇和島医師会学術講演会(2月24日、宇和島)

宮内省蔵:特別講演「実臨床における糖尿病治療~新たな選択肢Weekly DPP4阻害薬について~」
下関市立市民病院 糖尿病内分泌代謝内科 医長 江口透

宇和島医師会学術講演会(7月14日、宇和島)

宮内省蔵:特別講演「進化する高血圧診療:原発性アルドステロン症」
大分大学医学部 内分泌代謝・膠原病・腎臓内科学講座 教授 柴田洋孝

宇和島医師会学術講演会(8月18日、宇和島)

宮内省蔵:特別講演「新しいインスリン製剤をどう活かすか」
東邦大学医学部 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野 教授 弘世貴久

第17回日本内分泌学会四国支部学術集会(9月2日、高松)

宮内省蔵:セッション1 下垂体

第43回愛媛内分泌代謝疾患懇話会(9月22日、松山)

宮内省蔵:話題提供

第60回日本甲状腺学会学術集会(10月5-7日、別府)

宮内省蔵:一般ポスター 症例検討

5)講演・講義他

宇和島市薬剤師研修会(2月28日、宇和島)

宮内省蔵:当院における糖尿病治療の現状

平成29年度愛媛県内科会学術講演会(6月3日、松山)

宮内省蔵:宇和島地域における内分泌疾患診療連携の試み

南海放送ラジオ ラジオ糖尿病セミナー(6月15日、松山)

宮内省蔵:糖尿病と脳卒中

宇和島医師会学術講演会(7月14日、宇和島)

宮内省蔵:当科における原発性アルドステロン症診療連携の取り組み

第54回ヘルスアカデミー/日本内分泌学会四国支部市民公開講座(7月23日、松山)

宮内省蔵:高血圧と内分泌の病気

西予市医師会講演会(12月6日、西予)

宮内省蔵:糖尿病の最近の話題

南宇和郡医師会学術講演会(12月8日、愛南)

宮内省蔵:当科におけるSGLT2阻害薬投与の実際