後期研修医紹介

循環器内科 後期研修医からのメッセージ

初期~後期研修を通して感じた、市立宇和島病院の『特徴』

市立宇和島病院で働き始めて4年目になります。各研修病院には様々な『特徴』があり、それがその人にとって有益であれば『長所』となり、不利益であれば『短所』となります。どこで研修しようと、充実した研修が送れるかどうかは自分の意志次第ですが、できることなら自分に合った『特徴』の病院を選びたいものです。そこで、自分が初期~後期研修を通して感じた市立宇和島病院の『特徴』を思いつくままに箇条書きにしてみました。その『特徴』をどう感じるかはその人次第ですが、どちらにせよ少しでも病院選択の参考になればと思います。

初期研修の時に感じた特徴

  • 少人数で田舎の病院ですので、一人の医師として一挙手一動作に注目が集まります。
  • 主治医と一対一で患者様を診ます。研修医の頃から検査・治療の決定権を持ちます。
  • 高齢の方が多く、したがって合併症をもつ方が多いです。
  • 内科を9ヶ月ローテーションし、その間少なくとも週1回救急対応に触れ続けることになります。
  • 当直に好きな時に好きなだけ入れます(年間ノルマはあります)。
  • 呼吸器内科、腎臓内科、神経内科がありません。
  • 研修係の方がとても熱心で、とてもフレンドリーです。

後期研修で感じている特徴

  • 主治医制なので、一人で患者様を診ます。すべての判断は自分にゆだねられます。
  • 患者様に何かあれば24時間365日よばれます。
  • 3年目の4月から外来が始まります。
  • 内科当直は月2回、循環器1番待機は10回前後ですので、座学の時間も確保できます。

他にもありますが、文字数の関係でこの辺りにしておきます。僕にとって良い面もあれば悪い面だって当然あります。しかし、今のところは初期研修~後期研修で市立宇和島を選んでよかったと本心で思っています。

市立宇和島病院 循環器内科専攻医 宮﨑 慈大

外科 後期研修医からのメッセージ

市立宇和島病院で初期研修を行い、外科で後期研修を行っています向井直樹です。

学生の頃の私は、とっさの時に頼れる医師になりたいと考えていました。どこの科を選択するべきか、どこの病院で研修を行うかを非常に悩みました。

ポリクリやクリクラを行ううちに外傷や急性疾患、致死的疾患の治療をしたいと強く思い、外科医を志すようになりました。緊急性の高い疾患を診ることができると共に、自分がその治療に積極的に関われる病院はどこなのか。研修先に悩みながら、部活動の先輩に相談したところ、市立宇和島病院を勧められました。

実際に研修を行った中では、貴重な経験を数多く積みつつ、大変勉強になる毎日だったと感じています。現在、医師3年目ではありますが、急性虫垂炎から胃がんの手術、果ては非閉塞性腸間膜虚血までと日々、多くの手術を執刀させて頂いています。

市立宇和島病院は愛媛県南予から高知県の一部までの広範な医療圏域を担っており多くの患者様が受診され、多種多様な疾病、多くの急性期疾患を経験することができます。また、多くの指導医、専門医の先生がおられるだけでなく、科の垣根が低く相談のしやすい病院のため、専門外とする疾患についての知識を深めることもできます。

大変と感じることがないとは言いません。向き不向きもあるかと思います。しかし、成長したいという自分の目的をもって研修を行うには大変に恵まれた環境で、実際に大きく成長のできる病院だと思います。

見学に来ていただけたら、市立宇和島病院の魅力をお伝えできるかと思います。ぜひ一度見学に来てください。

市立宇和島病院 外科専攻医 向井 直樹

麻酔科 後期研修医からのメッセージ

平成26年4月から市立宇和島病院麻酔科で勤務しております。研修をしてみてのメッセージを掲載するということで、簡単にはなりますが書かせていただきます。

当院では初期研修1年目に研修を行っており、その時から各科の垣根が低くとても相談しやすい病院であると思いました。また、南予の拠点病院として毎日救急診療を行っており、自然と救急対応が身につきやすい病院だと思います。

3年目に麻酔科として勤務し始めてからも、やはり他科の先生方との垣根が低くちょっとしたことでの相談がしやすいことがとても助けになりました。麻酔科として特に外科の先生方と接する機会が多いですが、術前手術についての相談をすると快く教えて頂き、麻酔計画をスムーズに立てることができました。麻酔科に関しては先輩の先生方に麻酔計画の立て方から麻酔内容まで細かく教えて頂き、少しづつですが自信がついてきました。

また、病院の特性上緊急手術が多く、短時間で情報を集め麻酔計画を立て、手術室とのスケジュールを確認し注意して麻酔計画を行う必要があり、麻酔科として貴重な経験を積むことができたと思います。

最後になりますが、これまでやってきて一番思うのは本当にいろいろな先生方、看護師さん、患者さんに助けられたと思います。とても居心地のいい病院だと思います。手術室の看護師さんにたくさん助けられたことやICU業務のことなど他にも言いたいことはたくさんありますが、長くなりそうですのでこのあたりにさせていただきます。ありがとうございました。

市立宇和島病院 麻酔科専攻医 常盤 大樹

ページの先頭へ