循環器内科

1.研修・認定施設

  • 日本心血管インターベンション治療学会研修施設
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本老年医学会認定施設
  • 日本高血圧学会専門医認定施設

2.スタッフ紹介

循環器内科主任科長兼臨床研修管理部長 大木元 明義(おおぎもと あきよし)

資格・認定 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医・四国支部評議員・専門医部会四国支部愛媛県幹事
日本循環器学会認定循環器専門医・四国支部評議員
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
日本老年医学会認定専門医
日本医師会認定産業医
日本禁煙学会認定専門指導医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療
日本救急医学会認定ICLS・BLS コースインストラクター
JMECCインストラクター
日本心臓病学会心臓病上級臨床医{Fellow of Japanese College of Cardiology (FJCC)}
米国内科学会上級会員{Fellow of American College of Physicians (FACP)}
米国心臓学会特別正会員{Fellow of American Heart Association (FAHA)}
米国心臓病学特別正会員{Fellow of American College of Cardiology (FACC)}
主な専門領域 循環器疾患全般
特に肥大型心筋症、拡張型心筋症、心不全
主な所属学会 日本循環器学会、日本内科学会、米国内科学会(ACP)、米国心臓学会(AHA)、米国心臓病学会(ACC)、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション学会、日本人類遺伝学会、日本心不全学会、日本高血圧学会、日本老年医学会、日本禁煙学会、日本エピジェネティクス研究会
ドクターから一言 最新・最適の医療を提供・提案することは当然ですが、精神的にも安心・満足していただけるように心がけています。

循環器内科長兼救命救急センター副センター長 大島 清孝(おおしま きよたか)

資格・認定 日本医師会認定産業医
日本心血管インターベンション学会専門医
日本循環器学会認定専門医
日本内科学会指導医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
主な専門領域 循環器内科一般、虚血性心疾患、心不全
主な所属学会 日本内科学会、日本循環器学会 、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション学会
ドクターから一言 患者様から学び、より良い医療を実践する。

循環器内科医長 河野 珠美(こうの たまみ)

資格・認定 内科認定医
循環器専門医
主な専門領域 循環器一般
主な所属学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション治療学会
ドクターから一言 みなさまのお役に立てるよう頑張ります。
よろしくお願いいたします。

専攻医 宮﨑 慈大(みやざき しげひろ)

資格・認定  
主な専門領域 循環器
主な所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本心エコー図学会
ドクターから一言 「Think global  Act local」をモットーに頑張ります。
よろしくお願いします。

循環器内科医員 渡部 勇太(わたなべ ゆうた)

資格・認定  
主な専門領域 循環器内科一般
主な所属学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓リハビリテーション学会
ドクターから一言 地域に貢献できるように頑張ります。
よろしくお願いします。

3.診療の総括

2016年度は、常勤循環器内科医師5名、嘱託医師1名、非常勤医師(大学派遣医師 毎週金曜日 循環器外来,隔週 不整脈外来)2名の体制で南予地区の循環器疾患を診療してきました。

昨今の報道の如く、医師不足や若手医師の都市部への移動により、医師不足が地方で更に顕著になってきており、南予をめぐる医療環境は大変厳しい状況となっています。その中で、市立宇和島病院が如何に住民の方々に信頼され必要とされる病院として生き残れるかが最も大切で、我々スタッフの知識や技術を高め、日常診療へと還元することが当院循環器内科の責務と考えています。次第に煩雑さを増す医療環境の中で、安全かつ有効な医療を圏域の患者様に提供できるようより良いシステムを作ろうと考えています。

地方の医師不足が深刻な今日、当院で研修医の先生が“宇和島に行きたい”と言ってくれるような循環器内科を目指し、医療レベルの向上と世界に向けたデータ配信を行っていこうと考えております。循環器診療レベルアップのための検査、臨床・血管内治療、インターベンション手技のトレーニングも都市の病院以上に研修できるものと自負しております。

臨床研究面において、今まで同様に国内全国学会はもちろんのこと、国際学会への参加も積極的に推進し世界に通用する医療を報告していきたいと考えています。これまでも多くの学会や研究会で当院での取り組みや治療の工夫について報告してきましたが、さらに論文執筆を通して世界に当院のデータを配信すべく努力していく所存です。

新病院でレジデントや研修医の先生に求心力のある循環器内科となるため、我々の医療内容を充実させ日本及び世界に向けて発信しなければと考えており、我々循環器内科はlocalなレベルではなくglobalなレベルで医療を展開していく覚悟で頑張っています。

