後期研修医紹介

外科 後期研修医からのメッセージ

市立宇和島病院で初期研修を行い、外科で後期研修を行っています向井直樹です。

学生の頃の私は、とっさの時に頼れる医師になりたいと考えていました。どこの科を選択するべきか、どこの病院で研修を行うかを非常に悩みました。

ポリクリやクリクラを行ううちに外傷や急性疾患、致死的疾患の治療をしたいと強く思い、外科医を志すようになりました。緊急性の高い疾患を診ることができると共に、自分がその治療に積極的に関われる病院はどこなのか。研修先に悩みながら、部活動の先輩に相談したところ、市立宇和島病院を勧められました。

実際に研修を行った中では、貴重な経験を数多く積みつつ、大変勉強になる毎日だったと感じています。現在、医師3年目ではありますが、急性虫垂炎から胃がんの手術、果ては非閉塞性腸間膜虚血までと日々、多くの手術を執刀させて頂いています。

市立宇和島病院は愛媛県南予から高知県の一部までの広範な医療圏域を担っており多くの患者様が受診され、多種多様な疾病、多くの急性期疾患を経験することができます。また、多くの指導医、専門医の先生がおられるだけでなく、科の垣根が低く相談のしやすい病院のため、専門外とする疾患についての知識を深めることもできます。

大変と感じることがないとは言いません。向き不向きもあるかと思います。しかし、成長したいという自分の目的をもって研修を行うには大変に恵まれた環境で、実際に大きく成長のできる病院だと思います。

見学に来ていただけたら、市立宇和島病院の魅力をお伝えできるかと思います。ぜひ一度見学に来てください。

市立宇和島病院 外科専攻医 向井 直樹

ページの先頭へ