呼吸器外科

1.研修・認定施設

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定関連施設(京都大学医学部附属病院)
  • 日本胸部外科学会認定医認定制度関連施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

2.スタッフ紹介

科長兼救命救急センター長 根津 賢司(ねづ けんじ)

資格・認定 日本外科学会外科専門医、指導医
呼吸器外科学会専門医
日本がん治療認定医
肺がんCT検診認定医
日本消化器外科学会認定医
日本DMAT隊員
JATECコース修了
主な専門領域 呼吸器外科、災害医療
主な所属学会 日本外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本肺癌学会、
日本呼吸器内視鏡学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会
ドクターから一言 「患者様から学び、患者様に還元する医療、研究、教育」を大切にしながら頑張りたいと思います。
21世紀の外科を一緒に支えてくれる、ハートのある若手外科医の集まるチームを今後も育成していくのが夢です。

3.診療の総括

呼吸器外科は2015年4月より新設され、外科、心臓血管外科のメンバーとともに全体で携わっています。現在、当院では呼吸器内科の常勤医は不在ですが、愛媛大学医学部より濱田千鶴医師、愛媛県総合保健協会診療所長の西村一孝医師に非常勤で来ていただき、連携しながら呼吸器内科領域も当科にて対応しています。
呼吸器外科の治療領域は原発性肺がん、転移性肺がん、胸腺腫などの縦隔腫瘍に加え、炎症性肺腫瘤(肺真菌症、結核腫など)、自然気胸、血胸、多汗症、重症筋無力症、外傷(肋骨骨折による外傷性気胸、血胸など)、膿胸など多岐にわたります。
当科では上記の領域の診断(各種画像検査、気管支鏡検査など)から治療(外科治療、化学療法など)、またその後の経過フォローや緩和ケアに至るまで対応しています。
特に、現在肺癌は本邦においても増加の一途をたどっており,検診の普及により早期の肺癌が増えていますが、依然として進行肺癌も増えています。当院では、迅速かつ正確な判断に基づき、患者様一人一人の病状を考慮しつつ、患者様一人一人に対し最適かつ安全な治療方針を決定しています。またクリニカルパスという管理方式を徹底し、手術の安全性も含め、きわめて高いものになっています。
2015年の呼吸器外科手術件数は73例,うち原発性肺癌31例,転移性肺癌14例,自然気胸14例,良性肺腫瘍7例,縦隔腫瘍5例,膿胸2例で全体としても増加傾向にあります。また年間手術中,胸腔鏡下手術が約9割を占めています。現在、標準的な肺癌手術では、安全性、根治性を確保しつつ胸腔鏡を併用することで、身体にかかる負担を少なくし、より早い術後回復を促し、手術後7日~10日程度で退院することが可能となってきています。
日本は世界一の長寿国です。肺癌患者様も高齢化しています。その為に肺癌の治療に際して、高血圧、心臓病、糖尿病、その他の合併症をお持ちの方も数多く見られます。そのような方々に対しては、当院が総合病院であるという特性を生かし、他の専門科との連携と協力体制のもと、安全に手術が受けられる環境を整備しています。
今後とも日々診療や治療の技術を磨き、『患者様から学び、患者様に還元する医療』の理念にのっとり、 毎日の診療経験から学んだことを臨床や研究にフィードバックし、 地域医療に貢献したいと思っていますので、お気軽にご相談いただければと思います。
加えて、21世紀の外科を一緒に支えてくれる、夢の実現を分かち合えるハートのあるブラックジャックを目指す外科医も募っていますし、 若人の来てくれる魅力のある診療科を目指して日々精進していくつもりです。

4.診療実績

手術症例数 2014年 2015年
総症例数 55例(鏡視下手術38例) 73例(鏡視下手術67例)
原発性肺癌 20例(13例) 31例(29例)
肺葉切除 17例(11例) 22例(19例)
区域切除 1例(0例) 1例(1例)
部分切除 2例(2例) 8例(8例)
転移性肺癌 7例(5例) 14例(13例)
肺葉切除 4例(4例) 3例(2例)
部分切除 2例(1例) 11例(11例)
縦隔腫瘍 9例(7例) 5例(3例)
自然気胸 10例(10例) 14例(14例)
良性肺腫瘍 6例(3例) 7例(6例)
膿胸 3例(3例) 2例(2例)
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)学会発表

(総会)

第32回日本呼吸器外科学会総会(5月14-15日、高松)

左肺底動脈下行大動脈起始症の異常動脈瘤化にステントグラフト留置を行い安全に肺切除を施行し得た1手術例
根津賢司、三好麻衣子、延原研二、井村真里、堀内淳、明比俊、北條禎久、伊藤直起、濱田勲、酒井堅

第56回日本肺癌学会学術集会(11月26-28日、横浜)

診断に苦慮した両側同時性肺癌の1例
根津賢司、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、岡田憲三、坂尾寿彦、 梶原伸介

(地方会)

第24回日本呼吸器外科医会冬季学術集会(2月20-22日、軽井沢)

左肺底動脈下行大動脈起始症の異常動脈瘤化にステントグラフト留置を行い安全に肺切除を施行し得た1手術例
根津賢司、三好麻衣子、延原研二、井村真里、堀内淳、明比俊、北條禎久、伊藤直起、濱田勲、酒井堅

(研究会)

第61回西四国肺癌研究会(6月20日、松山)

診断に苦慮した両側同時性肺癌の1例
根津賢司、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、岡田憲三、坂尾寿彦、 梶原伸介

2)座長

呼吸器疾患カンファレンス(6月25日、宇和島)

根津賢司:
症例1: 当院における呼吸器症例へのアプローチ
市立宇和島病院 循環器内科 医員 櫃本竜郎
症例2: 喘息発作とCOPD増悪の対応、外来で診るSMART療法
愛媛医療センター 呼吸器内科 医長 伊東亮治

第54回日本肺癌学会中国・四国支部会 (7月3日、松山)

根津賢司:稀な腫瘍Ⅱ

COPD Forum in 宇和島(12月1日、宇和島)

根津賢司:
「COPD、今何が問題か?」
松山赤十字病院 呼吸器内科 部長 兼松貴則

3)講演・講義他

平成27年度愛媛県がん教育推進事業(10月23日、愛媛県立宇和島東高等学校)

根津賢司:がんってなに???がん治療の基礎を学ぼう!