外科、消化器外科、乳腺外科、肛門外科、肝臓・胆のう・膵臓外科

1.研修・認定施設

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本胸部外科学会認定医認定制度関連施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本乳癌学会認定医・専門医制度認定施設
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設
  • 日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育施設

2.スタッフ紹介

院長 梶原 伸介(かじわら しんすけ)

資格・認定 日本外科学会指導医
日本胸部外科学会認定医
日本消化器外科学会指導医
主な専門領域 消化器外科
胸部外科(特に肺癌)
主な所属学会 日本外科学会
日本胸部外科学会
日本消化器外科学会
日本呼吸器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会
日本乳癌学会
日本癌学会
ドクターから一言 手術を行う場合、患者様が自分の親であったら、妻であったらどうするかということを常に考え手術を行っています。

科長 岡田 憲三(おかだ けんぞう)

資格・認定 日本外科学会指導医・外科専門医・認定医
乳腺専門医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィ読影試験A評価
乳房超音波講習会A判定
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本消化器外科学会認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本静脈経腸栄養学会評議員
主な専門領域 乳腺外科
一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本乳癌学会、 日本乳癌検診学会
日本内分泌外科学会
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会
日本癌治療学会
日本内視鏡外科学会
日本腹部救急医学会
日本静脈経腸栄養学会
日本臨床腫瘍学会
日本緩和医療学会
ドクターから一言 乳腺外科医はoncologistとしての側面が重要なため、患者様には常に最新かつstandardな治療が提供できるよう努めております。
そのためにも大規模臨床試験等にも積極的に関わっていく所存です。
市中の中規模病院ですが病理医や放射線医の協力のもと大学病院と同等以上の治療ができるものと信じております。
臨床においては乳癌は治療の選択の幅が広いため、患者様の希望にそって治療を選択するようにしていますが「おまかせ」が多いのが現状です。実は患者様から治療の相談を受けるときが一番楽しい時だったりします。

科長 今井 良典(いまい よしのり)

資格・認定 日本外科学会外科専門医
病理解剖資格認定
主な専門領域 消化器外科
一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本膵臓学会
日本消化器外科学会
日本がん学会
日本脈管学会
日本臨床外科学会
日本大腸肛門病学会
ドクターから一言 消化器外科、特に下部消化管・肛門疾患を担当します。
外科だけの枠にとらわれず多角的に治療法を検討し、患者様にとって最良な医療を提供できるよう心がけています。

科長 渡邊 常太(わたなべ じょうた)

資格・認定 日本外科学会 指導医、専門医、認定医
日本消化器外科学会指導医、専門医、消化管がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医、評議員
日本移植学会 移植認定医
日本臨床外科学会 評議員
日本消化器病学会 専門医、四国支部評議員
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
主な専門領域 消化器外科、肝胆膵外科、肝移植
主な所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本移植学会、
日本臨床外科学会、日本内視鏡外科学会、日本癌治療学会、日本胆道学会
ドクターから一言 常に患者さん、ご家族と相談し、その患者さん個人に対してよりよい医療を提供することを目指します。

医長 竹林 考晃(たけばやし たかあき)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会  
ドクターから一言  

医長 佐藤 創(さとう はじめ)

資格・認定 日本外科学会専門医
日本麻酔科学会認定医
麻酔科標榜医
主な専門領域 外科、消化器外科、麻酔
主な所属学会 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本臨床外科学会、日本麻酔科学会
ドクターから一言 南予の平和のために頑張ります。
よろしくお願い致します。

専攻医 友藤 克博(ともふじ かつひろ)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会  
ドクターから一言 南予の患者様から多くのことを学ばせていただき、地域医療に貢献していく所存でございます。

専攻医 西 悠介(にし ゆうすけ)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会  
ドクターから一言

専攻医 向井 直樹(むかい なおき)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会 日本救急医学会
ドクターから一言 愛媛が大好きです。
南予地域の医療に貢献できるよう日々頑張りますのでよろしくお願いします。

3.診療の総括

全手術件数は950件で昨年とほぼ同数であり、近年やや少ない傾向が続いています。緊急手術の割合も25.8%と昨年度と変わりません。一方、乳癌手術は94件と増加傾向です。鏡視下手術の割合も45.9%と増加傾向にあり、全手術件数の半数に迫る勢いです。特に結腸直腸癌に対する鏡視下手術が増加しており、全大腸癌根治術の81.9%に導入されました。また、肝胆膵領域では肝癌に対する腹腔鏡下肝切除術が増加傾向(36.3%)にあります。新たな手術手技としては、究極の肛門温存手技である腹腔鏡下経腹経肛門的括約筋間直腸切除術(LS-ISR)を導入し、直腸切断術(Miles’手術)による永久人工肛門を回避するように努めています。また、進行食道癌に対する術前化学療法や進行直腸癌に対する術前化学放射線療法など、先行治療を併用した集学的治療も積極的に導入しています。合併症に関しては全合併症、手術関連死亡は昨年とほぼ同数でした。

