内科、血液内科

1.研修・認定施設

  • 日本血液学会認定血液研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会指導施設

2.スタッフ紹介

内科

医局長兼主任科長 金子 政彦(かねこ まさひこ)

資格・認定 日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会専門医
日本人間ドック学会認定医
日本人間ドック健診情報管理指導士
ICD(infection control doctor)
抗菌化学療法認定医
ICLSインストラクター
JMECCインストラクター
主な専門領域 血液、膠原病
主な所属学会 日本内科学会
日本血液学会
日本臨床血液学会
日本造血細胞移植学会
日本輸血学会
日本感染症学会
日本消化器内視鏡学会
日本人間ドック学会
ドクターから一言 南予地域における血液悪性疾患の診療において、当院で治療が完結するよう造血幹細胞移植をはじめ、先進医療に取り組んでおります。また患者様、および家族の方に納得のいく治療法を選択して頂くために、ひろくセカンドオピニオンもすすめており、希望の病院や相応の病院を紹介しております。
患者様にはやさしく、自分とスタッフには厳しくがモットーです。

医員 横本 祐希(よこもと ゆき)

資格・認定  
主な専門領域 循環器
主な所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
ドクターから一言 地域のみなさまに頼りにしていただけるよう日々努力していきます!

医員 林 智里(はやし ちさと)

資格・認定  
主な専門領域 内科
主な所属学会 日本内科学会
ドクターから一言 地域の医療に貢献できるよう頑張ります。
よろしくお願い致します。

血液内科

科長兼外来化学療法室長 鹿田 久治(しかた ひさはる)

資格・認定 日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会指導医・専門医
日本臨床腫瘍学会・がん薬物療法指導医・専門医
主な専門領域 血液学、がん化学療法
主な所属学会 日本内科学会
日本血液学会
日本臨床腫瘍学会
日本癌治療学会
日本リンパ網内系学会
ドクターから一言 南予の患者様のために頑張ります。ストレート勝負が主体ですが、たまに変化球を投げられるように努めます。

医長 中西 英元(なかにし ひでゆき)

資格・認定  
主な専門領域 血液内科
主な所属学会  
ドクターから一言  

3.診療の総括

血液疾患、膠原病、および感染症の診療を主体として行っていますが、総合内科的な診療の取り組みも試みています。
血液疾患は急性白血病をはじめとした造血器腫瘍以外にも、再生不良性貧血や出血性疾患(血小板減少性紫斑病、血友病)など多岐にわたります。膠原病では全身性エリテマトーデスをはじめとした自己免疫性疾患の診療も行っています。

無菌室4床を備え、標準的化学療法に加え新規分子標的治療はもちろんのこと、主に自家末梢血幹細胞移植を中心とした造血幹細胞移植にも力を入れています。再生不良性貧血に対する免疫抑制療法なども行っています。がん薬物療法専門医がスタッフに加わったことで、新年度からは治験や臨床研究もスタートする予定であり、また院内でのキャンサーボド主催にも尽力しています。

さらに2009年10月から新たに臨床感染症診療をスタートさせ、重症敗血症症例の診療や院内のコンサルテーション業務にも対応しています。

4.診療実績

2016年の入院患者数:のべ584名

疾患別患者数

新規血液悪性疾患(入院治療のみ)

急性骨髄性白血病 9例
慢性骨髄性白血病 4例
非ホジキンリンパ腫 20例
成人T細胞性白血病 4例
多発性骨髄腫 8例
原発性マクログロブリン血症 1例
骨髄異形成症候群 2例

新規膠原病(入院治療のみ)

シェーグレン症候群 2例
血管炎症候群 4例
その他(側頭動脈炎、リウマチ性多発筋痛症、Still病など) 5例

その他の新規血液疾患(入院治療のみ)

骨髄増殖性疾患 3例
特発性血小板減少性紫斑病 4例
再生不良性貧血 1例
血友病 1例
その他、血液疾患 4例

新規感染症

髄膜炎 2例
化膿性脊椎炎 4例
感染性心内膜炎 3例
重症敗血症・敗血症性ショック 6例
骨髄炎 3例
日本紅斑熱 2例
破傷風 1例
ニューモシスティス肺炎 1例

