糖尿病・内分泌内科 後期研修医紹介

糖尿病・内分泌内科 診療科の紹介はこちら

主な日常業務

  • 入院患者主治医
  • 外来診療
  • 検査担当医
  • 甲状腺超音波所見検討会
  • 糖尿病症例検討会でのプレゼンテーション
  • コメディカル教育
  • 糖尿病教室講師
  • 救急初期対応
  • 内科系救急当直
日常業務の写真
日常業務の写真
日常業務の写真
日常業務の写真

シニアレジデント受け入れ実績

2008年度 1名 藤田保健衛生大学卒

2009年度 1名 島根大学卒

シニアレジデントには指導医のもと、専門医取得要件を満たす糖尿病・内分泌代謝疾患を意識しながら担当していただきます。さらに教科書的症例から複雑な病態を持つ症例へと専門医取得だけにとどまらない診療能力のステップアップを考慮した発展的研修を目指し幅広く担当していただきます。

また学術的活動も積極的に行っています。年2~3回の学会発表を行い、地域の研究会でも発表の機会をつくります。経験を積み重ねることで発表のスキルを効果的集中的に学ぶことができると思います。論文発表にも挑戦していただきます。専門医取得には積極的に協力いたします。当科で研修をおこなっていれば、専門医取得の業績は自然に積み重なっていくと思います。

糖尿病内分泌分野でがんばりたい方、腕を磨きたい方、心からお待ちしています。

後期研修医からのメッセージ

皆さん、こんにちは。市立宇和島病院の糖尿病・内分泌内科で後期研修をしております。

私は初期研修2年間も当院で行いましたので、当院で働き始めて4年目になります。

後期研修先に選ぶ際に、私が重視した点を挙げていきたいと思います。

① 十分な専門研修ができる施設である

糖尿病内科の認定施設は多数ありますが、内分泌内科の認定施設は少なく、愛媛県内では当院を含めて3施設のみです。南予の中核病院ですので、稀と言われている内分泌疾患も当院に集まります。当科は2人で診療しているので、多くの症例を主治医として経験することができます。困ったときはもちろん科長の先生から適切な指導を頂くことができます。

専門医取得に必要な症例は当院で研修すれば短期間で経験することができます。外来も3年目の4月から始まりますので、他院より早い段階で入院患者様のフォローまで携わることができます。特に、当科は甲状腺疾患などを含めて外来診療が主体ですので、なるべく早い段階で外来に携わっておくべきです。

② 専門以外の疾患にも常に触れることができる

私は、初期~後期研修にかけての数年間は、専門以外の内科疾患にも常に触れられる環境が良いと考えていました。特に内科認定医を取得するまでは幅広く症例を経験する必要がありますが、当院で研修を行えば症例の不足に悩まされることはまずないと思います。

当院は毎日一次~三次救急を担っており、日中も後期研修医を中心に救急外来の初期対応を行っています。専門科以外の疾患の初期対応や診療に携わる機会が多くあります。

③ 他科との垣根が低い

当院は全ての科が一つの医局に集まっています。困った時、他科の先生にすぐに相談することができ、とても診療がしやすい環境です。

当院は県内で唯一この条件を満たしていました。医師数が少ないため多忙な病院ではありますが、その分充実した濃密な研修生活を送ることができます。私は今の研修が間違いなく今後の診療の自信に繋がっていると確信しています。

後期研修先を探している皆様の参考になれば幸いです。当院に興味を持って下さった方は、是非一度見学に足を運んでください。この環境を肌で感じていただけるのではないかと思います。お待ちしています。

市立宇和島病院 糖尿病・内分泌内科専攻医 宮﨑 万純

2013年1月~2013年12月の実績

糖尿病 入院数

1型糖尿病 9例
2型糖尿病 62例
妊娠糖尿病 0例
その他の特定の機序, 疾患によるもの 7例
低血糖症 2例
高血糖高浸透圧症候群 7例
糖尿病性ケトアシドーシス 4例

糖尿病 外来数

妊娠糖尿病 22例

内分泌 入院数

<下垂体>

なし

<甲状腺>

バセドウ病 7例
橋本病 1例

<副甲状腺>

原発性副甲状腺機能亢進症 1例

<副腎>

原発性アルドステロン症 5例
褐色細胞腫 1例
非機能性腺腫 4例

<脂質代謝異常>

原発性高カイロミクロン血症 1例
家族性Ⅲ型高脂血症 1例
原発性高HDLコレステロール血症 1例

<内分泌疾患手術紹介>

原発性アルドステロン症 1例
褐色細胞腫 1例

その他 入院数

肺炎 22例
脳梗塞 16例
その他 28例

業績目録(筆頭発表のみ)

論文

直径12cmの巨大なインスリノーマと診断し, 術後に内因性インスリン分泌の低下による高血糖を認めた1例
糖尿病56(10): 775-780, 2013

比較的高齢で発症した伝染性単核球症にバセドウ病を合併した1例
南予医学雑誌 14(1):24-30, 2013

総会

第56回日本糖尿病学会年次学術集会 (2013年5月16~18日 熊本)

妊娠糖尿病症例における食事療法群とインスリン導入群の診断時75g OGTTについての検討

第56回日本甲状腺学会学術集会(2013年11月14~16日 和歌山)

甲状腺機能低下症を契機に診断されたTSBAb 陽性の橋本病10例における臨床像と臨床経過についての検討

地方会

第13回日本内分泌学会四国支部学術集会(2013年9月7日 香川)

甲状腺亜全摘後もTRAb高値が継続し, 新生児バセドウ病の児を出産したバセドウ病合併母体の1例

ページの先頭へ