血液内科

1.研修・認定施設

  • 日本血液学会認定血液研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導施設

2.スタッフ紹介

医局長兼内科主任科長 金子 政彦(かねこ まさひこ)

資格・認定 日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会専門医
日本人間ドック学会認定医
日本人間ドック健診情報管理指導士
ICD(infection control doctor)
抗菌化学療法認定医
ICLSインストラクター
JMECCインストラクター
主な専門領域 血液、膠原病
主な所属学会 日本内科学会
日本血液学会
日本臨床血液学会
日本造血細胞移植学会
日本輸血学会
日本感染症学会
日本消化器内視鏡学会
日本人間ドック学会
ドクターから一言 南予地域における血液悪性疾患の診療において、当院で治療が完結するよう造血幹細胞移植をはじめ、先進医療に取り組んでおります。また患者様、および家族の方に納得のいく治療法を選択して頂くために、ひろくセカンドオピニオンもすすめており、希望の病院や相応の病院を紹介しております。
患者様にはやさしく、自分とスタッフには厳しくがモットーです。

血液内科副科長兼外来化学療法室長 鹿田 久治(しかた ひさはる)

資格・認定 日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会指導医・専門医
日本臨床腫瘍学会・がん薬物療法指導医・専門医
主な専門領域 血液学、がん化学療法
主な所属学会 日本内科学会
日本血液学会
日本臨床腫瘍学会
日本癌治療学会
日本リンパ網内系学会
ドクターから一言 南予の患者様のために頑張ります。ストレート勝負が主体ですが、たまに変化球を投げられるように努めます。

血液内科医長 中西 英元(なかにし ひでゆき)

資格・認定  
主な専門領域 血液内科
主な所属学会  
ドクターから一言  

3.診療の総括

血液疾患、膠原病、および感染症の診療を主体として行っていますが、総合内科的な診療の取り組みも試みています。
血液疾患は急性白血病をはじめとした造血器腫瘍以外にも、再生不良性貧血や出血性疾患(血小板減少性紫斑病、血友病)など多岐にわたります。
膠原病では全身性エリテマトーデスをはじめとした自己免疫性疾患の診療も行っています。
無菌室4床を備え、標準的化学療法に加え新規分子標的治療はもちろんのこと、主に自家末梢血幹細胞移植を中心とした造血幹細胞移植にも力を入れています。 再生不良性貧血に対する免疫抑制療法なども行っています。がん薬物療法専門医がスタッフに加わったことで、新年度からは治験や臨床研究もスタートする予定であり、また院内でのキャンサーボド主催にも尽力しています。
さらに2009年10月から新たに臨床感染症診療をスタートさせ、重症敗血症症例の診療や院内のコンサルテーション業務にも対応しています。

4.診療実績

2015年の入院患者数:のべ551名

疾患別患者数

新規血液悪性疾患(入院治療のみ)

急性骨髄性白血病 8例
急性リンパ性白血病 2例
急性混合性白血病 1例
慢性骨髄性白血病 3例
ホジキンリンパ腫 2例
非ホジキンリンパ腫 17例
脳原発悪性リンパ腫 1例
成人T細胞性白血病 3例
多発性骨髄腫 7例
原発性マクログロブリン血症 2例
骨髄異形成症候群 11例
アミロイドーシス 1例

新規膠原病(入院治療のみ)

全身性エリテマトーデス 4例
全身性強皮症 1例
多発筋炎・皮膚筋炎 3例
大動脈炎症候群 1例
家族性地中海熱 1例
血管炎症候群 7例
アレルギー性肉芽腫性血管炎 1例
その他(側頭動脈炎、リウマチ性多発筋痛症、関節リウマチ、Still病、キャッスルマン病、IgG4関連疾患など) 14例

その他の新規血液疾患(入院治療のみ)

骨髄増殖性疾患 3例
特発性血小板減少性紫斑病 1例
再生不良性貧血 0例
自己免疫性溶血性貧血 1例
血友病 1例
その他、血液疾患 2例

新規感染症

髄膜炎 10例
感染性心内膜炎 4例
重症敗血症・敗血症性ショック 12例
骨髄炎 4例
壊死性筋膜炎 1例
日本紅斑熱 1例
Lemierre’s症候群 1例
感染性大動脈瘤 1例
ニューモシスティス肺炎 1例

