INTRODUCE

看護部紹介

看護部理念

南予の中核病院として、患者さまの人権を尊重し、やすらぎを与え、信頼される看護をめざします。

基本方針

  1. 患者さまの人権を尊重し、思いやりのある看護を提供します。
  2. 快適な療養環境を整え、安全・安楽な看護を提供します。
  3. 高度医療に対応できる専門的知識・技術を磨き、質の高い看護を提供します。
  4. 他職種と協働し、患者さま中心のチーム医療を提供します。
  5. 地域の医療・保健・福祉と連携し、継続した看護を提供します。

平成25年4月1日改定

平成30年度 看護部目標

  1. 地域包括ケアシステムの推進に向けてチーム医療・連携を強化する。
  2. 働きやすい職場環境を整える。
  3. コスト意識を高め、経営に参画する。

看護体制

看護配置

一般病棟 10:1 / 救命救急センター ICU 2:1・HCU 4:1

勤務体制

病棟:3交代制(日勤 8時30分~17時15分/深夜勤務 0時30分~9時15分/準夜勤務 16時30分~1時15分)手術室:オンコール制

看護方式

固定チームナーシング

各部署の紹介

4 西病棟【外科、整形外科、内科】

  • 外科・整形外科・内科の混合病棟で、平均在院日数は11.1日、病床稼働率98.63%です。
  • 整形外科は、主に術後のリハビリ期の患者様を受け入れており、医師・PT・ST・OTと合同カンファレンスを月1回行い、ADL拡大や早期退院に向けた援助を実践しています。
  • 外科は、周手術期から終末期まで受け入れており、H28年の手術件数は252件でした。クリニカルパスも多く使用しており、質の高い安全な医療、看護を実践しています。
  • 自宅退院患者の中には、介護が必要な患者様もおり、ケアマネージャー・福祉用具職員・MSW・PT・退院支援看護師・栄養士と連携して退院前カンファレンスを行い、本人、家族の不安を取り除き自宅で安心して療養が出来るよう努めています。

5 東病棟【脳神経外科、結核・感染症】

  • 脳神経外科病棟31床と結核・感染症病棟9床を併設した病棟です。
  • 脳神経外科は意識障害・運動感覚障害・高次脳機能障害をあわせ持つ患者様が多いため、患者様の安静度・移動方法・食事状況・排泄や清潔ケアについてスケジュール表を作成しました。ベッドサイドに提示して多職種や家族と情報を共有しながら、日常生活動作の拡大を図りました。
  • 診療報酬改定により、入院後3日以内に看護師が退院支援スクリーニングを行い、退院支援計画書を作成しないと脳卒中地域連携パスの算定ができなくなりました。そこで地域連携室を巻き込んで勉強会を行い、スタッフ全員が退院支援スクリーニングを期間内に行えるようにしました。愛媛脳卒中地域連携パスの使用件数は昨年より減少していますが、使用率は2015年59% 2016年54%であり、あまり変化はありませんでした。
  • 結核・感染症病棟は陰圧管理の病床であり、毎年保健所と合同で新型インフルエンザ患者の受け入れ訓練を実施しています。防護服を着用してのパソコン入力が困難であった問題点も、今年はナースコールとPHSを活用することで改善を図ることができ、円滑な受け入れができるようになりました。

5 西病棟【内科】

  • 消化器と内分泌疾患を中心とした内科病棟です。平均在院日数は12.82日、平均ベッド利用率94.51%、65才以上の患者様が65%、護送坦送患者が60%を占めています。脳梗塞の患者様も多く、疾病だけでなくADL援助を必要とする場合が多いです。また、転倒リスクが高い患者様が多い中、ADL低下を来さないよう看護介入に努めています。
  • 急性期の患者様だけではなく終末期・緩和ケアの患者様も多く、患者様の状態に応じて退院を見据えた看護実践に努め、患者・家族の希望に沿った退院支援に努めています。
  • 糖尿病では多職種間での合同カンファレンスを行い、糖尿病面談シートを活用して外来との連携を深めることで患者様の継続看護に努めています。また、糖尿病性腎症指導のあり方を振り返りながら患者様がセルフケアを継続できるよう介入しています。

