外科、乳腺外科、肝臓・胆のう・膵臓外科、消化器外科、肛門外科

1.研修・認定施設

  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練施設
  • 日本胸部外科学会認定医認定制度関連施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設
  • 日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • 日本乳癌学会認定医・専門医制度認定施設
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能専門医修練施設
  • 日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育施設

2.スタッフ紹介

外科

院長 梶原 伸介(かじわら しんすけ)

資格・認定 日本外科学会指導医
日本胸部外科学会認定医
日本消化器外科学会指導医
主な専門領域 消化器外科
胸部外科(特に肺癌)
主な所属学会 日本外科学会
日本胸部外科学会
日本消化器外科学会
日本呼吸器外科学会
日本内視鏡外科学会
日本臨床外科学会
日本乳癌学会
日本癌学会
ドクターから一言 手術を行う場合、患者様が自分の親であったら、妻であったらどうするかということを常に考え手術を行っています。

主任科長 今井 良典(いまい よしのり)

資格・認定 日本外科学会外科専門医
病理解剖資格認定
主な専門領域 消化器外科
一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本消化器内視鏡学会
日本膵臓学会
日本消化器外科学会
日本がん学会
日本脈管学会
日本臨床外科学会
日本大腸肛門病学会
ドクターから一言 消化器外科、特に下部消化管・肛門疾患を担当します。
外科だけの枠にとらわれず多角的に治療法を検討し、患者様にとって最良な医療を提供できるよう心がけています。

医員 岩田 みく(いわた みく)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会 日本外科学会
日本乳癌学会
ドクターから一言 患者さまから学ばせて頂いたことを次に繋げられるよう、日々努力を惜しまないつもりです。
元気に明るく前向きに頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

医員 西 悠介(にし ゆうすけ)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会  
ドクターから一言

専攻医 向井 直樹(むかい なおき)

資格・認定  
主な専門領域 外科
主な所属学会 日本救急医学会
ドクターから一言 愛媛が大好きです。
南予地域の医療に貢献できるよう日々頑張りますのでよろしくお願いします。

専攻医 兼定 弦(かねさだ げん)

資格・認定 JATECコース修了
TNTコース修了
主な専門領域 外科
主な所属学会 日本外科学会
日本臨床外科学会
日本静脈経腸栄養学会
ドクターから一言 体が大きいため近寄りがたいかもしれませんが、お話のしやすい・分かりやすい医療を心がけています。お気軽にご相談ください。

専攻医 小倉 史也(おぐら ふみや)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

乳腺外科

科長 岡田 憲三(おかだ けんぞう)

資格・認定 日本外科学会指導医・外科専門医・認定医
乳腺専門医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィ読影試験A評価
乳房超音波講習会A判定
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本消化器外科学会認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本静脈経腸栄養学会評議員
主な専門領域 乳腺外科
一般外科
主な所属学会 日本外科学会
日本乳癌学会、 日本乳癌検診学会
日本内分泌外科学会
日本消化器外科学会
日本臨床外科学会
日本癌治療学会
日本内視鏡外科学会
日本腹部救急医学会
日本静脈経腸栄養学会
日本臨床腫瘍学会
日本緩和医療学会
ドクターから一言 乳腺外科医はoncologistとしての側面が重要なため、患者様には常に最新かつstandardな治療が提供できるよう努めております。
そのためにも大規模臨床試験等にも積極的に関わっていく所存です。
市中の中規模病院ですが病理医や放射線医の協力のもと大学病院と同等以上の治療ができるものと信じております。
臨床においては乳癌は治療の選択の幅が広いため、患者様の希望にそって治療を選択するようにしていますが「おまかせ」が多いのが現状です。実は患者様から治療の相談を受けるときが一番楽しい時だったりします。

肝臓・胆のう・膵臓外科

科長 中村 太郎(なかむら たろう)

資格・認定 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会認定肝胆膵外科高度技能専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
消化器がん外科治療認定医
主な専門領域 消化器外科(特に肝臓、胆のう、胆道、膵臓領域)
主な所属学会 日本外科学会
日本消化器外科学会
日本肝胆膵外科学会
日本臨床外科学会
日本内視鏡外科学会
日本肝臓学会
日本移植学会
日本消化器病学会
日本胆道学会
ドクターから一言 宇和島地区のみでなく、南予全域、高知西南地域の患者さんにとって重要な拠点病院と考えています。
質が高く、かつみなさんが安心して納得できる治療を提供できるよう心がけています。

