メッセージは今後、随時掲載いたします。

2年次 丹下 景子

当院での初期研修に興味を持っていただいている皆様へ

市立宇和島病院での初期研修の魅力をお伝えしたいと思います。

研修を始めて早くも1年経ちましたが、医師として第一歩を踏み出す場所として当院を選んで本当によかったと思っています。将来どの科に進むとしても、まず大切なのは病棟管理ができること、急変時の初期対応がしっかりできることだとこの1年間を通して実感しました。

当院では、1年目のほとんどが内科(①循環器、②消化器、③糖尿病・内分泌、④血液・膠原病・感染症)での研修となっています。時期にもよりますが平均して10人前後の患者さんの担当医になり、指導医の先生方の指導のもと研修医が主体となって、点滴の種類や量、治療方針を考えたり、リハビリテーションや退院後どうやってフォローしていくか考えたり、入院から退院までみるようになります。

また、1年目の4月から当直が始まります。それに加え、日中の救急車対応もこなしていくため、様々な症例を経験することができ、経験値は着々と積まれていきます。指導医の先生方は私たち研修医が考えながら診療ができるように見守りつつ、熱心に指導してくださり、自分が回っていない科の先生方も気軽に相談にのってくださいます。

宇和島の研修は忙しい日々ですが、とても素晴らしい環境の中で私たちは毎日明るく研修しています。ぜひ見学に来て、この雰囲気を実感してみてください。


2年次 石村 大樹

2年次 冨永 雄介

2年次 濱松 勇輝

2年次 船木 慶佑

1年次 清家 廉

1年次 鈴木 遥香

1年次 桑垣 詩織

1年次 関岡 輝洋

1年次 山本 遥加

1年次 松岡 茉莉花

ページの先頭へ