6 東病棟【産婦人科、内科】

  • 産科・婦人科・外科(主に乳房疾患患者)を中心とした34床の混合病棟です。
  • ハイリスク妊娠(早産、双胎、重症妊娠高血圧症候群)の増加に伴い、平成28年の分娩件数は326件、そのうち116件が帝王切開であり約36%を占めています。
  • 主体的に分娩に臨めるようバースプランを取り入れ、妊娠中から母乳に対する意識を高められるような保健指導を実施し母子同床を継続しています。
  • 乳癌手術は、平成27年の70件より98件と増加しています。乳房疾患患者には術後から化学療法までの退院指導を実施し、安心して治療が継続できるよう支援しています。
  • 母子の地域包括ケアが推進される中、地域連携室の協力のもと保健師との話し合いの場を持ち、更に円滑な継続支援が実施できるようなシステム作りに取り組んでいます。

6 西病棟【NICU、小児科、皮膚科、形成外科、歯科口腔外科、内科】

  • 小児科・皮膚科・形成外科・歯科口腔外科・内科・外科を中心とした混合病棟です。平成28年7月よりNICUが新生児特定集中治療室管理加算2を算定できる体制となりました。
  • 6西病棟の年間入院患者数は1164名で、病床利用率73.06%、平均在院日数8.0日、小児科入院患者が507名で全体の48%を占めています。NICUは年間入院患者数77名で、病床利用率39.15%、平均在院日数は21.9日です。
  • 小児科医師と毎週月曜日に合同カンファレンスを行い、病態を踏まえた個別性のある看護の提供に努めています。
  • NICUは31週1500g出生ベビーから受け入れをしており、呼吸循環機能の管理を中心に新生児集中治療と看護を行っています。また、受け持ち看護師を中心に主治医・臨床心理士と協力し家族看護を目指しています。
  • 病棟保育士・医師とともに、小児の成長発達に配慮した季節行事(七夕祭り・ハロウィン・クリスマス会・節分)を実施しています。
  • 平成28年の手術件数は形成外科97件、歯科口腔外科77件、外科82件であり、安全に安心して手術や処置が受けられるような看護を実践しています。

7 東病棟【心臓血管外科、内科】

  • 循環器内科・心臓血管外科・胸部外科を中心とした病棟です。平成28年の入棟患者のうち、約55%が救命救急センターからの転入です。
  • 平均在院日数19.1日、病棟利用率95.24%であり、心臓カテーテル検査の短期入院から、末期・重症心不全など経過の長い入院が多いのが特徴です。
  • 平成28年は心臓カテーテル検査445件のうち経皮的冠動脈治療174件、ペースメーカー挿入は電池交換を含め63件でした。心臓血管外科手術は25件、呼吸器外科手術は64件と増加しています。
  • 24台の心電図モニターに昼夜対応し、急変時速やかな対応が出来るよう個々のスキルアップに努めるとともに、患者様や面会に来られる全ての方々に対し節度をもった優しい対応が出来ることを常に意識し取り組んでいます。

7 西病棟【外科、泌尿器科】

  • 消化器外科と泌尿器科の混合病棟で、急性期から慢性期、終末期と幅広い疾患の患者様に対応しています。患者様の問題を共有し患者様中心の対応を行うため、医師や栄養士、地域連携室職員など多職種参加のカンファレンスを定期的に行い、患者様の状態に応じた退院支援につなげるよう努めています。
  • 平成28年の手術件数は、外科504件、泌尿器科369件でした。
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師を中心に、創傷・スト-マケアに関わっています。病棟での勉強会を定期的に行い、スタッフ全員が病態や症状の経過に応じた看護実践が行えるよう取り組んでいます。その成果を愛媛ストーマ・リハビリテーション研究会で発表しています。