医長 山本 久斗(やまもと ひさと)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

3.診療の総括

手術件数は1,027件で、昨年より77件増加し、2013年以来3年ぶりに総手術件数(心臓血管外科、呼吸器外科を除く)が1,000件を超えました。緊急手術の割合は25.7%と昨年度と変わりなし。分野別では乳腺疾患手術が100件となり引き続き増加傾向、胃癌手術79件、大腸癌手術127件と共に増加傾向。鏡視下手術の割合は34.5%と昨年より大幅に減少。特に、胃癌、直腸癌において鏡視下手術の割合が低下しました。肝胆膵領域では肝癌手術数は減少しましたが、腹腔鏡下肝切除術は引き続き増加傾向(38.5%)にあります。新たな手術手技としては、局所進行直腸癌に対する過大侵襲手術である骨盤内臓全摘術に対し、泌尿器科と合同で鏡視下手術を導入し、腹腔鏡下骨盤内臓全摘術(LS-TPE)を開始しました。また、進行膵癌や進行胃癌、進行食道癌に対する術前化学療法や進行直腸癌に対する術前化学放射線療法など、各種進行癌に対する集学的治療も積極的に導入しています。合併症に関しては全合併症、手術関連死亡は昨年とほぼ同数でした。

4.診療実績

2016年手術実績(心臓血管、胸部を除く)(1月1日~12月31日)

全手術件数 1,027件

全身麻酔 795件
腰椎麻酔 200件
腰椎麻酔+硬膜外麻酔 3件
局所麻酔 29件
緊急手術

264件(25.7%)

鏡視下手術 354件(34.5%)
手術関連死亡(術後30日以内の死亡)
13件(1.2%)
術後合併症 152件(14.0%)

主な疾患・手術の内訳と件数

疾患

食道癌 7
胃癌 79
良性腫瘍 4
イレウス 50
結腸癌 92
直腸癌 42
原発性肝癌 12
転移性肝癌 3
胆道癌 12
膵癌 12
胆石・胆嚢炎 166
虫垂炎 81
肛門疾患 50
ヘルニア 144
乳癌 97
上部消化管穿孔 13
下部消化管穿孔 13

手術

胸腹腔胸下食道切除 6
胃全摘 22
(腹腔鏡下胃全摘 3 ) 13.6%
幽門側胃切除 57
(腹腔鏡下幽門側胃切除 21) 36.6%
結腸切除(根治術) 92
(腹腔鏡下結腸切除 70 ) 76.1%
直腸切除(根治術) 35
(腹腔鏡下直腸切除・切断 24 )68.6%
  腹腔鏡下手術率:74.0%
肝切除 13
(腹腔鏡下肝切除 5 ) 38.5%
膵頭十二指腸切除 14
膵体尾部切除 5
腹腔鏡下胆嚢摘出術 151
虫垂切除 81
(腹腔鏡下虫垂切除 29 ) 35.8%
ヘルニア根治術 141
(腹腔鏡下ヘルニア手術 5 ) 3.5%
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2016年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. Watanabe J, Ito E, Hatano M, Tohyama T, Okada Y, Takada Y:
    Recovery After Critical Illness Polyneuropathy in a Patient With Orthotopic Liver Transplantation: A Case Report.
    Transplant Proc. 2016 Nov;48(9):3207-3209.
  2. 永岡智之、清地秀典、中川祐輔、岡田倫明、山内達雄、石田直樹、今井良典、中村太郎、岡田憲三、梶原伸介:
    空腸転移穿孔を契機に診断された肉腫型心膜悪性中皮腫の1例.
    消化器外科 2016;39(1):111-115.
  3. Hajime Sato:
    Clinical significance of soluble fibrin in coagulopathy caused by highly invasive surgery.
    愛媛医学 2016;35(4):188-196.
  4. 中村太郎、山内達雄、石田直樹、今井良典、清地秀典、梶原伸介:
    腹腔鏡下幽門側胃切除術後の体腔内吻合におけるステイプラー使用数節減のための工夫.
    日本内視鏡外科学会雑誌 2016;21(1):97-102.
  5. 永岡智之、渡邊常太、中川祐輔、石田直樹、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介:
    腹腔鏡下急性胆嚢炎手術における術後合併症危険因子についての検討.
    日本臨床外科学会雑誌 2016;77(4):739-745.
  6. 友藤克博、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、梶原伸介:
    Direct Kugel法術後に発症した腸閉塞の1例.
    日本臨床外科学会雑誌 2016;77(6):1570-1574.
  7. 友藤克博、渡邊常太、西悠介、永岡智之、中川祐輔、岡田倫明、石田直樹、今井良典、根津賢司、岡田憲三、梶原伸介:
    硬膜外併用脊椎麻酔下にて腹会陰式直腸切断術を施行可能であった直腸癌の3例.
    消化器外科 2016;39(10):1451-1455.
  8. 向井直樹、渡邊常太、今井良典、西悠介、友藤克博、竹林孝晃、石田直樹、佐藤創、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介:
    膵頭十二指腸切除術後に発症した腹腔動脈閉塞を伴う仮性動脈瘤破裂に対し後腹膜経路手術が有用であった1例.
    南予医学雑誌 2016;17:58-66.

