臨床検査科・病理診断科

1.業務の総括

仕事の質の向上に取り組み、迅速・正確な検査を目指して業務を遂行していくことと、患者サービスの向上を目標にして検査業務を行いました。新たに4名が資格認定を取得しました。ICT、NST、糖尿病指導など「チーム医療」にも参加しています。

2.臨床検査科

臨床検査について

臨床検査は、血液、尿などを調べる検体検査と、身体を直接検査する生理検査の2つに大きく分けられます。どちらも、最新の自動分析器や、画像診断装置等で測定し、正確で精度の高い検査結果を迅速に医師に報告しています。

病院の中で臨床検査技師は、各専門分野を担当し、医師、看護師など、いろいろな職種の人達と連携をとりながら、チーム医療の一端を担っています。また、夜間、休日においても必要な緊急検査等を24時間体制で対応しています。

臨床検査は現代の医療にとって、無くてはならないものになっています。

検査受付

検査受付の写真

本館2階15番が検査受付です。採血、採尿、生理検査室への案内などを行っています。ここで医師によって指示された患者基本スケジュール票(受付票)の受付をすると、検査に必要な採血整理券(番号)、尿コップを作成します。また同時に採血室で採血管が準備されます。その他、持参検体(便潜血、蓄尿、喀痰など)の受け取りなども行っています。

採血室

採血室の写真

臨床検査技師が中心となり、看護師と共に外来患者様の採血業務を行っています。毎日、300人ほどの採血を行っています。採血後は直ちに検査を行い、医師はコンピュータでデータを確認できます。

また、採血管準備システムにより、翌日の病棟患者様の採血管を準備し、配布しています。

生化学・免疫血清検査

生化学検査は、血液、尿等から健康状態や病気の程度を調べる検査です。

肝機能検査(AST、ALTなど)、腎機能検査(BUN、クレアチニンなど)、脂質・糖代謝検査(コレステロール、血糖など)など、多数の検査項目を実施しています。また、各種血中薬物の濃度測定も行っています。

免疫血清検査は、感染症検査(肝炎ウイルス、梅毒、HIVなど)、各種腫瘍マーカー(CEA、AFPなど)、ホルモン等の検査を実施しています。

生化学・免疫血清検査の写真1
生化学・免疫血清検査の写真2

血液検査

貧血、感染、白血病を調べるために、自動血球分析装置を用いて、血液中の赤血球、白血球、血小板などを測定します。また、顕微鏡を用いて、染色した白血球の種類を分類したり、骨髄の血液細胞を調べます。

血液の固まりぐあいを診る凝固検査は、出血、止血などの治療に役立っています。

血液検査の写真1
血液検査の写真2

一般検査

一般検査の写真

腎臓・尿路系疾患の異常を調べるため、尿検査(糖・蛋白・赤血球の有無など)を行います。消化管出血の有無を調べるため、便潜血検査をしています。

また、回虫やぎょう虫など顕微鏡で観察する寄生虫検査も行っています。

細菌検査

細菌検査の写真

感染症は、様々な微生物に起因して発症します。尿、喀痰、便、膿などの検体から起炎菌を同定し、その菌に効く薬を調べる薬剤耐性検査を行っています。ウイルス抗原検出・毒素検出等、病原体の存在を短時間で検査したり、結核の検査では遺伝子(PCR)検査も行っています。院内感染対策(ICT)のメンバーとして日々活動しています。

輸血・免疫学的検査

輸血とは貧血などの病気や出血により不足した成分を補充する重要な補助療法です。

輸血前には、血液型(ABO、Rh)、不規則抗体、交差適合試験などの検査を行います。

輸血ミスを防ぐため、コンピュータ管理や最新式の機器を導入し、血液製剤の発注・保管・輸血検査・出庫・副作用管理まで、すべてを一元管理しています。

また、本人から採取した自己血も輸血するまで安全に保管管理しています。

輸血・免疫学的検査の写真1
輸血・免疫学的検査の写真2

生理機能検査

不整脈、狭心症、心筋梗塞などを調べる心電図検査、呼吸器の働きを調べる肺機能検査、てんかん波の有無や頭蓋内病変による変化を捉える脳波検査、他にも、眼底カメラや、血管の状態を見るABI検査やSPP検査、睡眠時無呼吸を調べるPSG検査などにも対応しています。

また、心臓や腹部を始め、動脈硬化の程度をよく反映する頚動脈エコー、下肢静脈エコー等、超音波学会認定の技師が中心になり実施しています。心臓カテーテル検査・治療には24時間対応できるように待機しています。