8 東病棟【内科】

  • 病床数45床(うちクリーンルーム4床)を有し、血液疾患患者に対して化学療法を積極的に行っています。平成28年化学療法件数は、延べ1799件、輸血件数は618件実施しました。
  • 高齢患者の化学療法も増加し、血液内科医師、理学療法士(がんリハビリテーションも含む)、管理栄養士、臨床心理士、MSWと共に、毎週木曜日、患者カンファレンスを実施しています。患者様・ご家族の思いを踏まえ、治療への援助、生活の場の決定等について短期目標を設定し検討しました。退院前カンファレンスの件数は29件でした。
  • チーム活動としては、安全な化学療法の実施に向けた勉強会を実施しました。化学療法ごとに治療計画説明用紙を利用した患者指導や、インフュージョンリアクションへの対応の徹底など全員が安全に実施できるよう取り組んでいます。また、早期からの退院支援の関わりによる患者様・ご家族の不安軽減や在院日数短縮への取り組み、転倒アセスメントを強化した転倒予防対策など看護を見直し質改善に努めています。

8 西病棟【耳鼻いんこう科、眼科、整形外科】

  • 耳鼻科・眼科・整形外科の混合病棟で、主に急性期患者の看護を行っています。病床利用率95.23%、年間の手術数は、耳鼻科243件、眼科753件、整形外科503件の計1499件です。
  • 当病棟へ入院する患者様は高齢で、入院や手術によりADLが低下する患者様が多いです。そのため、入院時より退院を見据え、退院後の希望やそれに伴う家庭環境などの情報を患者様・ご家族から収集し、医師やMSWと協力し退院支援を行っています。
  • 平成27年の転倒・転落件数が33件、うち3件がレベル3であったことから、平成28年度の取り組みとして、入院中は靴の着用を徹底しています。また、術後せん妄や認知症状がある患者様のカンファレンスを行い、適切な対応を行った結果、転倒転落は11件減少して22件となり、レベル3は0件に抑えることが出来ました。

救命救急センター(ICU)

  • 南予救命救急センターは、24時間体制で救急患者・緊急入院に対応しています。ICUはHCU・救急外来と協力して緊急入院や重症患者、また術後の患者や院内の急変患者の受け入れをスムーズに行えるよう体制を整えています。
  • 平成28年の入院患者数は217名、急変・術後患者の転入はHCUから16名、一般病棟から74名を受け入れました。重篤な急性機能不全患者の受け入れ、全身管理のスキルを身につけるため、教育委員・プリセプターを中心にICUステップアップを整え、機器の取り扱い、すべての診療科の知識習得など看護師育成に努めています。
  • コスト削減への取り組みを行い、SPD棚卸の結果、ラベル数360に対して紛失は0.4%とよい成績が出ています。

救命救急センター(HCU)

  • HCUは14床を有し、緊急入院や重症患者の受け入れを行っています。ほぼ、全科の患者を対象として、アナフィラキシーや敗血症・冠症候群や事故による多発外傷の患者様等を救急外来・病棟から引継ぎ、昼夜を問わず受け入れ、切れ目ない医療や看護を提供しています。
  • H28年の入院患者は835名、転入患者は105名でした。患者様は、緊急手術や人工呼吸器装着患者と多彩であり、様々な疾患の患者様をできる限りスムーズに受け入れられるように他職種と連携し協力体制を取っています。
  • 急性期看護の知識技術を深め、責任を持って患者様・ご家族に安全・安心な看護を提供することを目標に掲げ、転倒転落インシデントは前年7件から1件に減少、内服薬のインシデントはベストプラクティスを遵守することで、55%減少させることができました。