2)学会発表

(国際学会)

SAGES2016 Annual Meeting (Society of American Gastrointestinal and endoscopic Surgeons) March 16-19, Boston MA, USA

  1. Analysis of risk factors that induce postoperative complications of laparoscopic cholecystectomy for acute cholecystitis
    J Watanabe M.D., T Nagaoka M.D., Y Nishi M.D., K Tomofuji M.D., Y Nakagawa M.D., N Ishida M.D., Y Imai M.D., K Nezu M.D., K Okada M.D., S Kajiwara M.D.
  2. Two cases of broad ligament hernia of the uterus successfully treated by a laparoscopic single-site approach
    Katsuhiro Tomofuji MD, Yusuke Nishi MD, Tomoyuki Nagaoka MD, Yusuke Nakagawa MD, Naoki Ishida MD, Yoshinori Imai MD, Jyota Watanabe MD, Kenji Nedu MD, Kenzo Okada, Toshihiko Sakao MD, Shinsuke Kajiwara MD

(総会)

日本臨床外科学会第4回次世代の臨床外科医のための特別セミナー(1月30-31日、東京)

胆摘手術ビデオ発表「手術手技パネル 内視鏡下手術の免許皆伝への道」
西悠介

第25回日本呼吸器外科医会冬季学術集会(2月26-28日、北海道・新得)

異なるアプローチ(側臥位、気胸併用腹臥位)による胸腔鏡下後縦隔腫瘍摘出術の経験例
友藤克博、根津賢司、向井直樹、西悠介、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邉常太、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第24回日本乳癌学会学術総会(6月16-18日、東京)

当院における葉状腫瘍に対する簡便な内視鏡補助下乳腺部分切除術の工夫
岡田憲三、梶原伸介

第78回日本臨床外科学会総会(11月24-26日、東京)

ロボット支援前立腺摘除術後に生じた外腸骨動脈による絞扼性イレウスの一例
石田直樹、向井直樹、西悠介、竹林孝晃、佐藤創、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第29回日本内視鏡外科学会総会(12月8-10日、横浜)

ストマサイトマーキング部位を利用した単孔式腹腔鏡下人工肛門造設術
今井良典、石田直樹、渡邊常太、梶原伸介

(地方会)

第91回中国四国外科学会総会(9月1-2日、高松)

小腸軸捻転症2例についての検討
向井直樹、渡邊常太、西悠介、友藤克博、竹林孝晃、佐藤創、石田直樹、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第13回日本乳癌学会中国四国地方会(10月1-2日、松山)

最近経験した悪性葉状腫瘍の3例-Pazopanibの著効例を中心に-
岡田憲三、福岡恵梨菜、中川みく、梶原伸介

(研究会)

第36回四国食道疾患研究会(1月30日、松山)

当院における食道癌手術の現状と課題
石田直樹、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第21回愛媛消化管がん懇話会(2月13日、松山)

下部進行直腸癌に対する術前放射線化学療法の検討
西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第30回四国内視鏡外科研究会(2月20日、高松)