4.診療実績

入院患者数 1,091例

急性心筋梗塞例 83例
心不全例 237例
狭心症例(不安定狭心症を含む) 300例
不整脈 150例

治療実績

心臓カテーテル検査 457例
経皮的冠動脈形成術(ステント留置術含む) 187例
経皮的末梢血管形成術 8例
ペースメーカ植え込み術(電池交換術を含む) 63例

検査実績

心エコー 5,738例
頚動脈エコー 701例
腎血流エコー 15例
経食道エコー 14例
マスター負荷心電図 431例
トレッドミル多段階運動負荷 16例
ホルター心電図 361例
心筋シンチ 256例
ABI 772例
Head-up tilt test 17例
Coronary CT 241例
心臓MRI 58例
心筋生検 12例
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2016年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. Morofuji T, Inaba S, Hitsumoto T, Takahashi K, Aisu H, Higashi H, Saito M, Ohshima K, Ikeda S, Hamada M, Sumimoto T.:
    Usefulness of Intravascular Ultrasound for Predicting Risk of Intraprocedural Stent Thrombosis.
    Am J Cardiol 2016; 117: 918-925.
  2. Hamada M, Takamura Y, Otani T, Ohshima K, Ogimoto A, Ikeda S, Horii T.:
    Left ventricular noncompaction mimicking hypertrophic obstructive cardiomyopathy.
    Int J Cardiol 2016; 220: 825-827.
  3. Hamada M, Shigematsu Y, Takezaki M, Ikeda S, Ogimoto A.:
    Plasma levels of atrial and brain natriuretic peptides in apparently healthy subjects: Effects of sex, age, and hemoglobin concentration.
    Int J Cardiol 2016 Nov 9 Epub ahead of print.
  4. Takahashi K, Saito M, Inaba S, Morofuji T, Aisu H, Sumimoto T, Ogimoto A, Ikeda S, Higaki J.:
    Contribution of the long-term care insurance certificate for predicting 1-year all-cause readmission compared with validated risk scores in elderly patients with heart failure.
    Open Heart 2016; 3: e000501.
  5. Hamada M, Ohshima K, Asai M, Shimizu Y, Ogimoto A.:
    Impact of atrial pacing on cardiogenic shock due to the deterioration of tricuspid regurgitation.
    Int J Cardiol 2016; 223: 422-424.
  6. 大木元明義:
    心内膜・心筋・心膜疾患.
    Year Note 2017 26th edition、Medic Media、東京、2016年3月:C-141~C-156.
  7. 井上祐馬、岩村卓明、竹口崇、福井聡、清水秀晃、大島清孝、大木元明義:
    冠動脈CT angiographyで発見された冠動脈動静脈瘻の3例.
    南予医学雑誌 2016;17(1):78-84.

2)学会発表

(総会)

The 80th Anniversary Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society. (March 18-20, Sendai)

Symposium 3 (SY03) (HF) Basic and Clinical Aspects in Cardiomyopathies: New Viewpoints and Future Direction
Ogimoto A, Higaki J, MacRae CA. MYBPC3 Truncation Mutation Induces Heart Failure and Reduced Ca Transient Amplitude in Zebrafish. Circ J 2016; 80(Suppl. I): I-117

The 13th International Congress of Human Genetics (ICHG2016) (April 3-6, Kyoto)

Ogimoto A, et al. Targeted Resequencing of 174 Genes in Patients with Inherited Cardiovascular Diseases for Future Clinical Utility

第113回日本内科学会総会・講演会(4月15-17日、東京)

「総合内科専門医によるCPC」
心臓手術後に急変した症例をめぐって
大木元明義(コメンテーターとして口演)

第64回日本心臓病学会学術集会(9月23-25日、東京)

  1. 特別企画10 日本のACS登録研究の現状から次の時代へ
    レジストリからみた地方県における急性心筋梗塞治療の現況と課題―大都市圏との比較の観点から―
    増田純、熊谷直人、坂田憲治、樋熊拓未、大木元明義、谷川高士、中村真潮、高山守正、檜垣實男、山岸正和 、奥村謙、伊藤正明
  2. 若手症例Presenter賞 心不全、心筋疾患若手1-2
    家族内に突然死が多発した肥大型閉塞性心筋症の1例~ターゲットリシーケンスの解析結果からの検討~
    中尾恭久、大木元明義、櫃本竜郎、宮﨑慈大、門田久紀 、清水秀晃、大島清孝、池田俊太郎、清家史靖、永井啓行、西村和久、徳永順士、檜垣實男、濱田希臣
  3. 一般演題 口演 症例報告 心血管イメージング
    単冠動脈症-心臓融合像で虚血を検討した3症例
    大島清孝、大木元明義、清水秀晃、門田久紀、宮﨑慈大
  4. 一般演題 ポスター 心筋・心膜疾患2
    閉塞性肥大型心筋症の心血管合併症に及ぼすシベンゾリンの治療効果
    濱田希臣、大木元明義、大島清孝、清水秀晃、門田久紀、櫃本竜郎、宮﨑慈大、池田俊太郎、重松裕二
  5. 一般演題 ポスター 弁膜症 感染症心内膜炎
    右室壁在疣贅が心室中隔穿孔をきたし完全房室ブロックを起こしたと考えられた一例
    宮﨑慈大、大木元明義、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、大島清孝、池田俊太郎、濱田希臣