治療・検査実績

その他

不明熱 6例、脳炎 1例、原発不明がん 4例、肺癌 2例、など

造血幹細胞移植

自家末梢血幹細胞移植 0例

検査実績

骨髄穿刺 158件、骨髄生検 28件

他科からの感染症コンサルテーション

1日平均2件

▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2016年1月1日~12月31日)

1)受賞業績

第55回日本血液学会中国四国地方会(3月12日、松山)

若手奨励賞

急性骨髄性白血病の化学療法中にRothia mucilaginosaによる侵襲性感染症を来した一例
中川みく、丸田雅樹、鹿田久治、金子政彦

2)論文報告

  1. Tamura K, Kawai Y, Kiguchi T, Okamoto M, Kaneko M, Maemondo M, Gemba K, Fujimaki K, Kirito K, Goto T, Fujisaki T, Takeda K, Nakajima A, Ueda T.:
    Efficacy and safety of febuxostat for prevention of tumor lysis syndrome in patients with malignant tumors receiving chemotherapy: a phase III, randomized, multi-center trial comparing febuxostat and allopurinol.
    Int J Clin Oncol. 2016; 21: 996-1003.
  2. Shikata, H., Maruta, M. & Kaneko, M.:
    Diffuse large B-cell lymphoma, not otherwise specified presenting with bone and bone marrow involvement in the absence of lymphadenopathy.
    Int Canc Conf J. 2016; 5: 183-186.

3)学会発表

(総会)

第90回日本感染症学会総会・学術講演会(4月15-16日、仙台)

夫婦間で伝播したCA-MRSAによる感染症例および当院における現状
金子政彦

第64回日本化学療法学会総会(6月9-11日、神戸)

メチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)によるLemierre症候群の1例
金子政彦

第14回日本臨床腫瘍学会学術集会(7月29日、神戸)

リツキシマブ投与中に冠攣縮性狭心症を併発した血管内大細胞型B細胞リンパ腫
鹿田久治、丸田正樹、金子政彦

(地方会)

第55回日本血液学会中国四国地方会(3月12日、松山)

  1. 急性骨髄性白血病の化学療法中にRothia mucilaginosaによる侵襲性感染症を来した一例
    中川みく、丸田雅樹、鹿田久治、金子政彦
  2. 骨病変と骨髄浸潤のみで発症し,白血化したde novo CD5陽性びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫
    鹿田久治、丸田雅樹、金子政彦

第115回日本内科学会四国地方会(11月27日、松山)

  1. インフルエンザA感染に併発した血球貪食症候群の1例
    鈴木萌子、中西英元、鹿田久治、金子政彦
  2. 急性肝炎との鑑別に難渋しランダム皮膚生検が診断に有用であった血管内大細胞リンパ腫
    大内綾鹿、中西英元、鹿田久治、金子政彦
  3. 外科的切除し得た後腹膜原発超巨大脂肪肉腫の1例
    恩地裕史、中西英元、鹿田久治、金子政彦

4)座長

第114回日本内科学会四国支部主催四国地方会(5月22日、徳島)

金子政彦:感染症1 研修医

5)講演・講義他

第23回愛媛オンコロジーフォーラム(2月5日、松山)

鹿田久治:抗がん剤治療におけるG-CSFの投与時期と効果の検討―悪性リンパ腫を中心として

JMECC 松山赤十字病院(2月7日、松山)

金子政彦:ブース長

愛媛感染症研究会(3月10日、松山)

鈴木萌子、中西英元、鹿田久治、金子政彦:肝膿瘍と眼内炎を合併しIPMCの胃穿通を認めた過粘稠性Klebsiella pneumoniae菌血症

宇和島医師会学術講演会(4月22日、宇和島)

鹿田久治:慢性骨髄性白血病の治療

リツキサンの維持療法を考える会(6月22日、松山)

鹿田久治:パネリスト

JMECC 済生会西条病院(10月29日、西条)

金子政彦:コースインストラクター