手術室

  • 手術対象の診療科は11科で手術室はクリーンルームを含めて7室あり、平成28年の手術症例は4008件です。救命救急センターを併設しており、勤務時間内・外、夜間・休日を問わず緊急手術の依頼があります。勤務時間内の手術の場合は緊急度を考慮し調整しています。夜間・休日の場合はオンコール制ではありますが、各診療科の手術に迅速に対応できるよう体制を整えています。
  • 手術室では周術期における患者様の安全を守り、手術が円滑に遂行できるよう専門的な知識や技術を提供しています。さらに手術を受ける患者様の擁護者・代弁者としての役割も担っています。

外来

  • 診療科は34科あり、平成28年1日あたりの外来患者数は平均980人です。
  • 各診療科での専門外来を含めた診療の補助の他、専従の皮膚排泄ケア認定看護師がストーマ外来などで個別的な指導を提供しています。
  • 内科外来では、糖尿病透析予防管理に他職種と取り組み、病棟と連携をしながら糖尿病指導141名、フットケア15名実施しています。
  • 平成26年10月から中央材料室が委託から病院管理となり、ラウンドによるチェックなど院内の滅菌管理を実施しています。
  • 外科外来では、平成28年は禁煙外来に13名受診され、半数の患者様が成功しています。乳腺外来を受診する患者様も年々増えており、専門的な検査や治療も増えています。

透析室

  • 人工透析室は、個室2床を含めた17床で人工透析を行っています。
  • 透析療法指導看護師・透析技師認定士を含む看護師7名で、急性期病院としての役割を果たしながら、年間40人前後の新規透析導入を行い、また重症患者の血液透析や血漿交換・血液吸着等の特殊治療も実施しています。
  • 平成28年は延透析患者数5389名、ベッド稼働率101%と非常に多忙ながら、部署の目標達成に向けてスタッフ一丸となって努力し、患者様が安心して透析を受けることが出来るように日々取り組んでいます。

医療安全管理室

  • 医療事故調査制度に伴い、7月より「死亡患者スクリーニングシート」を作成して、「提供した医療に起因した、予期しない死亡」に該当していないか、全死亡患者のチェックを開始し、315名の提出がありました。
  • 患者誤認対策として、患者様に名前を名乗っていただく協力依頼放送を続けています。患者様・職員協同のフルネーム確認がまだまだ習慣化されていないため、名前確認のルール遵守が徹底できる、見える化した対策が求められています。
  • 患者様が受付表を持たなかった救急外来では、「患者確認票」を作成し、確認票を用いての患者確認が定着しています。
  • 耐性菌の伝播防止に向けた手指衛生の強化や手指衛生の適正なタイミングについて取り組みました。遵守状況や耐性菌発生率の標準偏差は平均を下回るレベルで経過しています。擦式アルコール使用量は愛媛県下の中核病院と比較しても引けを取りません。擦式アルコール使用量が増える半面、職員の手荒れ問題が浮き彫りとなってきました。擦式アルコール過敏症者に対しては、連続ケアをする場合はニトリル手袋着用の上から手指消毒しプラスチックの手袋交換を進めてきましたが、手袋着用での消毒は十分と言い難いです。適正ではないニトリル手袋の使用コスト大となり病院負担となります。今後は擦式アルコール過敏症者への手荒れ対策についても、感染予防の観点を含め検討していかなければなりません。

地域連携室

  • 4月から異動・復帰・産休要員のMSW3名と共に、臨床心理士1名と緩和ケア認定看護師1名が新規配属となり、総勢14名での活動を行っています。
  • 本年度の地域連携室目標は、①退院支援連携強化、②紹介率・逆紹介率向上、③きさいやネット推進・拡充、④緩和ケア体制整備、⑤がん相談支援強化、⑥地域連携診療強化の6点として皆で取り組みました。
  • 退院調整加算から退院支援加算1への診療報酬改定に伴い、担当MSWの3日以内の患者把握、スクリーニング提出方法などのマニュアル変更後も、 病棟看護師の協力を得て順調に移行し、加算取得数は昨年の月平均24件から46件とほぼ倍増しました。また、月2回の在宅療養支援ラウンドでは、一般9病棟で平均24名/回のカンファレンスを行い、ラウンド時90日以上入院患者数は、昨年平均9.7人から6.0人と減少しました。
  • 退院カンファレンス数は昨年203件から186件とやや減少し、施設や在宅との連携強化への重要ポイントであり、課題となっています。
  • 院外では、在宅医療連携推進を目的に、保健所や医師会との2・3月の検討会、3月より宇和島医師会の在宅緩和ケア推進モデル事業参加、医療マネジメント学会で「地域の看-看連携を軸とした在宅医療構築への取り組み~うわじまNurseの会~」についての発表を行いました。

