リハビリテーション科

1.研修・認定施設

  • 運動器リハビリテーションⅠ
  • 脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ
  • 心大血管疾患リハビリテーション
  • がん患者リハビリテーション

2.スタッフ(2015年12月31日現在)

科長 鶴岡裕昭(副院長)
理学療法士 9名
作業療法士 3名
言語聴覚士 2名
物理療法助手 2名
受付 1名

主たる有資格者

呼吸療法認定士 西本和弘、橋本良平、谷本一真
心臓リハビリテーション指導士 中屋雄太、谷本一真
愛媛県糖尿病療養指導士 松本源吾、佐藤陽子
介護支援専門員 西本和弘、佐藤陽子、引野敦子
福祉住環コーディネーター2級 中屋雄太
AKA医学会PT・OT会指導者 西本和弘
MTAアシスタントインストラクター 山下世津子

3.診療の総括

整形外科・脳神経外科・内科・外科の4診療科からリハビリテーション処方されています。

PT・OT・STによる、NST、糖尿病チーム、緩和ケアチームへの参加など、チーム一員として活動の幅を広げています。

また、整形外科・脳神経外科・内科・外科病棟などで、1回/月 以上のカンファレンスを行い、連絡を密にとるよう努めています。

4.診療の実績

2015年 処方数

理学療法

整形外科

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
上肢骨折 1 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0 1 7
下肢骨折 25 10 16 23 21 12 24 14 24 21 22 21 233
変形性関節症 4 6 10 10 5 6 6 5 4 9 5 5 75
脊椎疾患 7 4 3 8 5 6 9 9 6 1 7 5 70
頸髄・脊髄損傷 2 0 2 7 1 2 2 2 3 2 0 0 23
その他 10 4 10 9 6 7 10 18 8 12 6 6 106

脳外科

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
CVA 23 21 24 20 20 23 19 12 22 27 25 19 255
その他 4 0 2 0 0 1 0 4 0 0 0 0 11

他科

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
CVA 26 12 14 8 11 19 14 7 12 18 17 7 165
リンパ浮腫 9 0 1 0 4 1 3 0 1 1 2 0 22
廃用症候群 26 35 21 11 16 31 31 30 32 19 27 26 305
呼吸器疾患 7 13 7 12 9 11 5 8 8 8 11 2 101
運動器不安定症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
変形性関節症 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2
その他 4 8 9 8 13 11 14 8 4 9 13 5 106
心疾患 25 22 32 35 15 23 24 24 24 22 23 24 293
がん患者 15 18 23 18 7 18 18 16 13 21 10 8 185

作業療法

整形外科

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
上肢骨折 14 9 10 11 11 13 18 11 14 6 5 4 126
下肢骨折 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
変形性関節症 1 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 4
脊椎疾患 0 0 3 0 0 2 1 3 0 0 0 0 9
頸髄・脊髄損傷 2 3 1 2 0 0 1 2 4 1 1 0 17
その他 9 10 6 5 2 7 10 7 7 6 2 6 77

脳外科

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
CVA 21 20 19 16 13 15 14 9 15 19 18 14 193
その他 0 0 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 5

他科

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
CVA 10 6 8 4 5 10 2 5 8 4 9 9 80
リンパ浮腫 10 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 10
廃用症候群 2 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 2 8
呼吸器疾患 0 3 1 2 0 1 1 1 0 0 0 0 9
運動器不安定症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
変形性関節症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
その他 0 0 0 0 1 2 1 0 0 1 0 0 5

言語療法

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳外科CVA 9 9 4 8 14 7 9 4 10 8 7 8 97
内科CVA 5 14 3 2 4 5 7 7 4 2 8 9 70
摂食機能 16 16 10 9 3 17 8 8 8 13 9 7 124

実施延人数

理学療法

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管Ⅰ 589 466 598 453 529 702 559 421 607 631 569 499 6,623
廃用 313 332 300 168 140 315 368 416 398 344 362 336 3,792
運動器Ⅰ 739 651 700 758 704 747 697 798 651 866 829 612 8,752
運動器Ⅱ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
運Ⅰ要介 2 2 2 1 3 2 2 0 0 0 0 0 14
呼吸器Ⅰ 105 106 116 119 94 115 98 80 99 152 136 202 1,422
心疾患 263 241 330 498 209 238 304 279 277 246 326 353 3,564
がん患者 254 238 249 329 205 190 205 187 232 205 180 240 2,714

作業療法

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管Ⅰ 489 419 434 428 468 539 429 357 471 535 466 451 5,486
廃用 37 46 37 18 1 0 0 14 4 0 0 29 186
運動器Ⅰ 265 248 304 215 240 340 389 517 268 265 195 168 3,414
運動器Ⅱ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
呼吸 28 20 4 13 0 0 0 0 0 0 5 23 93

言語療法

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管Ⅰ 146 155 129 139 194 181 142 161 163 126 106 104 1,746
摂食機能 169 147 101 131 120 137 112 81 64 104 117 144 1,427
がん患者 0 4 6 0 0 0 0 0 8 19 32 12 81

実施単位数

理学療法

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管Ⅰ 643 518 705 507 659 874 727 578 767 802 681 687 8,148
廃用 343 363 327 176 152 354 420 470 429 394 305 383 4,116
運動器Ⅰ 953 901 1,049 1,032 1,018 1,092 1,012 1,253 1,010 1,229 1,150 889 12,588
運動器Ⅱ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
運Ⅰ要介 4 4 4 2 6 4 4 0 0 0 0 0 28
呼吸器Ⅰ 114 113 116 119 109 115 116 90 109 189 169 277 1,636
心疾患 273 254 336 498 256 306 356 354 361 299 354 413 4,060
がん患者 297 290 332 329 254 242 293 270 320 299 271 326 3,523