生理機能検査の写真1
生理機能検査の写真2

緊急検査

病理・細胞診検査の写真

宿直1名、日直2名の技師が対応、毎日24時間体制で検査を行っています。

検査項目は、血液ガス分析、生化学検査(24項目)、血液検査(血算、凝固5項目)、尿検査(定性、目視)、妊娠反応、輸血検査(血液型、不規則抗体、交差適合試験、製剤管理等)、心電図、細菌検査(血液培養、インフルエンザ、A群β-溶レン菌)、髄液検査等、迅速に対応しています。

臨床検査科 職員構成と配置

職員構成

医師 1名
臨床検査技師 33名(正規26、嘱託5、パート2)
看護師 5名(パート5)
技術・事務員 2名(嘱託1、パート1)

部門別人員配置

検体検査系 24名
 血液・生化学・一般 10名
 輸血・移植 3名
 細菌 3名
 中央採血 5名(看護師)曜日限定あり
(各部門より3~4名の技師が当番制で採血業務にあたる)
生体検査系 14名
 生理検査・エコー 11名(1名耳鼻咽喉科)
 MRI 3名(放射線科へ出向)
受付・他 2名

臨床検査科 スタッフ紹介

科長 中西 護(なかにし まもる)

資格・認定 日本病理学会病理専門医・指導医
死体解剖資格認定
主な専門領域 人体病理
主な所属学会 日本病理学会、日本癌学会、日本血液学会
日本消化器内視鏡学会、日本消化器病学会
ドクターから一言 臨床の先生と違った視点より、疾患単位の確認、病態の検討をしています。

臨床検査科 有資格者一覧

日本輸血細胞治療学会・輸血検査技師 宇都宮佳代
日本超音波医学会・超音波検査士 上﨑直人、久保田典夫、笠村知春
日本消化器内視鏡学会・消化器内視鏡技師 上﨑直人
日本糖尿病療養指導士 西本幸恵、赤松金平
愛媛県糖尿病療養指導士 西本幸恵
緊急臨床検査士 赤松金平、薬師寺孝徳
二級臨床検査士(血液) 大下時廣
毒物劇物取扱責任者 菅 恭弘、赤松金平、大森公揮
有機溶剤作業主任者 大森公揮、菅 恭弘
聴力測定者 矢野佐央理

臨床検査科 検査件数

検体検査 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
一般検査(尿・便) 193,804 184,956 478,740 459,420
血液検査 552,955 573,827 870,314 864,884
生化学検査 1,550,863 1,572,538 2,009,504 2,061,639
血清検査 46,773 47,899 ***** *****
外注 43,472 45,558 107,723 97,960
輸血免疫検査 22,973 23,709 58,897 69,190
細菌検査 103,486 91,271 76,389 (注)32,666

(注)システム変更により集計方法が異なる

生体検査 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
生理検査(ECGなど) 32,662 32,029 32,880 31,471
心エコー 6,286 5,465 5,129 6,340
腹部エコー 5,535 5,687 5,443 5,398

3.病理診断科

研修・認定施設

  • 日本病理学会病理専門医研修認定施設B
  • 日本臨床細胞学会認定施設
  • 日本臨床細胞学会教育研修施設

病理・細胞診検査

病理・細胞診検査の写真

手術で摘出した胃や大腸のような臓器、胃カメラで採った組織や婦人科検診で採った細胞を調べ、悪性かどうか判定します。手術中に得られた材料から凍結標本を作成し、良性・悪性の判断、転移の有無を迅速に判断し、手術での切除範囲の決定のための情報を提供する迅速病理組織検査も行っています。

また、病死の診断、病気の進行程度、治療効果の判定などのため、病理解剖も行います。

病理診断科 職員構成

医師 1名

病理診断科 スタッフ紹介

科長 松影 昭一(まつかげ しょういち)

資格・認定 日本病理学会病理専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・指導医
日本臨床検査医学会臨床検査管理医
死体解剖資格認定
主な専門領域 診断病理
主な所属学会 日本病理学会、日本臨床細胞学会、日本臨床検査医学会
ドクターから一言 迅速で正確な病理診断を通じて、地域医療に貢献したいと考えています。

病理診断科 有資格者一覧

国際細胞検査士 中川健司、菅 恭弘
日本臨床細胞学会・細胞検査士 中川健司、菅 恭弘
特定化学物質・四アルキル鉛作業主任者 中川健司、菅 恭弘

病理診断科 検査件数

検体検査 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年
病理組織診 4,368 4,317 4,333 4,295
病理細胞診 5,870 5,519 5,509 5,440
病理解剖 12 20 13 13
▼医療関係者向け情報▼

