耳鼻いんこう科・頭頸部外科

1.研修・認定施設

  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本気管食道科学会専門医研修施設(咽喉系)

2.スタッフ紹介

科長 吉田 正(よしだ ただし)

資格・認定 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医
日本頭頸部外科学会認定頭頸部がん専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
主な専門領域 頭頚部腫瘍
主な所属学会 日本耳鼻咽喉科学会
耳鼻咽喉科臨床学会
日本耳科学会
日本頭頚部外科学会
日本聴覚医学会
日本頭頚部癌学会
日本鼻科学会
ドクターから一言 耳鼻いんこう科、頭頸部外科として南予地域の医療を支えられるよう頑張ります。

医長 青石 邦秀(あおいし くにひで)

資格・認定 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
主な専門領域 耳鼻いんこう科一般
主な所属学会 日本耳鼻咽喉科学会
日本鼻科学会
日本小児耳鼻咽喉科学会
ドクターから一言 地域医療を支えるべく全力を尽くして頑張りたいと思います

医員 林 祐志(はやし ゆうじ)

資格・認定  
主な専門領域 耳鼻咽喉科一般
主な所属学会 日本耳鼻咽喉科学会
ドクターから一言 地域医療に貢献できるよう頑張りたいと思います。

専攻医 岩田 真治(いわた しんじ)

資格・認定  
主な専門領域 耳鼻咽喉科一般
主な所属学会 日本耳鼻咽喉科学会
ドクターから一言 地域医療に貢献できるよう精一杯頑張ります。

3.診療の総括

当科では耳鼻いんこう科および頭頸部外科を標榜して診療を行っています。サブスペシャリティーとしては耳科学・鼻科学・喉頭科学などにも細分化されており(下図円グラフ参照)、対象疾患・年齢層とも多岐にわたっています。また、他科との境界領域疾患が多いという特徴があり、眼科・脳神経外科・歯科口腔外科などと積極的に連携をとって診療にあたっています。

耳疾患は、2016年も中耳真珠腫症に対する鼓室形成術、糖尿病を合併する重症の突発性難聴・顔面神経麻痺や急性期めまいなどを中心に入院治療を行いました。前任の相原科長が異動となったため、鼓室形成術などの中耳手術は大学病院から耳科学の専門医を招いています。

鼻疾患は、難治性の慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術、鼻中隔矯正術、顔面骨折整復術、鼻出血などが入院治療の対象です。2016年も例年並みの手術件数がバランスよく維持されています。全国的な傾向ですが、当科でも難治性の好酸球性副鼻腔炎に対する手術例の比率が増加し、本年は副鼻腔乳頭腫の症例が多かったです。

咽頭喉頭疾患では、口蓋扁桃摘出術(アデノイド切除術を含む)、扁桃周囲膿瘍や深頸部膿瘍の治療、声帯ポリープなどに対する喉頭微細手術を行っています。2016年は前年に引き続き扁桃周囲膿瘍と急性喉頭蓋炎が多目でした。

例年通り内分泌内科医との連携のもと、積極的に甲状腺・副甲状腺疾患の手術治療を行っています。

また頭頸部癌専門医の脇坂浩之医師を嘱託医として招き、頭頸部悪性腫瘍の診療も積極的に行っています。

入院診療の総括としては、2016年は患者総数、手術件数ともに前年と同程度かやや増加していました。4月の人事異動前後に手術件数は減りましたが、影響は一時的で通常の診療体制に戻っています。

本年も宇和島市立津島病院(週3回)と県立南宇和病院(週1回)の外来診療支援(午前中)を継続しました。

4.診療実績

入院患者総数:388名

性別 男性242名、女性146名
年齢 平均48.9歳(2~91歳)
総平均在院日数 11日(2~110日)
短期入院(30日以下) 10日(380名)
長期入院(31日以上) 58日(8名)

疾患領域別頻度のグラフ

主要疾患別統計(2016年)

主病名 患者数 男女比(男/女) 平均年齢 平均在院日数
13.慢性中耳炎(含真珠腫) 13 1.16 49.5 13
14.突発性難聴 18 3.5 56.7 14
15.めまい 16 0.77 69 9
16. 顔面神経麻痺 16 2.2 55.1 13
23.慢性副鼻腔炎(急性含む) 55 1.39 54 10
24.顔面骨折 15 6.5 31.4 9
31.扁摘 &/or アデノイド 59 1.45 17 9
34.扁桃周囲膿瘍(炎) 35 1.18 44.6 7
41.ラリンゴ(K以外) 11 4.5 55.5 7
42.喉頭蓋炎 6 1 59.3 9
52.耳下腺良性 5 1.5 72 7
63.甲状腺腫(副甲状腺含む) 9 0.11 48.3 9
65.甲状腺癌 10 0.42 59.1 12
71.悪性腫瘍(甲状腺を除く) 24 5 66.7 28

2016年 手術件数(外来手術を含む)

1.耳

鼓室形成術 12
鼓膜形成術(耳内法を含む) 1
先天性耳瘻孔摘出術 1
その他 9
小計 23

2.鼻

鼻中隔矯正術 33
内視鏡下鼻内副鼻腔手術 81
顔面骨折整復術 15
その他 35
小計 164

3.咽頭

口蓋扁桃摘出術(アデノイド、UPPPを含む) 141
その他 4
小計 145

4.喉頭

喉頭微細手術(生検を含む) 18
気管切開術 17
食道異物 他 1
小計 36

5.唾液腺

顎下腺 2
耳下腺 4
舌下腺 0
小計 6

6.頸部

腫瘍、嚢胞(生検を含む) 22
甲状腺良性腫瘍 9
甲状腺悪性腫瘍 8
バセドウ病 2
副甲状腺腫瘍 1
その他 2
小計 44

7.悪性腫瘍

頸部郭清術 8
舌癌 3
上顎癌 1
口腔底癌 1
中咽頭癌 2
喉頭癌 1
小計 16

合計

(重複あり、患者数は258名) 434

●新専門医制度のカウント方法を採用し、内視鏡下鼻内副鼻腔手術に加え、口蓋扁桃摘出術と喉頭微細手術においても両側例は2件として集計しました。

▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2016年1月1日~12月31日)

1) 学会発表

(地方会)

第68回日本耳鼻咽喉科学会愛媛県地方部会(4月24日、松山)

  1. 当院における食道異物に対する佐藤式彎曲型咽喉頭直達鏡の使用経験
    青石邦秀、勢井洋史、寺岡正人、相原隆一
  2. 当院における8年間の鼻出血入院症例の検討
    勢井洋史、青石邦秀、寺岡正人、相原隆一

第42回日本耳鼻咽喉科学会中国四国地方部会連合学会(6月23-24日、松江)

当科で経験した特発性縦隔気腫の3例
林祐志、青石邦秀、勢井洋史、寺岡正人、相原隆一、吉田正

第42回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会(12月4日、高知)

急性中耳炎を契機に診断された多発性骨髄腫の一例
青石邦秀、林祐志、勢井洋史、吉田正