放射線科

1.研修・認定施設

  • 日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関
  • 日本核医学会専門医教育病院

2.スタッフ紹介

主任科長 福井 聡(ふくい あきら)

資格・認定 日本医学放射線学会専門医
放射線治療専門医
日本核医学会専門医
PET核医学会認定医
主な専門領域 放射線診断一般、放射線治療
主な所属学会 日本医学放射線学会、日本核医学会、日本放射線腫瘍学会、日本血管造影・インターベンショナルラジオロジー学会、日本消化器内視鏡学会、日本緩和医療学会
ドクターから一言 放射線診療の事についてはどうぞ気楽にご相談ください。

科長 竹口 崇(たけぐち たかし)

資格・認定 日本医学放射線学会専門医
放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定A評価
日本核医学会専門医
PET核医学会認定医
主な専門領域 放射線診断
主な所属学会 日本医学放射線学会
日本核医学会
日本磁気共鳴医学会
日本神経放射線学会
ドクターから一言 よろしくお願いいたします。

科長 原井川 豊章(はらいかわ とよあき)

資格・認定 日本医学放射線学会専門医
日本放射線診断専門医
主な専門領域 放射線診断
緊急被ばく医療
主な所属学会 日本医学放射線学会
ドクターから一言 頑張ります。よろしくお願いします。

副科長 岩村 卓明(いわむら たかあき)

資格・認定 日本医学放射線学会専門医
放射線診断専門医
主な専門領域  
主な所属学会 日本医学放射線学会
ドクターから一言 よろしくお願いします。

医長 村田 真央(むらた まお)

資格・認定 日本医学放射線学会放射線科専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
主な専門領域 画像診断
主な所属学会 日本医学放射線学会
ドクターから一言 よろしくお願い致します。

3.診療の総括

2016年は、常勤医師5名、非常勤医師2名体制で診療を行いました。全員が日本医学放射線学会専門医です。

放射線治療は、2月の機器更新により、強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy:IMRT)に対応可能となりました。

画像診断部門のここ数年の傾向として、他院実施検査(CT/MRI/PET-CT等)のレポート作成依頼が増加しています(下表、グラフ)。宇和島市立津島病院(CT/MRI/核医学)と宇和島市立吉田病院(CT)の遠隔画像診断も実施しています。

IVRでは、副腎静脈サンプリングの依頼が増加しています。

4.診療実績

1)画像診断レポート作成件数

CR 19,557件
CT 22,241件
MRI 6,164件
核医学 981件
他院画像(CR/CT/MRI/PET-CTなど) 1,391件
宇和島市立津島病院(CT/MRI/核医学) 2,403件
宇和島市立吉田病院(CT) 859件
  レポート作成 計53,606件

過去3年間のレポート作成件数とその推移(%), 遠隔診断は除く

2014年 2015年 2016年
CR 19,067 19,482 19,557
CT 23,830 22,453 22,241
MRI 6,413 6,243 6,164
核医学 854 874 981
他院画像 803 1,292 1,391
レポート作成件数推移のグラフ

2)消化管透視検査

上部/下部(放射線科実施分, 人間ドック含む) 消化管透視 計175件

3)血管造影・IVR

肝動脈塞栓術(TACE) 69件
副腎静脈サンプリング 21件
門脈塞栓術(PTPE) 2件
バルーン閉塞下逆行性胃静脈瘤塞栓術(BRTO) 1件
後腹膜腫瘍術前 1件
総肝動脈塞栓 1件
緊急止血術(造影のみを含む)
腎・尿路出血 5件
肝損傷 1件
肝細胞癌破裂 2件
腹腔内出血(術後出血、脾破裂) 3件
腎・尿路出血 7件
骨盤骨折 3件
非血管系
CTガイド下肺生検 7件
CTガイド下肺結節マーキング 4件
  IVR 計122件

4)放射線治療

のべ 放射線治療患者 208件
(うち 定位放射線治療 7件)
RI内用療法(メタストロン注) 3件
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2016年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. 岩村卓明、福井聡、井上祐馬、竹口崇、宮内省蔵、宮﨑万純:
    市立宇和島病院放射線科における副腎静脈サンプリングの現状.
    南予医学雑誌 2016;17(1):25-32.
  2. 井上祐馬、岩村卓明、竹口崇、福井聡、清水秀晃、大島清孝、大木元明義:
    目でみる症例  冠動脈CT Angiographyで発見された冠動脈瘻の3例.
    南予医学雑誌 2016;17(1):78-84.

2)学会発表

(総会)

第52回日本医学放射線学会秋季臨床大会(9月16-18日、東京)

腹部腫瘤の由来診断について
竹口崇、井上祐馬、岩村卓明、中島直美、福井聡

日本放射線腫瘍学会第29回学術大会(11月25-27日、京都)

The role of regional nodal treatment in breast cancer. – From radiation oncologists’view
中島直美

(地方会)

第127回日本医学放射線学会中国・四国地方会(12月10-11日、徳島)

当院における直腸癌術前化学放射線療法施行例の治療成績
中島直美、井上祐馬、岩村卓明、竹口崇、福井聡

(研究会)

2016年度第1回愛媛大学医局カンファレンス(5月21日、東温)

  1. 頭蓋骨腫瘤
    竹口崇、井上祐馬、岩村卓明、福井聡
  2. 小児肺炎
    岩村卓明、井上祐馬、竹口崇、福井聡

3)座長

放射線療法推進研修会(10月26日、宇和島)

福井聡:「最近の高精度放射線治療強度変調放射線治療(IMRT)の導入とその適応について」
市立宇和島病院 放射線科 医長 中島直美

4)講演・講義他

放射線療法推進研修会(10月26日、宇和島)

中島直美:「最近の高精度放射線治療強度変調放射線治療(IMRT)の導入とその適応について」