小児科

1.研修・認定施設

  • 日本小児科学会専門医研修施設認定

2.スタッフ紹介

副院長兼診療部長 林 正俊(はやし まさとし)

資格・認定 日本小児科学会専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
主な専門領域 小児科神経免疫、胃疾患
主な所属学会 小児科学会
神経免疫学会
International Society for Neuroimmunology
小児腎臓病学会
International Pediatric Nephrology Association
小児感染症学会
ドクターから一言 子ども達の健やかな成長のために、圏域の医療に尽力したいと思います。

科長 長谷 幸治(ながたに こうじ)

資格・認定 日本小児科学会専門医
主な専門領域 腎臓、小児科一般
主な所属学会 日本小児腎臓病学会
日本腎臓学会
日本小児科学会
日本小児循環器学会
ドクターから一言 小児科一般、小児の腎疾患を主に診させていただきます。
南予の地から愛媛全体の子供達の健康を守るため頑張りたいと思います。

医長 渡部 竜助(わたなべ りゅうすけ)

資格・認定 小児科専門医
主な専門領域 循環器、新生児
主な所属学会 日本小児科学会
日本小児循環器学会
ドクターから一言 たくさんの子供さんを笑顔にしたいです!!

医長 岡本 典子(おかもと みちこ)

資格・認定  
主な専門領域 小児一般
主な所属学会 日本小児科学会
日本小児アレルギー学会
日本アレルギー学会
ドクターから一言 南予の小児医療に貢献できるよう、頑張ります。

医員 山根 淳文(やまね あつふみ)

資格・認定  
主な専門領域 小児一般
主な所属学会 日本小児科学会
ドクターから一言 よろしくお願いします。

医員 岩本 麻友美(いわもと まゆみ)

資格・認定  
主な専門領域 小児科
主な所属学会 日本小児科学会、日本小児血液・がん学会
ドクターから一言 小児科専攻医3年目の岩本麻友美と申します。
新生児から3次救急までこなす、経験豊富な諸先輩方の下で一生懸命学びたいと思います。
未熟ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。

3.診療の総括

当科は、小児科一般病床22床を有し、四国西南部の小児科入院施設として中核的役割を果たしており、感染症、呼吸器、消化器疾患などの一般外来診療に加えて、それぞれのsubspecialtyにより以下の専門外来を設け、より専門的できめこまかな医療を行っています。
腎臓(林、長谷):急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群の治療管理、尿路感染症の内科的管理
免疫(林):重症筋無力症等の免疫疾患の治療管理
循環器(千阪・渡部):先天性心疾患の診断と内科的治療、術後のフォローアップ、川崎病の治療とフォローアップ
新生児(千阪・渡部): 早産低出生体重児の管理、フォローアップ
血液(寺岡):血液、腫瘍疾患の初期対応、定期followを行っています。
アレルギー(岡本典子):食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息の治療管理
その他、愛媛大学から檜垣高史教授、岡本健太郎先生にそれぞれ、循環器、神経外来をお願いしています。
新生児医療については、地域周産期母子医療センターに指定されており、新生児病床10床を有する南予唯一の新生児入院施設として、在胎週数31週以上、推定体重1500g以上の早産児・低出生体重児、呼吸障害や感染症、母体合併症を有する児などのハイリスク群に対応しています。
小児救急医療については、24時間365日、小児科医師により初期救急から高次救急まで全てを引き受けています。
当院は南予唯一の小児科専門医研修施設であり、初期研修から引き続いて小児科臨床研修を行うことができ、救急医療を含め急性疾患から様々な慢性疾患まで幅広く経験できることから、小児科を志す若い医師から注目されています。
また、子育て支援を介した地域貢献を目的に、一昨年から子育てセミナーを定期的に行っており、他の小児科には見られない特徴と言えます。

4.診療実績

2015年の診療実績 入院患者数 913名  うち新生児 139名(NICU 113, 6東 26)

おもな疾患別入院患者数

早産児・低出生体重児 68
新生児呼吸障害(呼吸窮迫症候群、胎便吸引症候群、気胸など) 22
新生児黄疸 7
RSウイルス性細気管支炎・肺炎 70
気管支喘息・喘息性気管支炎 79
アナフィラキシー・食物アレルギー 28
肺炎・気管支炎 85
感染性胃腸炎 20
腎生検 13
川崎病 10
腎炎・ネフローゼ症候群など 26
膠原病、自己免疫疾患 8
熱性痙攣・痙攣重積・てんかん 23 など
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. 桑原優、岡本典子、城賀本敏弘、元木崇裕、中野威史、林正俊、山田健治、小林弘典、山口清次:
    スクリーニング後に発症したカルニチンパルミトイルトランスフェラーゼII欠損症.
    日本小児科学会雑誌 2015;119(6):1024-1028.

  2. 林正俊:
    三つ子の魂百まで.
    南予医学雑誌 2015;16(1):1-5.