4.診療実績

2015年手術実績(心臓血管、胸部を除く)(1月1日~12月31日)

全手術件数 950件

全身麻酔 714件
腰椎麻酔 201件
腰椎麻酔+硬膜外麻酔4件
局所麻酔31件
緊急手術

245件(25.8%)

鏡視下手術 436件(45.9%)
手術関連死亡(術後30日以内の死亡)
5件(0.5%)
術後合併症 159件(16.7%)
縫合不全 15件

主な疾患・手術の内訳と件数

疾患

食道癌 9
胃癌 64
良性腫瘍 3
イレウス 50
結腸癌 75
直腸癌 51
原発性肝癌 8
転移性肝癌 10
胆道癌 5
膵癌 10
胆石・胆嚢炎 160
虫垂炎 75
肛門疾患 58
ヘルニア 135
乳癌 94
上部消化管穿孔 7
下部消化管穿孔 15

手術

胸腹腔胸下食道切除 9
胃全摘 16
(腹腔鏡下胃全摘 2 ) 12.5%
幽門側胃切除 48
(腹腔鏡下幽門側胃切除  24) 50%
結腸切除(根治術) 74
(腹腔鏡下結腸切除 59 ) 79.7%
直腸切除(根治術) 42
(腹腔鏡下直腸切除・切断 36 )85.7%
   
肝切除 22
(腹腔鏡下肝切除 8 ) 36.3%
膵頭十二指腸切除 7
膵体尾部切除 2
腹腔鏡下胆嚢摘出術 143
虫垂切除 75
(腹腔鏡下虫垂切除 30 ) 40%
ヘルニア根治術 135
(腹腔鏡下ヘルニア手術 19 ) 14.1%
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. Hidenori Kiyochi, Shouichi Matsukage, Taro Nakamura, Naoki Ishida, Yasutsugu Takada, Shinsuke Kajiwara:
    Pathologic Assessment of Pancreatic Fibrosis for Objective Prediction of Pancreatic Fistula and Management of Prophylactic Drain Removal After Pancreaticoduodenectomy.
    World J Surg 2015;39(12):2967-2974.
  2. 岡田倫明、清地秀典、永岡智之、中川祐輔、山内達雄、石田直樹、今井良典、中村太郎、岡田憲三、梶原伸介:
    マイコプラズマ肺炎による咳嗽が誘因となったと思われる伝染性単核球症の脾破裂の一例.
    日本消化器外科学会雑誌 2015;48(4):350-356.
  3. 岡田倫明、山内達雄、石田直樹、今井良典、清地秀典、梶原伸介:
    左閉鎖孔に発生したリンパ管腫に対し腹腔鏡下切除を行った1例.
    日本内視鏡外科学会雑誌 2015;20(6):649-654.
  4. 永岡智之、友藤克博、中川祐輔、岡田倫明、山内達雄、石田直樹、今井良典、中村太郎、清地秀典、岡田憲三、 坂尾寿彦、梶原伸介:
    胸部外傷による遅発性血胸と続発性急性膿胸に対し鏡視下手術を行い早期回復に至った1例.
    南予医学雑誌 2015;16:67-73.
  5. 西本幸恵、大下時廣、赤松金平、橋本悠、岡田憲三:
    免疫抑制・化学療法により再燃化するB型肝炎対策〜当院の現状〜.
    南予医学雑誌 2015;16:43-48.

2)学会発表

(国際学会)

SAGES2015 Annual Meeting (Society of American Gastrointestinal and endoscopic Surgeons) April 15-18 2015, Nashville, USA

  1. Two cases of esophageal submucosal tumor treated by thoracoscopic enucleation.
    Yusuke Nakagawa , Katuhiro Tomofuji , Tomoyuki Nagaoka , Tomoaki Okada , Tatuo Yamauti , Naoki Isida , Yoshinori Imai , Taro Nakamura , Hidenori Kiyoti , Kennzou Okada , Sinsuke Kajiwara
  2. Study of 3000 cases of laparoscopic cholecystectomy in our institute.
    Tomoyuki Nagaoka, Hidenori Kiyochi, Shinsuke Kajiwara, Kenzo Okada, Taro Nakamura, Yoshinori Imai, Naoki Ishida, Tatsuo Yamauchi, Tomoaki Okada, Yusuke Nakagawa, Katunori Tomofuji

(総会)

第23回日本乳癌学会総会(7月2日、東京)

乳房温存療法における術中断端診断についての当院の検討
岡田憲三、梶原伸介、松影昭一、中西護、山下美智子

第77回日本臨床外科学会総会(11月28日、福岡)

孤立性末梢性肺動脈瘤に対し胸腔鏡下肺葉切除術を施行した1例
石田直樹、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第28回日本内視鏡外科学会総会(12月10-12日、大阪)

