耳鼻いんこう科・頭頸部外科

1.研修・認定施設

  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本気管食道科学会専門医研修施設(咽喉系)

2.スタッフ紹介

科長 吉田 正(よしだ ただし)

資格・認定 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器相談医
日本頭頸部外科学会認定頭頸部がん専門医
主な専門領域 頭頚部腫瘍
主な所属学会 日本耳鼻咽喉科学会、耳鼻咽喉科臨床学会、日本耳科学会、日本頭頚部外科学会、日本聴覚医学会、日本頭頚部癌学会
ドクターから一言 耳鼻いんこう科、頭頸部外科として南予地域の医療を支えられるよう頑張ります。

医長 青石 邦秀(あおいし くにひで)

資格・認定 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
主な専門領域 耳鼻いんこう科一般
主な所属学会 日本耳鼻咽喉科学会
日本鼻科学会
日本小児耳鼻咽喉科学会
ドクターから一言 地域医療を支えるべく全力を尽くして頑張りたいと思います

医長 勢井 洋史(せい ひろふみ)

資格・認定 耳鼻咽喉科専門医
主な専門領域  
主な所属学会 日本耳鼻咽喉科学会
耳鼻咽喉科臨床学会
日本咽喉科学会
日本嚥下医学会
ドクターから一言 地域医療に貢献できるように全力で頑張ります。

医員 林 祐志(はやし ゆうじ)

資格・認定  
主な専門領域 耳鼻咽喉科一般
主な所属学会 日本耳鼻咽喉科学会
ドクターから一言 地域医療に貢献できるよう頑張りたいと思います。

3.診療の総括

当科では耳鼻いんこう科および頭頸部外科を標榜して診療を行っています。サブスペシャリティーとしては耳科学・鼻科学・喉頭科学などにも細分化されており(下図円グラフ参照)、対象疾患・年齢層とも多岐にわたっています。また、他科との境界領域疾患が多いという特徴があり、眼科・脳神経外科・歯科口腔外科などと積極的に連携をとって診療にあたっています。
耳疾患は、2015年も中耳真珠腫症に対する鼓室形成術、糖尿病を合併する重症の突発性難聴・顔面神経麻痺や急性期めまいなどを中心に入院治療を行ってました。外来では、数年来小児の難治性中耳炎が減少している印象があります。
鼻疾患は、難治性の慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内副鼻腔手術、鼻中隔矯正術、顔面骨折整復術、鼻出血などが入院治療の対象です。2015年も例年並みの手術件数がバランスよく維持され、Navigation systemは有力なツールとして定着しました。また、好酸球性副鼻腔炎に対する手術例の比率が増加してきています。
咽頭喉頭疾患では、口蓋扁桃摘出術(アデノイド切除術を含む)、扁桃周囲膿瘍や深頸部膿瘍の治療、声帯ポリープなどに対する喉頭微細手術を行っています。2015年は前年に引き続き扁桃周囲膿瘍と急性喉頭蓋炎が多目でした。
例年通り内分泌内科医との連携のもと、積極的に甲状腺・副甲状腺疾患の手術治療を行っています。
また頭頸部癌専門医の脇坂浩之医師を嘱託医として招き、頭頸部悪性腫瘍の診療も積極的に行っています。
入院診療の総括としては、2015年は患者総数、手術件数ともに前年より減少していました。これは、人事異動、放射線治療施設の更新に伴う業務中断、地域の人口減少などが影響しているものと思われます。
気管切開術数は2015年も6件にとどまっており、他科からの依頼は3件のみでした。いわゆる“Best Supportive Care”の名のもとに侵襲的治療行為が敬遠される傾向が続いていると考えられます。
本年も宇和島市立津島病院(週3回)と県立南宇和病院(週1回)の外来診療支援(午前中)を継続しました。

4.診療実績

入院患者総数:373名

性別 男性213名、女性160名
年齢 平均47.1歳(2~89歳)
総平均在院日数 11.9日(2~120日)
短期入院(30日以下) 10.0日(361名)
長期入院(31日以上) 68.1日(12名)
疾患領域別頻度のグラフ

主要疾患別統計(2015年)

