消化器内科・胃腸内科・肝臓内科

1.研修・認定施設

  • 日本内科学会教育病院認定施設
  • 日本消化器病学会専門医認定施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医指導施設
  • 日本消化管学会胃腸科暫定指導施設
  • 日本肝臓学会認定関連施設

2.スタッフ紹介

消化器内科科長 長谷部 昌(はせべ あき)

資格・認定 総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
主な専門領域 消化器内科、消化管、胆膵疾患
主な所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本糖尿病学会
日本超音波医学会
ドクターから一言

肝臓内科副科長 木阪 吉保(きさか よしやす)

資格・認定 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
主な専門領域 肝臓(肝癌)
主な所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本糖尿病学会
ドクターから一言 消化器、特に肝臓を中心に診療を行っています。

消化器内科医長 上杉 和寛(うえすぎ かずひろ)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

消化器内科医長 須賀 義文(すが よしふみ)

資格・認定 内科学会認定医
消化器病学会専門医
消化器内視鏡学会専門医
主な専門領域 消化器領域 特に消化管
主な所属学会 内科学会
消化器病学会
内視鏡学会
ドクターから一言 一生懸命がんばりますのでよろしくお願いします。

消化器内科医長 田中 孝明(たなか たかあき)

資格・認定 日本内科学会認定内科医
主な専門領域 消化器
主な所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本膵臓学会
日本臨床腫瘍学会
ドクターから一言 よろしくお願いします。

消化器内科医長 忽那 茂(くつな しげる)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

消化器内科医長 兼光 梢(かねみつ こずえ)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

消化器内科医員 田中 大輔(たなか だいすけ)

資格・認定  
主な専門領域  
主な所属学会  
ドクターから一言  

消化器内科医員 岡田 正也(おかだ まさや)

資格・認定  
主な専門領域 消化器内科
主な所属学会 日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
ドクターから一言 愛媛の医療に貢献したいと思います。

3.診療の総括

消化管領域

上部・下部消化管内視鏡検査を中心に診断・治療を行っており、県内でも有数の症例数を誇っています。

  • 1)早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は手技の安定が進み、より安全でより確実な一括切除ができるようになりました。また、食道のESDも少しずつ症例を増やしてきています。
  • 2)出血性病変に対する緊急内視鏡検査や止血術は増加していますが、ほぼ確実に止血術が行えています。
  • 3)大腸ポリープ等の内視鏡的切除も確実に増加しています。さらに、大腸においてもESDを導入後、徐々に症例数も増加してきています。
  • 4)炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)に対しても、抗ヒトTNFα抗体製剤投与、白血球除去療法など、引き続き個々の患者様にあった治療を心がけています。
  • 5)小腸カプセル内視鏡検査を導入し、小腸疾患診療に関して標準的な検査・治療が可能となりました。さらに、大腸カプセル内視鏡検査も導入されました。
  • 6)今年、新たに日本消化管学会胃腸科暫定指導施設となりました。引き続き、日常診療に加え消化器内科医師の教育施設としても研鑽を積んでいます。

肝臓領域

ウイルス性肝炎、肝硬変の診断および最新の治療を行っています。

  • 1)B型肝炎に対しては、エンテカビル、テノホビルをはじめとする抗ウイルス剤の適応を判断しています。
  • 2)C型肝炎に対しても、インターフェロンを中心とした治療に限らず、新たに導入された抗ウイルス剤等、患者の背景因子および意向に沿った治療を心がけています。
  • 3)肝臓癌に対しては、腫瘍進行度、肝予備能を正しく評価した上で、治療としてラジオ波焼灼術(RFA)、肝動脈塞栓療法(TACE)、リザーバー下肝動注療法および全身化学療法など集学的治療を行っています。
  • 4)重篤な原因不明の肝障害や劇症肝炎などに対しては、愛媛大学第3内科と提携して転院加療、肝臓移植などを検討しています。
  • 5)患者様、市民への広報活動の一環として肝臓病教室も継続しています。

胆道・膵臓領域

腹部超音波検査、CT、MRIによる胆管膵管検査(MRCP)、内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)などの画像検査を駆使して診断・治療を行っています。総胆管結石のうち約90%の症例は、内視鏡的治療で治癒させています。悪性胆道狭窄に対しては、適応病変のほとんどに内視鏡的ステント挿入術を行うことでADLの向上を認め、胆道・膵癌に対する化学療法も精力的に行っています。今後は、専用機による超音波内視鏡検査(EUS)、超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)の導入を予定しています。

4.診療実績

1.消化管(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸)

検査・治療症例数 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
上部消化管内視鏡検査 5,422 5,467 5,893 5,538 5,295
大腸内視鏡検査 1,697 1,797 1,849 1,813 1,513
大腸カプセル内視鏡検査 1 0
小腸内視鏡検査 1 4 5 14 9
小腸カプセル内視鏡検査 6 8 17 15
胃内視鏡治療(そのうちESD) 94(65) 75(49) 133(73) 145(61) 68(52)
大腸内視鏡治療(そのうちESD) 170 214(2) 221(5) 275(6) 331(10)
緊急内視鏡検査および止血術 254 217 294 257 217
胃透視 466 469 477 395 402
小腸造影 21 9 16 10 11
注腸 123 133 140 128 181