単孔式腹腔鏡下に治療した子宮広間膜裂孔ヘルニアの2例
友藤克博、根津賢司、向井直樹、西 悠介、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、今井良典、渡邉常太、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第62回愛媛乳腺疾患懇話会(4月23日、松山)

Luminal乳癌治療中に対側に発症した炎症性乳癌の1例
岡田憲三、向井直樹、西悠介、友藤克博、石田直樹、根津賢司、渡辺常太、今井良典、梶原伸介

第33回愛媛術後管理研究会(6月18日、松山)

膵頭十二指腸切除術後にWernicke脳症を発症した1例
兼定弦、渡邊常太、向井直樹、西悠介、友藤克博、竹林孝晃、石田直樹、佐藤創、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第63回西四国肺癌研究会(6月25日、松山)

肺癌術後再発に対し化学療法が著効した一例
西悠介、向井直樹、竹林孝晃、石田直樹、佐藤創、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第30回愛媛ストーマ排泄リハビリテーション研究会(6月26日、新居浜)

当院における人工肛門造設閉鎖について
パネルディスカッサント

第6回愛媛肝胆膵外科セミナー(6月27日、松山)

腹腔動脈閉塞を伴うPD術後のGDA断端動脈瘤出血を救命した1例
向井直樹、渡邊常太、兼定弦、西悠介、友藤克博、竹林孝晃、佐藤創、石田直樹、今井良典、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第69回愛媛外科会総会(8月6日、松山)

  1. 急性虫垂炎に対して行われた吊り上げ法による単孔式腹腔鏡下虫垂切除術33例の検討
    西悠介、向井直樹、竹林孝晃、石田直樹、佐藤創、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介
  2. 人工肛門閉鎖術における皮膚環状縫合の有用性
    福岡恵梨菜、今井良典、中川みく、向井直樹、西悠介、友藤克博、竹林孝晃、石田直樹、佐藤創、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第21回中国四国内視鏡外科研究会(9月1-2日、高松)

当院で経験した胆嚢軸捻転症5例についての検討
西悠介、向井直樹、友藤克博、竹林孝晃、石田直樹、佐藤創、今井良典、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介

第63回愛媛乳腺疾患懇話会(10月15日、松山)

不正性器出血を契機に発見された異所性HCG産生進行乳癌の1例
中川みく、福岡恵梨菜、岡田憲三、梶原伸介

3)座長

市民公開講座(1月31日、宇和島)

石田直樹:講演2「未来に向けたがん治療-食道・胃-」
東京大学大学院医学系研究科 消化器外科学・代謝内分泌学 教授 瀬戸泰之

南予胃がん治療を考える会(2月18日、宇和島)

石田直樹:特別講演「胃癌に対する個別化治療を目指して」
大分大学医学部消化器・小児外科学講座 講師 衛藤剛

南予大腸癌化学療法カンファレンス(5月26日、宇和島)

今井良典:特別講演

第20回四国乳房画像研究会(7月31日、松山)

岡田憲三:特別講演「乳房トモシンセシスの現状-いかに有効利用していくか」
聖路加国際病院 乳房画像診断室 室長 角田博子

第21回中国四国内視鏡外科研究会(9月1-2日、高松)

渡邊常太:肝胆膵・その他

第13回日本乳癌学会中国四国地方会(10月1-2日、松山)

岡田憲三:イブニングセミナー「経口フッ化ピリミジン製剤はどう活かされるのが良いか?」
独立行政法人 国立病院機構 四国がんセンター 乳腺科・化学療法科 原文堅

第78回日本臨床外科学会総会(11月24-26日、東京)

渡邊常太:肝臓:悪性疾患 5

4)講演・講義他

松山周術期栄養講演会(3月12日、松山)

今井良典、向井直樹、西悠介、友藤克博、永岡智之、中川祐輔、石田直樹、渡邊常太、根津賢司、岡田憲三、坂尾寿彦、梶原伸介:高齢者大腸癌患者における術前栄養評価による術後合併症発生リスクの検討

メルクセローノ社内勉強会(5月19日、宇和島)

今井良典:大腸がん治療について

大鵬薬品工業社内研修会(6月23日、宇和島)

今井良典:informed consentについて

第4回大腸癌化学療法カンファレンス(9月21日、松山) 

今井良典:ディスカッサント

Colorectal Cancer Consensus Meeting(11月10日、松山)

今井良典:ディスカッサント