(地方会)

第108回日本循環器学会中国・四国合同地方会(6月10-11日、松江)

  1. 心肺停止に至った家族性肥大型閉塞性心筋症(新規MYBPC3遺伝子変異)の1例
    中尾恭久、大木元明義、宮﨑慈大、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、大島清孝、池田俊太郎、清家史靖、永井啓行、徳永順士、西村和久、檜垣實男、濱田希臣
  2. 急性心筋梗塞を発症したLipton L-I型単冠動脈の1例
    中尾恭久、大木元明義、宮﨑慈大、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、大島清孝、濱田希臣
  3. 心室中隔穿孔し大動脈弁へ浸潤した右室壁在心内膜炎の1例
    宮﨑慈大、大木元明義、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、大島清孝、池田俊太郎、濱田希臣

第23回日本心血管インターベンション治療学会中国・四国地方会(9月3日、岡山)

分岐部病変の形成にGliderが有用であった3症例
宮﨑慈大、清水秀晃、大木元明義、門田久紀、大島清孝、濱田希臣

第115回日本内科学会四国地方会(11月27日、松山)

十二指腸原発の消化管間質腫瘍が心転移をきたした1例
宮﨑慈大、大島清孝、門田久紀、清水秀晃、大木元明義、濱田希臣、松影昭一

第109回日本循環器学会中国四国合同地方会(12月3日、松山)

  1. 左房内血栓を伴った心尖部肥大型心筋症の一例
    日下部公資、大木元明義、大島清孝、清水秀晃、門田久紀、宮﨑慈大、坂尾寿彦、濱田希臣
  2. 肺吸虫症との関連が疑われた収縮性心膜炎の1例
    風谷卓郎、大木元明義、大島清孝、清水秀晃、門田久紀、宮﨑慈大、小倉史也、日下部公資、坂尾寿彦、濱田希臣
  3. 冠動脈肺動静脈瘻診断に冠動脈CTが有用であった1症例
    大島清孝、宮﨑慈大、門田久紀、清水秀晃、大木元明義
  4. 右胸心の患者に対して恒久的ペースメーカ植込み術を施行した1例
    宮﨑慈大、大木元明義、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、大島清孝、濱田希臣
  5. 低心機能患者に合併した左室心尖部血栓が抗凝固療法のみで消失した1例
    宮﨑慈大、清水秀晃、門田久紀、大島清孝、大木元明義、濱田希臣
  6. 効果的な心臓リハビリテーションの提供に心肺運動負荷試験が有効であった症例
    中屋雄太、清水秀晃、大木元明義、北岡裕章(奨励賞受賞)

3)座長

宇和島病診連携講演会(3月9日、宇和島)

大木元明義:高尿酸血症におけるウリアデックの有用性
愛媛大学大学院医学系研究科 循環器・呼吸器・腎高血圧内科 准教授 大蔵隆文

宇和島市医師会学術講演会(5月20日、宇和島)

大木元明義:NOAC臨床試験データの統計的解釈
京都大学大学院医学研究科 医学統計生物情報学 教授 森田智視

第114回日本内科学会四国地方会(5月22日、徳島)

大木元明義:循環器2研修医

第65回南予循環器懇話会(5月27日、宇和島)

大木元明義:心不全治療の最新トピックス
大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学 教授 坂田泰史

第108回日本循環器学会中国四国合同地方会(6月10-11日、松江)

大木元明義:心筋炎・心筋症3

平成28年度愛媛県内科会学術講演会(6月11日、松山)

大木元明義:心房細動患者の対応をあらためて真剣に考えてみる
公益財団法人心臓血管研究所 所長 山下武志

宇和島地区循環器疾患連携の会(6月22日、宇和島)

大木元明義:地方中核病院おける病診連携の試み 紹介率82%,逆紹介率132%の軌跡
徳島赤十字病院 院長 日浅芳一

道後臨床心不全カンファレンス2016(7月2日、松山)

大木元明義:重症心不全を徹底討論
兵庫県立尼崎総合医療センター 循環器内科 部長 佐藤幸人

脂質治療懇話会 in 南予(7月7日、宇和島)