2.肝臓

検査・治療症例数 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
腹部超音波検査 4,001 4,320 4,119 3,821 3,697
腹部血管造影および動脈塞栓術 98 102 127 106 57
肝腫瘍局所治療(PEIT, RFA) 34 21 29 7 20
肝臓生検 23 13 27 22 35

3.胆・膵臓疾患

検査・治療症例数 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
内視鏡的逆行性胆膵管造影検査・処置 270 313 290 375 345
経皮経肝胆管・胆嚢・膿瘍ドレナージ術 42 28 42 37 31
  • 1)2012年10月より、小腸カプセル内視鏡検査導入
  • 2)2014年10月より、大腸カプセル内視鏡検査導入

5.後期研修医紹介

消化器内科 後期研修医紹介はこちら

▼医療関係者向け情報▼

6.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)受賞業績

第114回日本消化器病学会四国支部例会(6月20-21日、高松)
専修医最優秀演題賞

下痢症状を呈した腸管スピロヘータ症の1例
行本敦、橋本悠、花山雅一、小幡善保、岡本傳男

2)論文報告

  1. 行本敦、岡本傳男、花山雅一、小幡善保、竹下英次、清家裕貴、市川幹郎:
    インフリキシマブ投与後に肺結核を発症した潰瘍性大腸炎の1例.
    愛媛医学 2015;34:55-60.
  2. 行本敦、橋本悠、花山雅一、小幡善保、谷平哲哉、清家裕貴、岡本傳男、市川幹郎、寺岡正人:
    ACE阻害薬による血管性浮腫が疑われた舌腫脹の1例.
    日本内科学会雑誌 2015;104(7):1460-1463.
  3. 花山雅一、行本敦、橋本悠、小幡善保、木阪吉保、長谷部昌、岡本傳男、市川幹郎:
    当院における上部消化管異物の臨床的検討.
    南予医学雑誌 2015;16:36-42.

3)学会発表

(地方会)

第115回日本消化器内視鏡学会四国支部例会(11月7-8日、松山)

多特異な肉眼形態を呈し、中部食道から胃前庭部に至る広範な浸潤を来した食道胃接合部癌の1例
花山雅一、橋本悠、行本敦、小幡善保、木阪吉保、長谷部昌、岡本傳男、市川幹郎

第104回日本消化器病学会四国支部例会(11月7-8日、松山)

エルシニア腸炎発症を契機に増悪を来した潰瘍性大腸炎の1例
花山雅一、橋本悠、行本敦、小幡善保、木阪吉保、長谷部昌、岡本傳男、市川幹郎

第113回日本内科学会四国地方会(12月6日、高松)

多臓器不全を呈した胃石による腸閉塞の1例
橋本悠、行本敦、花山雅一、小幡善保、木阪吉保、長谷部昌、岡本傳男、市川幹郎

(研究会)

第162回愛媛消化器疾患懇話会(5月9日、松山)

当院で経験した胃石の3例
行本敦、岡本傳男、橋本悠、花山雅一、小幡善保、木阪吉保、長谷部昌、市川幹郎

宇和島IBDセミナー(10月27日、宇和島)

エルシニア腸炎発症を契機に急性増悪を来した潰瘍性大腸炎の1例
花山雅一

第423回宇和島胃腸疾患研究会(12月21日、宇和島)

ミニレクチャー
消化器癌の内視鏡治療
長谷部昌

4)座長

第41回愛媛胃腸疾患合同研究会(4月4日、松山)

岡本傳男:症例検討

第4回南予消化器疾患セミナー(5月12日、宇和島)

岡本傳男:特別講演「日常診療において知っておくべき薬剤性消化管傷害」
香川県立中央病院 院長補佐・消化器内科診療科長 稲葉知己

宇和島医師会学術講演会(6月12日、宇和島)

岡本傳男:特別講演「大きく変わる上部消化管疾患の診断と治療 ~時流に乗り遅れないために~」
川崎医科大学・川崎医療福祉大学 特任教授 春間賢

宇和島医師会学術講演会(7月31日、宇和島)

岡本傳男:特別講演「小腸・大腸疾患のX線診断」
松山赤十字病院 胃腸センター所長 蔵原晃一

第44回愛媛炎症性腸疾患研究会(10月3日、松山)

岡本傳男:一般演題

Diabetes and oncology meeting in Uwajima(10月5日、宇和島)

Facilitator Atsushi Yukimoto:Lecture
Diabetes and obesity as an independent risk factor in cancer development.
Ehime University Graduate School of Medicine Community Medicine
Associate Professor Teru Kumagi

宇和島IBDセミナー(10月27日、宇和島)

岡本傳男:一般演題
特別講演「難治性潰瘍性大腸炎の治療戦略」
兵庫医科大学 炎症性腸疾患内科 講師 樋田信幸

第115回日本消化器内視鏡学会四国支部例会(11月7-8日、松山)

長谷部昌:一般演題(大腸2、その他)