2)学会発表

(国際学会)

The 11th Asian society for Pediatric Reserch (4月15-18日、大阪)

Involvement of CD5+B cells / CD5-B cells ratio in a SLE patient treated with cyclophosphamide and mycophenolate mofetil
Koji Nagatani, Masatoshi Hayashi, Kentaro Okamoto, Yoshihiro Takahashi, Izumi Teraoka, Reji, Miyawaki, Michiko Okamoto, Tsuneyuki Asami

(総会)

第118回日本小児科学会学術集会(4月17-19日、大阪)

愛媛県における医療圏域を超えた小児二次救急体制の構築
千阪俊行、宮田豊寿、森谷友造、山口洋平、太田雅明、高田秀実、檜垣高史、石井榮一

第57回日本小児神経学会学術集会(5月28-30日、大阪)

小児重症筋無力症研究会における症例検討の状況とフォローアップ調査
稲葉雄二、林正俊、他

第58回日本腎臓学会学術総会(6月5-7日、名古屋)

腎機能障害を呈した腎サルコイドーシスにおけるT細胞サブセットの変化
長谷幸治、林正俊、赤松明

日本小児腎臓病学会学術集会第50回記念大会(6月18-20日、神戸)

シクロスポリン(CsA)が奏効している二つのWT1遺伝子変異を有するびまん性メサンギウム硬化症(DMS)の1女児例
長谷幸治、浅見経之、岡本典子、宮脇零士、寺岡いづみ、高橋由博、岡本健太郎、林正俊

第52回日本小児アレルギー学会(11月21-22日、奈良)

麦茶で喘鳴をきたした大麦アレルギーの一例
岡本典子、楠目和代

(地方会)

第91回日本小児科学会愛媛地方会(5月24日、松山)

  1. 発症早期の血漿交換が効果的であった非典型溶血性尿毒症症候群の一例
    岡本典子、渡部竜助、千阪俊行、寺岡いづみ、岡本健太郎、長谷幸治、林正俊
  2. 愛媛県の学校検尿の現状と今後の方向性
    上田晴雄、林正俊、長谷幸治、手塚優子、伊藤卓夫、戒能幸一、竹本幸司

第32回中国四国小児腎臓病学会(11月15日、松江)

発症早期の血漿交換が効果的であった非典型溶血性尿毒症症候群の一例
岡本典子、渡部竜助、千阪俊行、寺岡いづみ、岡本健太郎、長谷幸治、林正俊

第92回日本小児科学会愛媛地方会(12月13日、松山)

  1. 早期新生児期の敗血症診断においてプレセプシンは有用か?
    千阪俊行、岡本典子、渡部竜助、岡本健太郎、長谷幸治、林正俊
  2. B型インフルエンザに鋳型気管支炎と喘息発作を合併し集中治療を要した1例
    向井直樹、岡本典子、渡辺竜助、千坂俊行、岡本健太郎、長谷幸治、林正俊

(研究会)

第10回愛媛免疫疾患研究会(2月21日、松山)

腎機能障害を呈した腎サルコイドーシスにおけるT細胞サブセットの変化
長谷幸治、林正俊、木村吉男、赤松明

第170回南予小児科医会(4月25日、宇和島)

  1. 発症早期の血漿交換が効果的であった非典型溶血性尿毒症症候群の1例
    岡本典子、渡部竜助、千阪俊行、寺岡いづみ、岡本健太郎、長谷幸治、林正俊
  2. 痙攣重積後脳症の1例
    長谷幸治
  3. 広範な脊髄性病変を伴った急性散在性脳脊髄炎の1例
    岡本典子

第32回 四国新生児医療研究会(5月15日、徳島)

当院NICU入院児における先天性疾患の胎児診断の現状
渡部竜助

第10回小児重症筋無力症研究会(5月30日、大阪)

10か月発症のMG患者
林正俊

第43回西日本小児アレルギー研究会(8月9日、福岡)

麦茶で喘鳴をきたした大麦アレルギーの一例
岡本典子、楠目和代

第29回京都腎臓セミナー(9月12日、京都)

  1. 腎機能障害を呈した腎サルコイドーシスにおけるT細胞サブセットの変化
    長谷幸治、林正俊、赤松明
  2. 中等量免疫グロブリン療法が奏功したMPO-ANCA関連急速進行性腎炎の1症例
    林正俊、長谷幸治、赤松明

第171回南予小児科医会(10月24日、宇和島)

  1. 内服薬の調整に難渋したビタミンD欠乏性くる病の一例
    岡本典子、渡部竜助、千阪俊行、寺岡いづみ、岡本健太郎、長谷幸治、林正俊
  2. O脚の女児例
    林正俊
  3. クループ様の症状を呈した声門下嚢胞の一例
    渡部竜助

3)座長

第169回 南予小児科医会(1月31日、宇和島)

長谷幸治:一般演題4題

第170回 南予小児科医会(4月25日、宇和島)

長谷幸治:一般演題3題
特別講演「「新しい敗血症マーカー プレセプシンについて」
株式会社LSIメディエンス 営業本部 営業企画管理部 馬場光弘

第171回 南予小児科医会(7月2日、宇和島)

長谷幸治:一般演題3題
特別講演「くる病:古くて新しい病気」
岡山大学 小児科 長谷川高誠

第32回中国四国小児腎臓病学会(11月15日、松江)

長谷幸治:一般演題3題

4)講演・講義他

第57回日本小児神経学会(5月28日、大阪)

林正俊:小児重症筋無力症の治療――眼筋型と全身型の病態及び治療

学校保健事業に係る南予地区研修会(12月17日、宇和島)

千阪俊行:無くそう突然死