小児科

1.研修・認定施設

  • 日本小児科学会専門医研修施設認定

2.スタッフ紹介

副院長兼診療部長兼感染管理部長 林 正俊(はやし まさとし)

資格・認定 日本小児科学会専門医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
主な専門領域 小児科神経免疫、胃疾患
主な所属学会 小児科学会
神経免疫学会
International Society for Neuroimmunology
小児腎臓病学会
International Pediatric Nephrology Association
小児感染症学会
ドクターから一言 子ども達の健やかな成長のために、圏域の医療に尽力したいと思います。

科長 長谷 幸治(ながたに こうじ)

資格・認定 日本小児科学会専門医
主な専門領域 腎臓、小児科一般
主な所属学会 日本小児腎臓病学会
日本腎臓学会
日本小児科学会
日本小児循環器学会
ドクターから一言 小児科一般、小児の腎疾患を主に診させていただきます。
南予の地から愛媛全体の子供達の健康を守るため頑張りたいと思います。

医長 岡本 典子(おかもと みちこ)

資格・認定  
主な専門領域 小児一般
主な所属学会 日本小児科学会
日本小児アレルギー学会
日本アレルギー学会
ドクターから一言 南予の小児医療に貢献できるよう、頑張ります。

医長 岩本 麻友美(いわもと まゆみ)

資格・認定  
主な専門領域 小児科
主な所属学会 日本小児科学会、日本小児血液・がん学会
ドクターから一言 小児科専攻医3年目の岩本麻友美と申します。
新生児から3次救急までこなす、経験豊富な諸先輩方の下で一生懸命学びたいと思います。
未熟ではありますが、どうぞよろしくお願い致します。

医員 村田 慧(むらた さとし)

資格・認定  
主な専門領域 小児一般
主な所属学会 日本小児科学会
ドクターから一言 丁寧な診療を心がけて参ります。

医員 宇都宮 秀和(うつのみや ひでかず)

資格・認定  
主な専門領域 小児一般
主な所属学会 日本小児科学会
ドクターから一言 子ども達の健康のために、精一杯頑張りたいと思います。

3.診療の総括

当科は、小児科一般病床22床を有し、四国西南部の小児科入院施設として中核的役割を果たしており、感染症、呼吸器、消化器疾患などの一般外来診療に加えて、それぞれのsubspecialtyにより以下の専門外来を設け、より専門的できめこまかな医療を行っています。

腎臓(林、長谷):急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群の治療管理、尿路感染症の内科的管理

免疫(林):重症筋無力症等の免疫疾患の治療管理

循環器(渡部):嘱託医の地域小児周産期学講座教授 檜垣高史先生と高田秀美先生も加わり、先天性心疾患の診断と内科的治療、術後のフォローアップ、川崎病の治療とフォローアップを行っています。

新生児(渡部): 早産低出生体重児の管理、フォローアップ

アレルギー(岡本典子):食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息の治療管理

その他、愛媛大学から地域小児周産期学講座教授 檜垣高史先生と同准教授 高田秀美先生に循環器、城賀本敏宏先生に神経外来をお願いしています。

新生児医療については、地域周産期母子医療センターに指定されており、NICU10床を有する南予唯一の新生児入院施設として、在胎週数31週以上、推定体重1,500g以上の早産児・低出生体重児、呼吸障害や感染症、母体合併症を有する児などのハイリスク群に対応しています。

小児救急医療については、24時間365日、小児科医師により初期救急から高次救急まで全てを引き受けています。

当院は南予唯一の小児科専門医研修施設であり、初期研修から引き続いて小児科臨床研修を行うことができ、救急医療を含め急性疾患から様々な慢性疾患まで幅広く経験できることから、小児科を志す若い医師から注目されています。

また、子育て支援を介した地域貢献を目的に、2014年から子育てセミナーを定期的に行っており、他の小児科には見られない特徴と言えます。

4.診療実績

2016年の診療実績 入院患者数 913名  うち新生児 109名(NICU 88, 6東 21)