主病名 患者数 男女比(男/女) 平均年齢 平均在院日数
13.慢性中耳炎(含真珠腫) 12 0.50 48.6 17.9
14.突発性難聴 19 1.71 57.4 13.8
15.めまい 11 0.22 62.5 9.5
16. 顔面神経麻痺 16 1.29 57.7 13.4
23.慢性副鼻腔炎(急性含む) 41 0.95 54.5 9.5
24.顔面骨折 28 6.00 32.1 8.2
31.扁摘 &/or アデノイド 64 1.56 19.8 8.6
34.扁桃周囲膿瘍(炎) 30 3.29 50.0 7.7
41.ラリンゴ(K以外) 4 3.00 62.8 9.0
42.喉頭蓋炎 8 3.00 49.4 8.3
52.耳下腺良性 6 2.00 47.2 7.7
63.甲状腺腫(副甲状腺含む) 12 0.20 49.2 9.2
65.甲状腺癌 8 0.14 58.4 11.4
71.悪性腫瘍(甲状腺を除く) 27 5.75 67.9 40.6

2015年 手術件数(外来手術を含む)

1.耳

鼓室形成術 13
鼓膜形成術(耳内法を含む) 1
先天性耳瘻孔摘出術 6
その他 6
小計 26

2.鼻

鼻中隔矯正術 32
内視鏡下鼻内副鼻腔手術 77
顔面骨折整復術 24
その他 12
小計 145

3.咽頭

口蓋扁桃摘出術(アデノイド、UPPPを含む) 132
その他 2
小計 134

4.喉頭

喉頭微細手術(生検を含む) 7
気管切開術 6
食道異物 他 3
小計 16

5.唾液腺

顎下腺 3
耳下腺 6
舌下腺 1
小計 10

6.頸部

腫瘍、嚢胞(生検を含む) 17
甲状腺良性腫瘍 12
甲状腺悪性腫瘍 7
バセドウ病 4
副甲状腺腫瘍 1
その他 2
小計 43

7.悪性腫瘍

頸部郭清術 4
舌癌 6
上顎癌 2
口腔癌 1
小計 13

合計

重複あり、患者数は264名 387

●今回より、新専門医制度のカウント方法を採用し、内視鏡下鼻内副鼻腔手術に加え、口蓋扁桃摘出術と喉頭微細手術においても両側例は2件として集計しました。

▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. 寺岡正人、相原隆一、青石邦秀、勢井洋史:
    嚥下障害を主訴とした下咽頭脂肪腫の1例.
    南予医学雑誌 2015;16:96-100.
  2. 行本敦、橋本悠、花山雅一、小幡善保、谷平哲哉、清家裕貴、岡本傳男、市川幹郎、寺岡正人:
    ACE阻害剤による血管性浮腫が疑われた舌腫脹の1例.
    日本内科学会雑誌 2015;104(7):1460-1463.

2)学会発表

(総会)

第116回日本耳鼻咽喉科学会総会(5月21-23日、東京)

アレルギー性鼻炎モデルマウスに対するボツリヌス毒素A型の有効性について
青石邦秀、羽藤直人、高橋宏尚、暁清文

第54回日本鼻科学会総会(10月2-3日、広島)

シリコンシートによるステントを用いた内視鏡下涙嚢鼻腔吻合術~児玉法(2011)の追試~
青石邦秀、勢井洋史、寺岡正人、相原隆一

第25回日本耳科学会総会(10月8-10日、長崎)

限局性の外耳道腫瘍として発現した副咽頭神経鞘腫の一例
相原隆一

(地方会)

第66回日本耳鼻咽喉科学会愛媛県地方部会(4月19日、松山)

  1. 限局性の外耳道腫瘍として発現した副咽頭神経鞘腫の一例
    青石邦秀、勢井洋史、寺岡正人、相原隆一
  2. シリコンシートによるステントを用いた内視鏡下涙嚢鼻腔吻合術~児玉法(2011)の追試~
    相原隆一、勢井洋史、青石邦秀、寺岡正人

第41回日本耳鼻咽喉科学会中国四国地方部会連合学会(6月20-21日、徳島)

嚥下障害を主訴とした下咽頭脂肪腫の1例
寺岡正人、勢井洋史、青石邦秀、相原隆一

第41回日本耳鼻咽喉科学会四国四県地方部会連合学会(12月6日、松山)

当院で嚥下機能評価を行った160例の臨床的検討
勢井洋史、青石邦秀、寺岡正人、相原隆一

3)座長

宇和島医師会学術講演会(5月15日、宇和島)

相原隆一:特別講演「アレルギー性鼻炎に対する抗ヒスタミン剤の使い分けと免疫療法 最新の話題」
九州大学病院 耳鼻咽喉・頭頸部外科 講師 澤津橋基弘

4)講演・講義他

宇和島薬剤師会学術講演会(特別講演)(1月27日、宇和島)

相原隆一:手術が必要な耳鼻科の病気 -小児・学生編―

愛媛大学医学部臨床講義(特別講義)(7月6日、東温)

相原隆一:喉頭疾患