循環器内科

1.研修・認定施設

  • 日本心血管インターベンション治療学会研修施設
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本老年医学会認定施設
  • 日本高血圧学会専門医認定施設

2.スタッフ紹介

循環器内科主任科長兼臨床研修管理部長 大木元 明義(おおぎもと あきよし)

資格・認定 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医・四国支部評議員・専門医部会四国支部愛媛県幹事
日本循環器学会認定循環器専門医・四国支部評議員
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
日本老年医学会認定専門医
日本医師会認定産業医
日本禁煙学会認定専門指導医
植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療
日本救急医学会認定ICLS・BLS コースインストラクター
JMECCインストラクター
日本心臓病学会心臓病上級臨床医{Fellow of Japanese College of Cardiology (FJCC)}
米国内科学会上級会員{Fellow of American College of Physicians (FACP)}
米国心臓学会特別正会員{Fellow of American Heart Association (FAHA)}
米国心臓病学特別正会員{Fellow of American College of Cardiology (FACC)}
主な専門領域 循環器疾患全般
特に肥大型心筋症、拡張型心筋症、心不全
主な所属学会 日本循環器学会、日本内科学会、米国内科学会(ACP)、米国心臓学会(AHA)、米国心臓病学会(ACC)、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション学会、日本人類遺伝学会、日本心不全学会、日本高血圧学会、日本老年医学会、日本禁煙学会、日本エピジェネティクス研究会
ドクターから一言 最新・最適の医療を提供・提案することは当然ですが、精神的にも安心・満足していただけるように心がけています。

循環器内科長兼救命救急センター副センター長 大島 清孝(おおしま きよたか)

資格・認定 日本医師会認定産業医
日本心血管インターベンション学会専門医
日本循環器学会認定専門医
日本内科学会指導医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
主な専門領域 循環器内科一般、虚血性心疾患、心不全
主な所属学会 日本内科学会、日本循環器学会 、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション学会
ドクターから一言 患者様から学び、より良い医療を実践する。

循環器内科医長 河野 珠美(こうの たまみ)

資格・認定 内科認定医
循環器専門医
主な専門領域 循環器一般
主な所属学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション治療学会
ドクターから一言 みなさまのお役に立てるよう頑張ります。
よろしくお願いいたします。

循環器内科医長 清水 秀晃(しみず ひであき)

資格・認定  
主な専門領域 循環器疾患
主な所属学会 日本内科学会、日本循環器学会 、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本心エコー図学会
ドクターから一言 故郷のため頑張っていきます。

専攻医 宮﨑 慈大(みやざき しげひろ)

資格・認定  
主な専門領域 循環器
主な所属学会 日本内科学会
日本循環器学会
日本心エコー図学会
ドクターから一言 「Think global  Act local」をモットーに頑張ります。
よろしくお願いします。

循環器内科医員 渡部 勇太(わたなべ ゆうた)

資格・認定  
主な専門領域 循環器内科一般
主な所属学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓リハビリテーション学会
ドクターから一言 地域に貢献できるように頑張ります。
よろしくお願いします。

3.診療の総括

2015年度は、常勤循環器内科医師6名、嘱託医師1名、非常勤医師(大学派遣医師 隔週 不整脈外来)1名の体制で南予地区の循環器疾患を診療してきました。
昨今の報道の如く、医師不足や若手医師の都市部への移動により、医師不足が地方で更に顕著になってきており、南予をめぐる医療環境は大変厳しい状況となっています。その中で、市立宇和島病院が如何に住民の方々に信頼され必要とされる病院として生き残れるかが最も大切で、我々スタッフの知識や技術を高め、日常診療へと還元することが当院循環器内科の責務と考えています。次第に煩雑さを増す医療環境の中で、安全かつ有効な医療を圏域の患者様に提供できるようより良いシステムを作ろうと考えています。
地方の医師不足が深刻な今日、当院で研修医の先生が“宇和島に行きたい”と言ってくれるような循環器内科を目指し、医療レベルの向上と世界に向けたデータ配信を行っていこうと考えております。循環器診療レベルアップのための検査、臨床・血管内治療、インターベンション手技のトレーニングも都市の病院以上に研修できるものと自負しております。
臨床研究面において、今まで同様に国内全国学会はもちろんのこと、国際学会への参加も積極的に推進し世界に通用する医療を報告していきたいと考えています。これまでも多くの学会や研究会で当院での取り組みや治療の工夫について報告してきましたが、さらに論文執筆を通して世界に当院のデータを配信すべく努力していく所存です。
新病院でレジデントや研修医の先生に求心力のある循環器内科となるため、我々の医療内容を充実させ日本及び世界に向けて発信しなければと考えており、我々循環器内科はlocalなレベルではなくglobalなレベルで医療を展開していく覚悟で頑張っています。

4.診療実績

入院患者数 1,370例

急性心筋梗塞例 89例
心不全例 225例
狭心症例(不安定狭心症を含む) 312例
不整脈 155例

治療実績

心臓カテーテル検査 483例
経皮的冠動脈形成術(ステント留置術含む) 227例
経皮的末梢血管形成術 16例
ペースメーカー植え込み術(電池交換術を含む) 55例
IVC フィルター留置術 14例