4.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)受賞業績

第64回日本病院学会 優秀演題

三浦美奈子:感染防止対策地域連携における抗菌薬使用量と感受性率への効果

2)論文発表

  1. 三浦美奈子、勝間政美、福本駒美、三好一宏、三好和生、沢田雄一郎、兼光望、菊池良夫、大塚伸、林正俊:
    感染防止対策地域連携における抗菌薬使用量と感受性率への効果.
    日本病院会雑誌 2015;62(2):85-90.
  2. 高村好実、宇高加代子、大森公揮、長生健太、福井聡:
    当院におけるMRI装置の進化と3テスラ装置による最新画像.
    南予医学雑誌 2015;16:24-34.
  3. 西本幸恵、大下時廣、赤松金平、橋本悠、岡田憲三:
    免疫抑制・化学療法により再燃化するB型肝炎対策 ~当院の現状~.
    南予医学雑誌 2015;16:43-48.

3)学会発表

(地方会)

第23回日本臨床細胞学会・愛媛県支部総会ならびに学術集会(1月25日、松山)

脳腫瘍の術中迅速診断の現状

菅恭弘、中川健司、伊井喜美代、中西護、松影昭一

平成27年度愛媛県臨床検査学会(6月14日、松前)

  1. T1-SPACE法により壁在血腫の経過をみた椎骨動脈解離の1症例
    大森公揮、宇高加代子、長生健太、情家俊和、高村好実、西川真弘
  2. ペースメーカーが植え込み後に発症した蛸壺型心筋症の1例
    笠村竜也

平成27年度日本臨床衛生検査技師会中四国支部医学検査学会(第48回)(11月7-8日、米子)

認知症様症状を主訴とした疾患の3症例

高村好実、大森公揮、宇高加代子

(研究会)

愛媛県病理研究会(1月24日、東温)

  1. Eccrine spiradenoma,lymphangiectatic variant
    松影昭一
  2. Paraganglia
    中西護

愛媛県病理研究会(5月30日、松山)

陳旧性再燃性結核性心筋炎

松影昭一

愛媛県病理研究会(12月26日、松山)

Intravascular large B-cell lymphoma

松影昭一

4)座長

第23回日本臨床細胞学会・愛媛県支部総会ならびに学術集会(1月25日、松山)

  1. 松影昭一:シンポジウム「術中迅速細胞診」
  2. 中川健司:シンポジウム「術中迅速細胞診」

平成26年度(一社)愛媛県臨床検査技師会学術部研修会(第2回)(2月14日、松山)

高村好実:「最新!循環器画像診断」

平成27年度愛臨技糖尿病療養指導士分科会研修会(6月13日、松山)

西本幸恵:

「糖尿病と感染症」

「フットケアの実際」

愛媛県臨床検査技師会第1回輸血検査研修会(6月14日、松前)

宇都宮佳代:

「同種抗体を保有する稀な血液型Jk(a-b-)患者への輸血」

「第Ⅱ、第Ⅲ世代の全自動輸血検査装置併用運用を試みて―より迅速に安全・安心な輸血検査を目指して―」

「自己抗体陽性患者への輸血」

愛臨技病理・細胞研究会ならびに愛媛県細胞検査士会合同研修会(10月17日、松山)

菅恭弘:

「HE染色とパパニコロウ染色の原理と染色のポイント」

「認定病理検査技師精度と今後の病理検査について」

5)講演・講義他

平成26年度日本臨床衛生検査技師会認定認知症領域検査技師第1回認定指定講習会(2月28日-3月1日、東京)

高村好実:認定認知症関連生理検査2 ―MRI検査を中心に―

愛臨技MRI分科会研修会(3月14日、松山)

  1. 高村好実:認知症の画像検査の基礎
  2. 正田大介:
    1. 椎骨動脈解離と奇異性脳塞栓症の診断と治療
    2. 脳梗塞の診断の基礎

平成27年度全国自治体病院協議会 臨床検査部研修会(6月26日、徳島)

高村好実:チーム医療の基礎を支える職域を超えた仲間づくり

第23回CT・MR研究会えひめ(6月27日、松山)

高村好実:当院での椎骨動脈解離のMRI画像診断

愛媛県臨床検査技師会 初級輸血検査研修会(7月26日、松山)

宇都宮佳代:輸血検査の基礎

第9回南予院内感染対策研究会(7月31日、宇和島)

三浦美奈子:感染防止対策地域連携における抗菌薬使用量と感受性率への効果

愛臨技新人研修会(8月29日、松山)

高村好実:日臨技事業とこれからの臨床検査技師の方向性