内視鏡室

  • 平成28年は、年間に上部内視鏡5286件、小腸および大腸内視鏡1967件、小腸カプセル内視鏡およびパテンシーカプセル46件、ERCP424件、気管支鏡20件等合計7743件の内視鏡検査及び処置を実施しました。平成26年10月から大腸カプセル内視鏡を導入し、内視鏡検査は年々増加傾向です。
  • 緊急内視鏡への対応として看護師の待機制を導入しています。
  • 内視鏡技師4名を含め8名のスタッフで各種検査・治療の介助、内視鏡機器の管理・感染対策を行っています。担当医師と協働して安全で確実な検査・治療を心がけています。

化学療法室

  • 化学療法室では、平成28年は1日平均10.7件、月平均217件の化学療法を実施しています。
  • がん化学療法看護認定看護師を中心に、安全かつ確実な薬剤の投与管理を実施し、回避できる有害事象や苦痛の予防・軽減に努めるとともに、患者様が安心して治療が継続できるように電話相談でのサポートを実施しています。また、がんと診断された患者様の告知後のサポートなど、他職種との連携によるチーム医療の提供にも取り組んでいます。
  • スタッフは様々な研修やキャンサーボードに参加し自己研鑽に努め、定期的に勉強会を開催して、院内のがん化学療法看護のレベルアップに努めています。

救急外来

  • 愛媛県南西部にある唯一の救命救急センターの初療を担っており、宇和島圏内だけでなく愛南町・八幡浜市・大洲市・西予市、そして高知県西南部からも救急搬送患者の受け入れを行っています。救急患者数は年間17700人(救急搬送3400件)であり、その内訳は時間内1割弱、時間外・深夜6割、休日3割でした。患者様が同時多数来院した場合は、診察前の患者様の緊急度を見極め、緊急度の高い患者様の診療や治療が遅れないような初期対応をスタッフ全員で心がけています。
  • 救急看護の質を保つために個々のスキルアップにも力を入れています。ライフサポートコース等の受講やインストラクター参加も積極的に行っており、現在AHA-BLSインストラクター2名、救急医学会ICLS認定インストラクター3名、救急医学会ISLS認定インストラクター1名、救急看護学会JNTECインストラクター1名、救急看護学会トリアージナース育成研修会インストラクター1名、日本集団災害MCLSインストラクター1名となりました。

人間ドック

  • 平成28年は1日ドック1112名、2日ドック339名、脳ドック122名、健診は942名でした。
  • 健診・ドックを受けることにより生活習慣の改善、疾病の早期発見、早期治療へつながるよう働きかけています。
  • 高齢者や基礎疾患を持つ受診者も多く、安全・安楽に健診が受けられるよう取り組んでいます。

放射線科

  • 放射線科では診断検査の他、血管内手術・治療が行われ、侵襲を伴う高度医療の比率が高まっています。平成28年はカテーテル検査・治療1334件、ポート・CVC挿入139件、透視検査558件実施し、夜間休日は待機制で84件の緊急検査・治療を実施しました。
  • 放射線治療では平成27年に新しくリニアックCLINAC-iXが導入され、平成28年より前立腺癌に対するIMRTが開始になっています。医療が高度化する中、患者様への安全・安楽な検査・治療の提供を日々目指しています。
電子ブック版 看護師募集案内

ページの先頭へ