検査実績

心エコー 5,293例
頚動脈エコー 713例
腎血流エコー 24例
経食道エコー 32例
マスター負荷心電図 772例
トレッドミル多段階運動負荷 20例
ホルター心電図 431例
心筋シンチ 223例
ABI 763例
Head-up tilt test 14例
Coronary CT 321例
心臓MRI 50例
▼医療関係者向け情報▼

5.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)論文報告

  1. Ochiumi Y, Ikeda S, Hamada M:
    Reappearance of the left ventricular pressure gradient in a patient with hypertrophic obstructive cardiomyopathy.
    Intern Med 2015;54(7):805-6.
  2. Aono J, Ikeda S, Katsumata Y, Higashi H, Ohshima K, Ishibashi K, Matsuoka H, Watanabe K, Hamada M:
    Correlation between plaque vulnerability of aorta and coronary artery: an evaluation of plaque activity by direct visualization with angioscopy.
    Int J Cardiovasc Imaging 2015;31(6):1107-14.
  3. Hamada M, Ikeda S, Ohshima K, Nakamura M, Kubota N, Ogimoto A, Shigematsu Y:
    Impact of chronic use of cibenzoline on left ventricular pressure gradient and left ventricular remodeling in patients with hypertrophic obstructive cardiomyopathy.
    J Cardiol 2015 E-pub ahead of print.
  4. Nakamura M, Ikeda S, Nagahara H, Hitsumoto T, Matsui S, Kadota H, Shimizu H, Ohshima K, Yakushiji N, Hamada M:
    A Patient with Dengue Fever Presenting with Rhabdomyolysis.
    Intern Med 2015;54(13):1657-60.
  5. Hamada M, Shigematsu Y, Ohtani T, Ikeda S:
    Elevated Cardiac Enzymes in Hypertrophic Cardiomyopathy Patients With Heart Failure. A 20-Year Prospective Follow-up Study.
    Circ J 2015;80(1):218-26.
  6. Hitsumoto T, Ikeda S, Matsukage S, Hamada M:
    Extensive myocardial calcinosis due to Mycobacterium tuberculosis.
    Eur Heart J 2015 Nov 9. E-pub ahead of print.
  7. Matsui S, Ikeda S, Aono J, Hamada M:
    Different Vascular Reactions after "Hybrid Stenting".
    Intern Med 2015;54(24):3249-50.

2)学会発表

(総会)

The 79th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society (April 23-26, Osaka)

Special Session 2: Japan is a Leader in Creating Cardiovascular Therapeutics
Hamada M. Advances in Medical Treatment of Hypertrophic Obstructive Cardiomyopathy.

Circulation Journal 2015; 79(Suppl. I): I-27.

第63回日本心臓病学会学術集会(9月18-20日、横浜)

  1. 癒着のため一時的静脈フィルター除去に開腹術を要した1症例
    大島清孝、池田俊太郎、櫃本竜郎、宮﨑慈大、門田久紀、清水秀晃、濱田希臣、坂尾寿彦、石田直樹
  2. 両心不全を呈したCardiac calcinosisの一例
    櫃本竜郎、池田俊太郎、宮﨑慈大、門田久紀、清水秀晃、濱田希臣
  3. 冠攣縮性狭心症に対するCa拮抗薬の比較検討 IYO-Coronary spastic ANgina (IYO-CAN)研究

    河野珠美、大木元明義、末田章三、岡山英樹、渡辺浩毅、松岡宏、住元巧、池田俊太郎、久保俊彦、越智隆明、檜垣實男

(地方会)

第106回日本循環器学会中国・四国合同地方会(6月19-20日、松山)

一時的静脈フィルター除去に開腹術を要した1症例
大島清孝、池田俊太郎、宮﨑慈大、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、濱田希臣

第22回日本心血管インターベンション治療学会 中国・四国地方会(9月5日、岡山)

心筋生検中左室穿孔を合併した1症例
大島清孝、宮﨑慈大、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、池田俊太郎、濱田希臣

第107回日本循環器学会四国地方会(11月14日、高知)

ステント留置後、粥状硬化病変の剥離により陰影欠損を生じた1症例
大島清孝、宮﨑慈大、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、池田俊太郎、濱田希臣

第113回日本内科学会四国地方会(12月6日、高松)

留置1カ月で癒着により静脈フィルター除去が困難となった1症例
大島清孝、宮﨑慈大、櫃本竜郎、門田久紀、清水秀晃、池田俊太郎、濱田希臣

3)座長

The 79th Annual scientific meeting of the Japanese circulation society (April 23-26, Osaka)

Shuntaro Ikeda:Poster Session (English) Heart Failure (Pharmacology)

第63回日本心臓病学会学術集会(9月18-20日、横浜)

濱田希臣:ポスター / 症例報告:心筋症

4)講演・講義他

松山LA-SUMMIT(4月14日、松山)

大島清孝:地方における人口の高齢化と脳卒中予防の重要性

道後臨床心不全カンファレンス(7月18日、松山)

大島清孝:右心不全自覚症状改善にサムスカが有用であった一症例

宇和島医師会学術講演会(7月24日、宇和島)

大島清孝:脳卒中発症予防の重要性と日本人データの重要性