大木元明義:ASCVD(動脈硬化性心血管疾患)に潜む遺伝病~隠れFHを見つけませんか?~
国立循環器病研究センター研究所 病態代謝部 脂質代謝研究室長 小倉正恒

心不全治療を考える会(7月19日、宇和島)

大木元明義:米国における医師主導臨床研究の現状
ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院 循環器内科指導医 島田悠一

宇和島医師会講演会(7月29日、宇和島)

大木元明義:糖尿病内服治療 週1回製剤の有用性
住友別子病院 糖尿病内科 科長 中村達

循環器講演会 in 宇和島(9月30日、宇和島)

大木元明義:虚血性心疾患 治療と管理の最前線
福岡山王病院 循環器センター長/国際医療福祉大学大学院 教授 横井宏佳

宇和島地区Network meeting(10月21日、宇和島)

大木元明義:DOAC登場から5年,抗凝固療法はどう変わったか~伏見レジストリからの考察
京都医療センター 循環器内科 診療部長 赤尾昌治

東京HOCMフォーラム2016(10月29日、東京)

大木元明義:教育セッション1「正確な診断への基礎と新たな展開」

第2回南予エリアの抗凝固療法を考える会(11月2日、八幡浜)

大木元明義:中核施設におけるPE/DVTの現況&実践 ディスカッション ライブデモ
九州大学大学院医学系研究科 応用病態修復学 准教授 小田代敬太

南予地区呼吸器学術講演会(11月9日、宇和島)

大木元明義:スピオルトの使用経験
愛媛大学医学部附属病院 呼吸器センター 准教授 片山均

第115回日本内科学会四国地方会(11月27日、松山)

大木元明義:循環器6

南予脂質異常症治療2016(11月30日、宇和島)

大木元明義:臨床現場からみた脂質管理の実際
済生会松山病院 循環器内科 副院長 渡辺浩毅

第109回日本循環器学会中国四国合同地方会(12月3日、松山)

大木元明義:心筋炎・心筋症

4)講演・講義他

ファブリー病研究会(2月13日、松山)

大木元明義:コメンテーター

循環器疾患レクチャーミーティング(3月8日、宇和島)

大木元明義:遺伝子解析から診た循環器疾患

宇和島病診連携講演会(3月9日、宇和島)

大木元明義:循環器疾患における個別化医療

西予市医師会学術講演会(5月12日、西予)

大木元明義:循環器疾患における個別化医療

宇和島市医師会学術講演会(5月20日、宇和島)

大島清孝:当院におけるNOACリアルワールド

Japanese Medical Emergency Care Course (JMECC)愛媛大学(6月19日、東温)

ICLS コース認定番号1638024 JMECCコース認定番号1606019

  1. 大木元明義:Instructor(ブース長)
  2. 大島清孝:Instructor

宇和島地区循環器疾患連携の会(6月22日、宇和島)

大島清孝:当院における循環器疾患へのとりくみ

心不全治療を考える会(7月19日、宇和島)

宮﨑慈大:サムスカ使用患者における予後予測因子の検討 ~指標としてのクロライドの可能性~

循環器疾患レクチャーミーティング(8月23日、宇和島)

大木元明義:最新の循環器疾患に対する基礎知識

循環器病勉強会(8月30日、宇和島)

大木元明義 遺伝性循環器疾患の研究からみえてきた高血圧治療への応用

循環器講演会 in 宇和島(9月30日、宇和島)

大島清孝:ペースメーカーの歴史

宇和島地区循環器疾患連携講演会(10月19日、宇和島)

宮﨑慈大:よくみる心電図異常の対応・治療について

心不全New Frontier Forum 2016(10月22日、大阪)

大木元明義:遺伝性心筋症の原因遺伝子解析とその病態解明へのアプローチ

Japanese Medical Emergency Care Course (JMECC)済生会西条病院(10月29日、西条)

ICLS コース認定番号1638038 JMECCコース認定番号1610029
大島清孝:Instructor

第2回南予エリアの抗凝固療法を考える会(11月2日、八幡浜)

門田久紀:当院におけるPE/DVTの現況&実践

ゆるキャラグランプリ2016 in 愛顔のえひめ(11月5日、松山)

大木元明義:禁煙相談 日本循環器学会ブース(すわん君)

Ehime Education Seminar on Cardiology for Residents (E-DUCARE) 2016(11月12日、松山)

大木元明義:心サルコイドーシス

愛媛県薬剤師会宇和島支部研修会(11月22日、宇和島)

大木元明義:循環器疾患における個別化医療

Japanese Medical Emergency Care Course (JMECC)愛媛大学(12月4日、東温)

ICLS コース認定番号1638047 JMECCコース認定番号1612022
大島清孝:Instructor

広報うわじま 2016年10月号

大木元明義:医師会健康講座「医者がすすめても飲んではいけない薬?」