市立宇和島病院 病院案内
11/16

南予救命救急センター併設病院としての役割を果たせるよう、高度な医療や診断に必要な機器を積極的に導入しています。最近では、最先端の医療機器であるダ・ヴィンチ(手術支援ロボット)を導入し、低侵襲手術(体への負担が少ない手術)や、より精度の高い手術が行えるように努めています。救急患者を24時間体制で受け入れし、迅速且つ的確な処置を行えるようにしています。救急患者専用エレベーターも設置しており、救命救急センター(ICU・HCUなど)や手術室へ直接搬送することもできます。救急処置室放射線エリア手術内容に応じた手術室が7室あり、夜間や休日の緊急手術も行える体制を整えています。また、救急処置室から直接搬送が可能なエレベーターを備えています。手術室各室では、主に以下の患者について高度な治療を行っています。●ICU(集中治療室):重症化し全身管理が必要な患者●CCU(冠状動脈疾患管理室):急性期の心疾患患者●HCU(高度治療室):ICUに準ずる重症患者 などICU・CCU・HCUMRI(磁気共鳴画像)検査では、強い磁場を有するトンネルの中に入り、磁石と電波を使い様々な角度から身体の内部の断面を撮影し画像化することができます。MRI室NICU(新生児特定集中治療室)は、集中的な治療が必要な新生児に24時間体制で対応しています。南予地域で唯一の地域周産期母子医療センターとして高度な新生児医療を行っています。NICU 新生児特定集中治療室結石破砕室リニアック室救急処置室に隣接しているため、放射線を用いた各種検査・治療なども迅速に行うことができます。(写真は一部)CT室体外計測室充実の設備で迅速で高度な医療をUWAJIMA CITY HOSPITAL10

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る