作業療法

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管Ⅰ 680 623 706 621 648 772 675 571 683 842 747 775 8,343
廃用 47 76 64 24 1 0 0 14 4 0 0 34 264
運動器Ⅰ 346 329 421 313 323 465 546 517 422 354 284 243 4,566
運動器Ⅱ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
呼吸 30 20 4 14 0 0 0 0 0 0 9 39 116

言語療法

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
脳血管Ⅰ 167 180 202 239 345 278 205 228 222 172 125 115 2,478
摂食機能 169 147 101 131 120 137 112 81 64 104 117 144 1,427
がん患者 0 7 8 0 0 0 0 0 11 23 39 12 100

5.理学療法

理学療法(Physical Therapy;PT)とは病気・ケガなどによって身体が不自由となった人々に対して、身体と心の両面から機能回復・維持をはかる医療の一つです。

実際には各個人の状態を調べて、身体機能・心理面・リスクなどをつかみ、適切な治療方法・目標を設定し治療を進めます。

こうした理学療法は専門の理学療法士(Physical Therapist;PT)によって行われています。

治療内容には運動療法・物理療法・日常生活動作訓練などがあります。

運動療法室の写真

運動療法室

リハビリテーション庭園の写真

リハビリテーション庭園

6.作業療法

作業療法では、実際の日常生活全般において必要とされる能力の再獲得を目標に、失われた各機能、能力の評価を行い、機能訓練や作業活動を媒介とした治療などの提供、代償動作の開発・指導や日常生活動作訓練・指導を行っています。

さらに、病前の生活に近い状態を取り戻すために、必要に応じて自助具の開発や紹介、家庭復帰に必要な情報の提供等も行っています。

当院のリハビリテーションにおいては、家庭以外の転出先としてリハビリテーション病院、老人保健施設などがあり、それぞれの転出先にあわせた当院での目標を設定し、転出先でのリハビリテーションが円滑に行われるよう治療を展開していくことにも努めています。

また、新たな試みとして新病院に移転してからは、有効活用できるスペースが設けられたこともあり、作業活動等で入院されている患者様と一緒に作成した作品の展示を季節に合わせて行っています。

作業療法室の写真

作業療法室

7.言語療法

言語療法室の写真

言語療法室

私たちは人とコミュニケーションをとる際に、言葉だけではなく、身振り、手振り、表情を使ってコミュニケーションをとります。これらを利用したコミュニケーションが困難になった時行われるのが言語療法(Speech Therapy;ST)で、言語聴覚士(Speech Therapist;ST)によって行われます。

言語療法はコミュニケーション障害だけではなく、摂食、嚥下障害(食べ物が飲み込めなくなる障害)も対象となっています。というのも、話すときに使われる口唇や舌・喉は、食べ物を摂取するときにも使われる器官であるからです。コミュニケーション障害、摂食嚥下障害は、脳卒中や事故によって脳に損傷を受けたときや、筋肉や神経の病気によって口唇や舌・喉の運動能力に問題が生じたときに発生します。言語療法は、基礎的な訓練や応用的な訓練を行い、それぞれよりよい日常生活を送れるように援助していきます。

▼医療関係者向け情報▼

8.学術的業績(2015年1月1日~12月31日)

1)受賞業績

市立宇和島病院医学論文賞(2016年3月受賞)

最優秀賞

中屋雄太、片山訓博、稲岡忠勝、重島晃史、清水秀晃:

当院における急性心不全患者へのリハビリテーション~退院時歩行能力に関する因子について~.

心臓リハビリテーション 2015;20(1):238-241.

2)学会発表

(総会)

第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会(7月18-19日、福岡)

心肺停止蘇生後、重度低心機能を呈しカテコラミン離脱に難渋した心不全症例への心臓リハビリテーション

中屋雄太、片山訓博、松井翔吾

第19回日本心不全学会学術集会(10月22-24日、大阪)

急性心不全患者へのリハビリテーション~室内歩行の可否に関する因子についての検討~

中屋雄太

(地方会)

第20回愛媛県理学療法士会学術集会(3月8日、松山)

腹部大動脈瘤、両総腸骨大動脈瘤を有し、Stanford B型急性大動脈解離を発症した高齢症例の経験~歩行再獲得を目指して~

中屋雄太、松井翔吾

第40回中国四国リハビリテーション医学研究会(6月28日、高知)

  1. 心アミロイドーシスによる急性心不全患者のリハビリテーション~退院時歩行能力に関する因子について~
    中屋雄太、片山訓博、枝重恭一
  2. パーキンソン病患者におけるバランス機能の低下が歩行能力に与える影響
    前田旅人、片山訓博、山本澪、竹村拓人、土居史明、池上司、市村瑞也、中屋雄太、枝重恭一

第44回四国理学療法士学会(11月28-29日、松山)

心アミロイドーシスによる急性心不全患者のリハビリテーション~転帰良好群と不良群との比較~

中屋雄太、片山訓博、重島晃史、清水秀晃

3)座長

第16回日本関節運動学的アプローチ医学会理学・作業療法士会学術集会(7月5日、横浜)

西本和弘:一般演題