  1. 鏡視下食道癌手術後に発生した食道裂孔ヘルニアの2例
    石田直樹、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、 梶原伸介
  2. 腹腔鏡下手術にて摘出した後腹膜リンパ管腫の二例
    中川祐輔、西悠介、友藤克博、永岡智之、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、梶原伸介
  3. 当院における腹腔鏡下胆嚢炎手術症例の検討
    永岡智之、渡邊常太、友藤克博、中川祐輔、石田直樹、今井良典、梶原伸介

(地方会)

第90回中国四国外科学会総会(9月12日、岡山)

  1. 膵頭部癌、膵尾部嚢胞性腫瘍に対し、中央区域温存膵切除術を施行した一例
    石田直樹、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、 梶原伸介
  2. 多発早期十二指腸癌の2治験例
    友藤克博、西悠介、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、 梶原伸介

第12回日本乳癌学会中国四国地方会(9月20日、徳島)

術後早期に胸骨単独転移を認め胸骨体部切除を施行した進行乳癌の1例
岡田憲三、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、梶原伸介

(研究会)

第35回四国食道疾患研究会(1月31日、高松)

胸部中部下部食道癌の術前診断のもと食道亜全摘術を施行した食道胃接合部癌の1例
石田直樹、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第29回四国内視鏡外科研究会(2月21日、松山)

腹腔鏡下他臓器合併切除を行った進行直腸癌の4例
岡田倫明、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、山内達雄、石田直樹、今井良典、中村太郎、清地秀典、岡田憲三、梶原伸介

第60回愛媛乳腺疾患懇話会(4月25日、松山)

異時性に両側発症した進行性の家族性乳癌の1例
岡田憲三、西悠介、友藤克博、永岡智之、石田直樹、今井良典、梶原伸介

第32回愛媛術後管理研究会(6月6日、松山)

膵全摘後に発症した非結核性抗酸菌による腹膜炎の1例
西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

愛媛肝胆膵外科セミナー(6月27日、松山)

当院における腹腔鏡下胆嚢炎手術症例の検討
永岡智之、渡邊常太、西悠介、友藤克博、中川祐輔、石田直樹、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第12回中国四国ヘルニア手術研究会(7月11日、高松)

Direct Kugel法術後にイレウスを発症した1例
友藤克博、西悠介、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第68回愛媛外科会総会(8月1日、宇和島)

  1. 13歳で発症した無石性壊疽性胆嚢炎の1例
    永岡智之、西悠介、友藤克博、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、 梶原伸介
  2. 横行結腸脂肪腫に出血をきたした1例
    友藤克博、西悠介、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、 梶原伸介
  3. 壁外発育を呈した巨大下行結腸癌の1例
    中川祐輔、西悠介、友藤克博、永岡智之、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、 梶原伸介

第20回中国四国内視鏡外科学会(9月11-12日、岡山)

腹腔鏡下に治療した子宮広間膜裂孔ヘルニアの1例
西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

四国肝胆膵外科フォーラム(10月17日、徳島)

膵頭部癌、膵尾部嚢胞性腫瘍に対しMiddle segment preserving pancreatectomyを施行した1例
渡邊常太、石田直樹、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第61回愛媛乳腺疾患懇話会(10月17日、松山)

重症の糖尿病を合併する進行乳癌患者への化学療法の経験
岡田憲三、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、梶原伸介

3)座長

愛媛消化器疾患合同研究会(4月4日、松山)

今井良典:一般演題

第60回愛媛乳腺疾患懇話会(4月25日、松山)

岡田憲三:一般演題 第2部

第32回愛媛術後管理研究会(6月6日、松山)

  1. 渡邊常太:一般演題セッションⅠ
  2. 今井良典:
    一般演題セッションⅡ
    特別講演

南予大腸がんセミナー(6月26日、宇和島)

今井良典:特別講演

第21回愛媛NST研究会(6月27日、松山)

岡田憲三:特別講演

第68回愛媛外科会総会(8月1日、宇和島)

  1. 渡邊常太:一般演題 肝胆膵
  2. 石田直樹:一般演題 小腸・虫垂
  3. 今井良典:一般演題 大腸

南予膵癌化学療法カンファレンス(9月3日、宇和島)

渡邊常太:特別講演

第12回日本乳癌学会中国四国地方会(9月19日、徳島)

岡田憲三:一般演題(再発)

南予大腸がんカンファレンス(10月8日、宇和島)

今井良典:特別講演

宇和島医師会学術講演会(10月16日、宇和島)

岡田憲三:特別講演

市民公開講座(10月17日、宇和島)

岡田憲三:特別講演

Breast Cancer Expert Meeting in Ehime(11月28日、松山)

岡田憲三:特別講演

4)講演・講義他

大腸癌化学療法カンファレンス(11月5日、松山)

今井良典:ディスカッサント

愛媛県薬剤師会宇和島支部研修会(11月24日、宇和島)

岡田憲三:最新の癌性疼痛治療について