おもな疾患別入院患者数

新生児入院 109
極低出生体重児 3
低出生体重児 33
尿路感染症 12
RSV細気管支炎・肺炎 48
気管支喘息・喘息性気管支炎 50
アナフィラキシー・食物アレルギー 21
肺炎・気管支炎 118
感染性胃腸炎 29
IgA血管炎 10
川崎病 18
腎炎・ネフローゼ症候群など 26
膠原病、自己免疫疾患 5
熱性痙攣・痙攣重積・てんかん 45
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2016年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. Mukaino A, Nakane S, Higuchi O, Nakamura H, Miyagi T, Shiroma K, Tokashiki T, Fuseya Y, Ochi K, Umeda M, Nakazato T, Akioka S, Maruoka H, Hayashi M, Igarashi S, Yokoi K, Maeda Y, Sakai W, Matsuo H, Kawakami A:
    (2016)Insights from the ganglionic acetylcholine receptor autoantibodies in patients with Sjogren’s syndrome.
    Modern Rheumatology 26(5):708-715、2016
  2. 長谷幸治、林正俊:
    シクロスポリンAが奏効している二つのWT1遺伝子変異を有するDiffuse mesangial sclerosisの一例.
    日本小児腎臓病学会雑誌 2016;29(1):39- 44.
  3. 林正俊:
    市立宇和島病院小児科の患者の動きからみえる地域の抱える問題.
    南予医学雑誌 2016;17: 1- 6.
  4. 林正俊、長谷幸治:
    市立宇和島病院小児科の患者数の推移~地域の抱える問題~.
    愛媛県小児科医会会報 2016;第69号: 24- 26.

2)学会発表

(総会)

第51回日本小児腎臓病学会学術集会(7月8日、名古屋)

紫斑病性腎炎におけるCD5+CD19+Cellの関与
長谷幸治、林正俊

(地方会)

第93回日本小児科学会愛媛地方会(5月29日、松山)

  1. 市立宇和島病院患者数の推移
    林正俊、岩本麻友美、山根淳文、岡本典子、渡部竜助、高田秀実、長谷幸治
  2. クループ様の症状を呈した声門下嚢胞の1例
    渡部竜助、岩本麻友美、山根淳文、岡本典子、高田秀実、長谷幸治、林正俊

第68回中国四国小児科学会(10月29日、高松)

眼筋型重症筋無力症の2例
城賀本敏宏、岡本健太郎、福田光成、林 正俊、石井榮一

第94回日本小児科学会愛媛地方会(11月27日、松山)

外傷を伴わない下垂体茎断裂症候群による成長ホルモン分泌不全性低身長症の一例
山根淳文、岩本麻友美、岡本典子、渡部竜助、高田秀美、長谷幸治、林正俊、竹本幸司、戒能幸一

(研究会)

第172回南予小児科医会 (7月30日、宇和島)

低身長を機に診断された分娩外傷を伴わない下垂体茎断裂症候群の一例
山根淳文、岩本麻友美、岡本典子、渡部竜助、高田秀美、長谷幸治、林正俊

第30回京都腎臓セミナー (9月10日、京都)

IVIGが奏功した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)に伴う急速進行性糸球体腎炎
長谷幸治、林正俊、赤松明

第173回南予小児科医会 (11月5日、宇和島)

  1. 急激な腹水の増加で診断に至った先天性胆道拡張症穿孔例
    岩本麻友美、山根淳文、岡本典子、渡部竜助、高田秀実、長谷幸治、林正俊、鳥居ヶ原幸博、近藤剛、山内健
  2. 血尿と肝機能異常を契機に診断された自覚症状を伴わないWilson病の一例
    山根淳文、岩本麻友美、岡本典子、渡部竜助、高田秀美、長谷幸治、林正俊

3)座長

第172回 南予小児科医会(7月30日、宇和島)

長谷幸治:

  1. 一般演題3題
  2. 特別講演「「小児糖尿病の最近のあれこれ」
    みやがわ小児科医院 院長 宮河真一郎

第173回 南予小児科医会(11月5日、宇和島)

長谷幸治:

  1. 一般演題3題
  2. 特別講演「川崎病とともに38年」
    近畿大学小児科 非常勤講師 篠原徹

4)講演・講義他

第33回中国四国小児腎臓学会(11月27日、高松)

長谷幸治:血漿交換、エクリズマブにより緩解導入し、ステロイドパルス、ミコフェノール酸モフェチルにより抗体価を減少できた抗H因子抗体関連aHUSの臨床経過

平成28年度学校保健事業における南予地区研修会 (12月6日、宇和島)

長谷幸治:小児科医から見た尿検査の重要性