治療・検査実績

その他

不明熱 12例
脾出血 1例
脳炎 1例
原発不明がん 3例
肺癌 3例
肺胞出血 1例

造血幹細胞移植

自家末梢血幹細胞移植 0例

検査実績

骨髄穿刺 192件
骨髄生検 25件

他科からの感染症コンサルテーション

1日平均 2件
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)受賞業績

第63回日本化学療法学会総会(6月4-6日、東京)
優秀演題賞

金子政彦:劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症による骨盤腹膜炎の1例
(侵襲性A群溶血性連鎖球菌感染症による骨盤腹膜炎と考えられた1例)

2)論文報告

  1. 金子政彦、東太地、安川正貴、四宮博人:
    血球貪食リンパ組織球症を合併し致死的経過を辿った重症熱性血小板減少症候群の1例.
    感染症学雑誌 2015;89(5): 58-64.
  2. Kaneko M, Maruta M, Shikata H, Hanayama M, Ikebe T.:
    Acute abdomen due to group A streptococcus bacteremia caused by an isolate with a mutation in the csrS gene.
    J Infect Chemother. 2015;21:816-819.

3)学会発表

(総会)

第63回日本化学療法学会総会(6月4-6日、東京)

劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症による骨盤腹膜炎の1例(侵襲性A群溶血性連鎖球菌感染症による骨盤腹膜炎と考えられた1例)
金子政彦

(地方会)

第112回日本内科学会四国地方会(6月7日、高知)

大腸腺腫を伴ったStreptococcus gallolyticus subsp. gallolyticusによる化膿性脊椎炎の1例
新山優、橋本悠、丸田雅樹、鹿田久治、金子政彦

第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会(10月15-17日、奈良)

致死的経過を辿ったStreptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis (SDSE)による劇症型β溶血性連鎖球菌感染症の4例
金子政彦、丸田雅樹

第113回日本内科学会四国地方会(12月6日、高松)

  1. 繰り返す腸内細菌による菌血症を契機に発見されたadenocarcinomaの1例
    中尾恭久、丸田雅樹、鹿田久治、金子政彦
  2. 感染性心内膜炎合併の否定に難渋したListeria monocytogenes菌血症の1例
    日下部公資、丸田雅樹、鹿田久治、金子政彦

4)講演・講義他

愛媛県CINV Seminar2015 ~制吐療法の新しい知見~(2月7日、松山)

鹿田久治:がん化学療法における制吐療法の取り組み ~悪性リンパ腫を中心に~

愛媛感染症研究会(2月13日、松山)

金子政彦:A群溶血性連鎖球菌による原発性腹膜炎の1例

第2回重症熱性血小板減少症候群(SFTS)検討会(2月21日、松山)

金子政彦:市立宇和島病院 7例の報告

大日本住友製薬社内勉強会(3月3日、宇和島)

金子政彦:血液内科領域における抗真菌薬の使い分けについて

血液内科若手医師セミナー(5月14日、松山)

丸太雅樹:血液内科と総合診療の親和性

JMECC コースインストラクター(6月28日、東温)

金子政彦:

MSD株式会社社内勉強会(6月30日、宇和島)

金子政彦:深在性真菌症について -血液内科領域における抗真菌薬の使い分け-

第25回愛媛リンパ腫研究会(7月4日、松山)

鹿田久治:Angioimmunoblastic T-cell lemphoma (AITL)

第2回愛媛研修医OSCE大会及び愛媛県若手医師指導評価者講習会(7月12日、東温)

金子政彦、丸田雅樹、新山優:

第2回南予プライマリ研究会(8月28日、愛南)

丸太雅樹:遷延性咳嗽と意識障害を来した小細胞性肺がんの一例:症例検討

外科系感染症研究会(9月5日、松山)

金子政彦、丸田雅樹、鹿田久治、石田直樹、坂尾寿彦:感染性大動脈瘤の一例

南予CML研究会パネリスト(9月18日、宇和島)

丸太雅樹:2nd TKIの副作用に基づく使い分け

トレアキシン Meet The Expert in 愛媛(11月6日、松山)

鹿田久治:当院のベンダムスチン使用例

四国PNH研究会(11月7日、松山)

金子政彦:当院で経験した発作性夜間血色素尿症

JMECC ブース長(12月15日、東京)

金子政彦: